キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国時代にも「ザ・たっち」は存在した?後漢時代に存在した双子についての記録が凄い!





芥川龍之介

 

史書ではよくその人物の兄弟姉妹のことが紹介されますが、

ふと疑問に思うのが「双子や三つ子はいなかったのか?」ということ。

中国四千年の歴史の中で、まさか誰一人としていなかったなんてこと、ないですよね。

それを調べるために、まずは「双子」が当時どのように呼ばれていたかを探ってみましょう。




中国最古の方言辞典『方言』での双子について

三国志大学 公孫瓚

 

中国最古の方言辞典『方言』によると、双子の言い方には当時規準の標準語で「双産(双生)」と、

その他方言で「釐孳」、「僆子」、「孿生」、「嫁子」があったようです。

更に北宋代に作られた韻書(発音字典の一種)の『広韻』には、

釐(孷)、孷孳、兹(孖)、緜(𩕰)、輦(僆)、字(孖)、㝈(孿)、双生、双生子 とこれまたたくさんの表現があります。

※覚えなくて大丈夫です。




電子テキストを見れば無料で情報収集ができる!

photo credit: Note PC mode Surface Book T&T 21 via photopin (license)

 

では次に、これらのキーワードを使って史料を検索してみます。

ちなみに中国史の文献史料については、

台湾の「中央研究院漢籍電子文献」や中国の「中国哲学書電子化計画」など、

電子テキストが数多くネット上で無料公開されています。

もちろん誤字脱字もあるので取扱いには注意が必要ですが、大変便利な世の中になりました。

 

双子について調べた結果!

さて結果はというと、数は少ないもののいくつかの記事が出てきました。

確認できた限りで一番古いものは前漢に書かれた思想書『淮南子』で、

「世に瓜二つの孿子 (双子)を見分けられるのは母親だけである」とあります。

これは似て非なる物事について、その道のプロにならばその微妙な違いを見極められるという喩えです。

 

後漢末に編纂された考証本『風俗通義』

次に古いのは、後漢末に編纂された考証本『風俗通義』の記録です。

オリジナルの文章はすでに失われていますが、北宋代の『太平御覧』にその内容が保存されています。

ある時、済北(現在の山東省あたり)の李登という官吏が病気になり、

療養のため実家で長期休暇をとっていたところ、府(役所)から呼び出しを受けました。

しかし自分の姿があまり病み衰えていないことを気にした李登は、

双子の弟の李寧に「僕らは瓜二つで他人には見分けがつかないし、

君の方がよほど病人のようだから、僕の代わりに役所まで行ってきてくれ」と頼みます。

李寧は「太守(知事)は厳格な人だし駄目だよ」と断りますが、

李登が「大丈夫大丈夫、僕はまだ新人であまり知られていないし、むしろ今僕が出頭したら殺されてしまう」と懇願するので、

仕方なく李登のふりをして府に赴き、診察の結果病 気と診断され、無事誰にもバレることなくやり過ごしました。

ところがその後、他人の口から事が発覚して、李登は殺されてしまうのでした。

要はズル休みを職場に疑われ(案外本当に仮病だったのかも)、双子の弟を身代りに騙し通したものの、

結局バレて処罰されてしまったという何ともいえないオチですが、双子入れ替わりエピソードとしてはとても興味深いものです。

 

北魏の正史『後魏書』

photo credit: Daisy via photopin (license)

 

三つ目の記事は南北朝時代に北斉で編纂された北魏の正史『後魏書』です。

崔光韶とその 双子の弟の崔光伯は性格もそっくりで、非常に仲が良かったと記されています。

その北斉の正史として唐代に書かれた『北斉書』には、

武明婁皇后という皇帝のおきさき様が男女の双子を生んだことが記録されています。

異性の双子とはなかなか珍しいですね。

 

後晋代に書かれた『旧唐書』

photo credit: Pink love via photopin (license)

 

更にその唐代について、後晋代に書かれた『旧唐書』には、

楊貴妃でも有名な玄宗皇帝の奥さんの一人・王皇后と、その兄・王守一は双子であったと書かれています。

これも珍しい異性の双子です。

 

何故、急に正史に双子の記述が現れたの?

氐族

 

しかし魏晋十六国時代までの正史には見られなかった双子の記述が、

何故南北朝になって急に連続で出てくるようになったのでしょう。

単純に、たまたまそれまでいなかったからかもしれませんが、

一つの可能性としては民族性の違いが挙げられるかもしれません。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 【軍師連盟】司馬懿は何で身分の低い鄧艾を重用したの?
  2. 姜維の兵法二十四編って孔明から貰った大事な宝物だった?
  3. 夏侯惇 夏候惇の父親としての評価はどうだったの?
  4. 曹仁 曹仁が最強の将軍たる所以とは?チート級の武勇を紹介
  5. 料理人 これぞ重箱の隅!三国志の時代の調理具・食器特集!
  6. 賈詡のせいで董卓死後、中華が戦乱に陥った!?
  7. 老荘思想(ろうそうしそう) 【老荘思想の創設者】老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた
  8. 賈詡 賈詡と陸遜を徹底比較!あなたはどっちの天才軍師を起用する?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 陸遜
  2. 羊コと会話で盛り上がる辛憲英 羊祜
  3. 奮闘する黄蓋
  4. 蜀の兵士
  5. 徐庶の初陣
  6. 今川義元
  7. 小松帯刀

おすすめ記事

  1. 織田信長のお墓は一体どこにある?高野山「奥の院」と京都「阿弥陀寺」を紹介 馬に乗って戦う若き織田信長
  2. 【三国志とお金】曹洪のサイドビジネス三国時代の金融業はアコギだった
  3. 黄蓋が赤壁の戦いに出陣したから大勝利できた!その理由とは? 奮闘する黄蓋
  4. 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた? 蜀の馬超
  5. 任峻(じんしゅん)とはどんな人?屯田制を実行し魏軍の食料庫をパンパンにした男
  6. 曹操が洛陽北部尉時代にやった売名行為とは? 怒る曹操

三國志雑学

  1. 玉璽
  2. 北伐する孔明
  3. 司馬懿と曹爽
  4. 合肥の戦いの地図
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 金栗四三 いだてん
  2. 西夏の服飾(女性)

おすすめ記事

【お知らせ】全記事一覧(アーカイブ)機能を追加しました! 織田信長 織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る 曹操の名言から知る三国志の世界「徒に先の易きを見て、 いまだ当今の難を見ず」 山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎 曹叡 魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの? 播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣 【クイズ】魏最強!でも滅亡、原因はなーんだ? 于禁を虐める曹丕 于禁は曹丕のドッキリのせいで亡くなった!?気の毒な于禁のパワハラ話

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP