袁術のもと、孫家を守り抜いた孫賁(そんふん)、孫輔(そんほ)兄弟が熱すぎる!


孫堅逝く

 

孫賁(そんふん)は孫堅(そんけん)の兄の子で、字は伯陽。父は早世しています。両親がいないなかでも、とても弟思いだったそうです。弟は孫輔(そんほ)、字は国儀です。孫堅の挙兵に従います。


孫堅の棺とともに故郷へ、孫賁は豫州刺史

22-5_孫賁

 

孫堅が劉表・黄祖軍との戦いで戦死しますが、その棺を守って揚州呉郡まで運んだとあります。そして孫堅が任を受けていた豫州刺史に任命されるのです。(名ばかりの刺史です)とりあえず、この時点で、孫家の当主は孫賁に変わったことになります。そして袁術(えんじゅつ)の正式な傘下となります。


孫賁が丹陽郡の都尉

袁術と孫策

 

孫堅の妻方の呉景が袁術によって揚州丹陽郡の太守に任ぜられます。孫賁はその中で、都尉として南方の山越族と戦い功を挙げています。やがて袁術のアドバイスを受けた孫策が丹陽郡にやってきます。そして兵数百を手に入れて、自分の部隊を作り上げるのです。しかし大帥を名乗り山越族の祖郎に襲撃され、あっさり壊滅します。泣く泣く孫策は袁術のもとに帰っていきます。


呉景と組み、劉繇を攻める

袁紹VS袁術(犬猿)

 

揚州刺史の劉繇(りゅうよう)と袁術の仲が悪くなると、丹陽郡から追い出され、長江を渡って対岸の歴陽まで退きます。(袁術バリア効果なし)劉繇はその名声から多くの人材を集め、重要な津(みなと)に張英や樊能、于麋などに守らせて、袁術軍に対抗します。呉景、孫賁のコンビは苦戦を強いられます。


豫章郡を兄弟で分け合う

孫策

 

そこに突如現れ、神がかり的な強さで敵を圧倒していったのが孫策です。失敗から学ぶものも大きかったのでしょう。孫策は以前よりも成長を遂げています。また、孫策は袁術から、孫堅に仕えていた古参の兵千余名を与えられ、道すがらもどしどし募兵をし、その勢いで劉繇はおろか、会稽郡太守の王朗や山越族の王・厳白虎などを降していきます。孫賁は豫章郡太守に大抜擢されます。孫賁の弟、孫輔は孫策挙兵に従い武功を挙げ、豫章郡を分割して新しく盧陵郡を設けて太守に任ぜられています。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 呉の周瑜、孫策、程普
  2. 呉の小覇王・孫策
  3. 関羽の呪いでなくなる孫皎(そんこう)
  4. 倭と交流を結びたがっていた孫権
  5. 陸遜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP