架空戦記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!?

この記事の所要時間: 322




大喬 小喬 三国志当時のファッションとは!

 

ジョン・ウー監督の作品で一躍三国志の名を広めた映画「レッドクリフ」。

ヒロインには周瑜の妻である小喬(リン・チーリンさんが役を熱演。美しい姿に感動)が抜擢されて、曹操相手に大活躍をします。

あれは映画用の演出として、実際の小喬、または姉の大喬はいったいどのような人物だったのでしょうか。




父親の喬公とは

 

呉書にも二人の姉妹の父親は喬公であると書かれています。が、それ以上はわかりません。

一説では、喬公とは喬玄のことだとされています。

喬玄は霊帝の時代に、三公のひとつ太尉に就いたほどの大物政治家ですが、黄巾の乱が起こる前に病死しています。

当時はまだ無名に近い曹操の訪問を受けていたく感動し、妻子を託したいとまで口にしたといわれています。

三国志演義では、喬公は「喬国老」と呼ばれ、赤壁の戦い以降も呉で生き続けている設定になっています。




喬公のふたりの娘が住んでいた場所は

周瑜 孫策

 

孫策・周瑜が二人の姉妹に出会ったのは、揚州盧江郡の皖城です。

ここは袁術の配下である劉勲が治めていた地です。

以前にご紹介しましたが、劉勲は袁術亡き跡、その妻子を皖城で預かっていました。

(前回記事:劉勲(りゅうくん)とはどんな人?袁術病死の後継者は「泣く子を救う」なのか!?

 

そこを同盟を結んでいたはずの孫策に落とされるのです。

袁術の妻子だけでなく劉勲の妻子も孫策の手に落ちます。

大喬・小喬を孫策・周瑜が手に入れたのもこのときなのです。

あれ?じゃあ、二喬(姉妹)は袁術と関係があったんじゃないだろうか……と勘ぐってしまいますね。

 

関連記事:【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!?

関連記事:呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!?

関連記事:【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁術だった!?

関連記事:エリート袁術が逃げ込んだド田舎の揚州に住む異民族とはどんな民族だったの?

 

199年にプロポーズを受ける

孫策

 

月も光を失い、花も恥じらうほどの美貌の姉妹をひとめ見て、孫策と周瑜は妻に迎えます。

シチュエーションは物語それぞれで、北方三国志では、孫策らは自身の身分を晒さずに誘拐して結婚を迫る場面が描かれています。

199年12月に、ほぼ強奪という形で手に入れたのは間違いなさそうです。

呉書には孫策が周瑜にこう語っています。

「喬公のふたりの娘は故郷を失うことになったわけだが、われわれを婿どのにすることができたのだから満足だろうよ」

さすがは孫策。高飛車です。

ここでいう故郷は盧江郡皖城のことなのか、

それとも袁術の一族とともに逃れてきた九江郡寿春のことなのか、定かではありません。

 

関連記事:孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3

関連記事:孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!

関連記事:小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

関連記事:孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術

 

200年には孫策死亡

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

200年の4月、孫策が暗殺されます。

大喬と孫策は結ばれてから半年もたたずに死別することになるのです。

孫策には息子がおり、孫紹という名前ですがほとんど歴史の表舞台には出てきていません。

生まれはこの200年だそうです。

孫策と大喬の子なのかは不明です。

でももしその前に誰かの子を大喬が身籠っていたら、実は孫策の子ではなく、別の男の子ということも考えられます。

ゴシップネタみたいな感じになってきましたが、

袁術が病死したのが199年6月、仮に大喬が袁術の側室であったのならば、孫紹は袁術と大喬の子であった可能性もあるのです。

DNA鑑定してみてほしいですね。

 

関連記事:于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人

関連記事:太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将

関連記事:孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?
  2. 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事
  3. 曹丕(そうひ)ってどんな人?魏書には正当性を表す記述ばかり!?
  4. 世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る
  5. 洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓
  6. 董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍…
  7. 三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者?
  8. 【はじビアの泉】現在の漢詩は曹操が造った?文化人曹操の功積

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【はじさん編集部】編集長kawauso日記 第1話 KDPを出版せよ!
  2. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第4部
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【7/17〜7/23】
  4. 周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子たち
  5. 周瑜が長生きしていたら三国志はどうなったの?二国志になっていた可能性!?
  6. 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが無駄になった智謀の臣

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラー」 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第3部 はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 劉備玄徳 【完005】 曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる? 三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かりやすく解説 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/27〜7/3】 秦の『人材』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?

おすすめ記事

  1. 魏延を倒した楊儀は孔明が亡くなった後どうなったの?
  2. 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)
  3. 合肥の戦いで張遼が孫権を討ち取っていたら三国志はどうなった?
  4. 【天下分け目の最終戦】広武山の戦いで勝ったほうが天下の覇者になる重要な戦
  5. 【はじめての君主論】電子書籍出版のお知らせ
  6. 前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国へ
  7. 官渡の戦いで袁紹が勝っていたら三国志はどうなっていたの?
  8. 【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱!ジミーズ二人の共通点

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP