朝まで三国志悪
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!?

この記事の所要時間: 312




魯粛と袁術

 

魯粛(ろしゅく)、字は子敬といいます。

彼が徐州臨淮郡東城県(下邳国東成県でしょうか)に生まれたのは172年。

かの英雄、周瑜よりも三つほど年上ということになります。

生後まもなく父を亡くし、祖母のもとで育ちます。

生家はかなりの資産家だったようです。

年齢で計算すると、黄巾の乱は魯粛が12歳、反董卓連合が結成されたのが18歳の頃です。

袁術が帝位を専称したときには27歳でした。



狂児出現と長老たちは嘆く

魯粛

 

呉書によると、魯粛は堂々たる体躯にめぐまれ、若い頃から志が大きく、

しばしば人の意表をつくことをやってのけたそうです。

後漢の衰退から天下の動乱を予感し、武芸の修行とともに少年らを呼び集めて衣食を支給し、

狩猟と称して軍事訓練をしている有様を見て、土地の長老たちはこんな狂児が出たら魯氏もおいまいだと嘆いたそうです。

魯粛は後漢滅亡後のシナリオを思い描いていたのかもしれません。

「先哲の秘論によれば、劉氏に代わって天運を受け継ぐ者は、かならず東南に起こる」

これは呉書では周瑜が孫権旗下に魯粛を誘う言葉として引用されていますが、

魯粛のオリジナルだった可能性もあります。




周瑜へ財の半分を渡す

周瑜 美男子

 

周瑜(しゅうゆ)と魯粛が仲が良かったことはよく知られていますが、

出会いは周瑜の方から押しかけています。

周瑜が揚州盧江郡(あるいは九江郡)の居巣県県長(県知事)に赴任してきたときです。

おそらく周瑜を県長にすえたのは袁術(えんじゅつ)です。

あたかも袁術から逃げるが如く長江以南へ赴任したように思われていますが、

居巣県は袁術の本拠地である寿春と目と鼻の先です。

ここで周瑜は魯粛からふたつある米倉の半分、三千石を貰い受けたといいます。

「聞きしにまさる人物だ」と感じ入った周瑜は魯粛と親交を結ぶのです。

流れ的には袁術の兵糧集めに協力したというのが本筋でしょう。

 

関連記事:周瑜(しゅうゆ)ってどんな人?赤壁の戦いで曹操軍を破った智将軍

関連記事:孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!

関連記事:周瑜公瑾の輝かしい功績

関連記事:周瑜はどうやって時代を超越した軍師・魯粛を手に入れたの?

 

袁術が名声を聞きつける

袁術 伝説 ゆるキャラ

 

呉書によると、それで名声を聞きつけた袁術が東城県(東成県)の県長にすえたとあります。

兵糧を供給できたことに対するお礼だったのかもしれません。

しかし魯粛は袁術が無軌道すぎて一緒にはやっていけないと早々と見切りをつけたそうです。

この辺りがどうも袁術を悪者とし、袁術と呉建国とを切り離そうとする意図が見て取れるような気がします。

本当に魯粛は袁術を見限ったのでしょうか。

 

関連記事:【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁術だった!?

関連記事:【男の嫉妬は怖すぎる】スーパーエリート袁術 VS スター劉繇(りゅうよう)

関連記事:エリート袁術が逃げ込んだド田舎の揚州に住む異民族とはどんな民族だったの?

関連記事:スーパーエリート袁術!理由はファミリーにあり?スーパー名家を探るよ

 

住民たちとともに長江を降る

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

魯粛は一族の老人子供、遊侠の徒百人を従えて居巣県の周瑜のもとに身を寄せ、

ついでに長江を渡り呉郡の曲阿県に移り住んだそうです。

しかし、袁術を見限った割には、すぐに東城県に戻ります。

しかも孫策(そんさく)が没する200年まで東城県に滞在していたことになるのです。

袁術が帝位を専称するのが197年ですから、この当時は袁術の傍にいたことになります。

 

関連記事:理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは?

関連記事:孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3

関連記事:于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人

関連記事:小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

 

孫権に帝位に進むことを説く

周瑜 孫策

 

親友の劉曄に呉郡で勢力を拡大してきた鄭宝を討つべく協力要請がきてようやく長江を渡り、呉へ向かいます。

魯粛の家族は周瑜に匿われていたようです。周瑜は孫権に従うように勧めてきます。

そして主君である孫権には魯粛を強く推薦するのです。

差しで面会した魯粛は孫権に向かい、黄祖を討ち、劉表を征伐し、

荊州を支配することで長江全域を治め、帝位に昇ることを進言します。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

袁術

 

私は、魯粛の帝位へ昇る進言は袁術にしたものだと考えています。

孫権のもとに来るまでの魯粛の詳細が、呉書ではまるでわからなくなっているのはそのためです。

袁術の参謀的な役割を担っていた可能性もあります。

志が大きく、人の意表をつくのが好きな魯粛ですから、

袁術の帝位を推し進めたとしても不思議ではありません。

と、いうことで私の勝手な推測ですが、いかがでしょうか。

あり得なくもないと、私は思いますよ。

 

—自称皇帝の袁術をたっぷり紹介!—

企画バナー袁術



よく読まれている記事

袁術

 

よく読まれている記事:【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:ろひもと理穂

ろひもと理穂

■自己紹介:

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。

 

■好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

 

■何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの?
  2. 【3分でわかる】魏・蜀・呉はどうやって兵力を手に入れていたの?
  3. コーエー三國志の李儒は何であんなにパラメーターが高いの?
  4. 【三国志の誤植集】何平や喬国老や橋玄って誰?うっかりミスが大惨事…
  5. 三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた?
  6. 「楚」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  7. 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる
  8. 鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって下を帥いん
  2. 孫権の妻たちは意外と知られてない?
  3. 楊修(ようしゅう)とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲劇の秀才
  4. 【はじめてのセンゴク】毛利家の暗躍と荒木村重の反乱
  5. イギリスのEU離脱って何?三国志で例えて理解度アップ!
  6. 孫呉を滅亡させた晋の将軍は誰だったの?杜預それとも王濬?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超人の秘密! 【地図付き】地味だけど結構重要だった!諸葛亮の南中遠征 あるポンコツのせいで崔琰は死刑になってしまったってほんと!? 廉頗(れんぱ)とはどんな人?悲劇のレジェンド元趙三大天[キングダム ネタバレ注意] キングダム 533話 ネタバレ予想:爆誕!飛信軍 【シミルボン】これは凄い!非常に我慢強い英雄、曹操 【キングダム】趙の悼襄王(とうじょうおう)って本当にヤバイ人なの? 【三国志RPG】DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)第2回 ドラゴンブレイドのアプリはやり込むほどに面白い!

おすすめ記事

  1. 【ネタバレ注意】キングダム539話レビュー「戦の相手」
  2. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その3
  3. 秦王政はなんで始皇帝と名乗り始めたの?
  4. 【はじめての三国志編集部】今年もおつかれさまでした。
  5. 黥布(げいふ)とはどんな人?中国初!?顔に入れ墨を入れ歴史に名を刻んだ王
  6. 暴漢・董卓は後漢王朝を安定させようと努力していた!
  7. 孔明サンの真っ黒メモリー、讒言でライバルを叩き落とせ!
  8. 徳川家康との対決と信長包囲網構築へ

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP