広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

はじめての魏

鍾毓(しょういく)とはどんな人?風格のある人柄で秀才の誉れ高い魏の臣

この記事の所要時間: 48




 

父・鍾繇(しょうよう)は大任である西方鎮撫を見事に勤め上げ、

曹丕(そうひ)から「偉人」の一人として褒め称えられます。

弟・鍾会(しょうかい)司馬師・司馬昭の参謀役として活躍し、蜀討伐に貢献した人物です。

では鍾会の兄である鍾毓(しょういく)は一体どのような人物であるのか

紹介していきたいと思います。




鍾繇の嫡男として生まれる

photo credit: Daisy via photopin (license)

photo credit: Daisy via photopin (license)

 

鍾毓(しょういく)は西方鎮撫の大任を勤め上げた

魏の功臣鍾繇(しょうよう)の嫡男として生まれます。

彼は十三歳で散騎侍郎(さんきじろう)に就任。

彼の性格は穏やかな性格で人から好まれ、父と同じ風格を持ち、将来を

期待されておりました。

また彼の弟である鍾会(しょうかい)は幼いころから頭が良く、

彼も将来の魏国担う人材として周りから認められておりました。




曹丕との会見

曹丕 残忍

 

文帝曹丕は鍾繇の息子達が優秀であると聞き、彼らを呼びます。

鍾毓と鍾会の兄弟は曹丕に招かれて宮殿に向かいます。

鍾毓は曹丕と会うと緊張のあまり、額から汗を流します。

曹丕は「鍾毓。汗を流してどうしたのだ」と質問。

彼は「皇帝陛下と会見し、緊張のあまり雨のように汗を流しているのです。」

と答えます。

曹丕は頷き、鍾会の方へ眼を向けます。

鍾会は汗一つ流さず、座っておりました。

曹丕は「兄はあんなに緊張して、汗を水のごとく流しておるのに、お主は

なぜ汗を一粒も流さないのだ。」と質問。

すると鍾会は「私は普段からあまり緊張せず、汗も流さないのです」と立派に

答えます。

彼らのこの答えに満足した曹丕は彼らに褒美を与え、下がらせます。

 

関連記事:曹丕(そうひ)ってどんな人?魏書には正当性を表す記述ばかり!?

関連記事:実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

関連記事:そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

 

孔明の敗退を予測

孔明

 

孔明は打倒魏の旗を掲げ、蜀軍を率いて祁山(きざん)へ進出します。

蜀軍に呼応して安定・天水・南安の三軍が蜀に寝返ります。

曹丕の跡を継いだ明帝曹叡(そうえい)はこの事態に危機感を感じ、

自ら兵を率いて孔明率いる蜀軍の迎撃するため、出陣しようと考えます。

鍾毓は「陛下。大将は慌てず、騒がず、中央でどっしりと構えていればいいのです。

蜀は必ず撤退するのでご安心ください。」と皇帝自らの出陣に反対意見を述べます。

明帝は鍾毓の進言を受け入れ、出陣を取り止めます。

その後馬謖率いる蜀軍が街亭で敗れた為、蜀軍は撤退。

鍾毓の予見通りに事が運んだ為、明帝は彼を散騎常侍(さんきじょうじ)

に昇進させます。

 

関連記事:曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝

関連記事:【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!?

関連記事:【真田丸】幸村だけじゃない!曹操、孔明も使った赤備え!ザクとは違うのだよザクとは…

関連記事:【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 崔琰(さいえん)は曹操に仕える前はいったい何をしていたの?
  2. 文聘(ぶんぺい)のリアル三國無双!五虎大将軍の関羽を倒し呉王・孫…
  3. 高柔(こうじゅう)とはどんな人?魏で起こった不可解な事件を解決へ…
  4. 辛毗(しんぴ)とはどんな人?曹丕が泣き言を言うほど厳しく反対意見…
  5. 何晏(かあん)とはどんな人?三国志一のナルシストで歴史に名を残し…
  6. 趙嚴(ちょうげん)ってどんな人?人材豊富な魏の武将達を取りまとめ…
  7. 曹家の文才「三曹七子」って何?
  8. 三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 中国史における農民反乱についての考察
  2. 100話:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める
  3. 三国志時代にタイムスリップしたらあなたはどこに仕えたい?魏?呉?それとも蜀?
  4. 夏侯玄(かこうげん)とはどんな人?夏候家の逸材として称えられた名士
  5. 迷信を利用して統治を行った魏の西門豹(せいもんひょう)に迫る!
  6. 51話:武将を惹きつける人間磁石 劉備玄徳

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志偏差値を一気に上昇させる!マニアックなコアファン向け参考文献 【余裕をみせすぎて大失態】やっちゃった感が否めない曹操のやらかしエピソード 濮陽の戦い編 66話:曹操、孔明の実力を確認すべく劉備討伐の兵を挙げる 【キングダム】秦の六大将軍は史実でも存在するの? 84話:龐統登場と同時に左遷(笑) 【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情 袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操 まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ

おすすめ記事

  1. 曹操敗れる|幾重にも張り巡らされる孔明の罠
  2. もし蜀が呉を併呑していたら魏にも勝てた?if三国志
  3. 史書から見る曹操の評価がベタ褒めすぎてやばいってホント?
  4. 屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達?
  5. 幼少期・青年期の曹操がかなりやんちゃってほんと!?
  6. 于禁(うきん)は魏でも手柄抜群なのにジェットコースターのような人生
  7. 【三国志と梅雨】じめじめ季節のお役立ち情報も紹介
  8. まだまだいた三国志の名外交官たち5選

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP