ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.2【完】

匈奴と漢の和睦にヒビが入る



冒頓単于、劉邦

 

 

冒頓(ぼくとつ)は漢と和睦し、毎年贈り物をもらい国力を増大させておりました。

しかし一つの事件が両国を緊張事態にさせます。

その事件は、匈奴の王族である右賢王(ゆうけんおう)が民を引き連れ、

河南地方に南下した時に起きます。

彼は河南地方に南下した時、漢の役人からバカにされる事が幾度も重なっておりました。

その為右賢王は、自らの力を見せつけるため、上郡にある城塞を攻撃。

要塞は、匈奴軍の攻撃により陥落し、右賢王をバカにしていた役人は捕えられ、

殺害されます。

この事件は漢の皇帝である文帝に知らされます。




右賢王を撃退する

photo credit: Rise through the fog via photopin (license)

 

文帝は匈奴が和睦を無視して、漢の領土へ攻め込んだことに激怒。

丞相劉邦と共に楚漢戦争で功績を挙げた名将・灌嬰(かんえい)に大軍を与え、

匈奴軍の討伐に向かわせます。

灌嬰は匈奴の右賢王の軍勢を蹴散らし、長城へ追い払います。

この事件がきっかけで両国の和平にヒビが入り、

匈奴と漢の国境線には緊張状態に陥ります。




漢に仲直りの使者を送る

photo credit: Tangible via photopin (license)

 

冒頓は漢との友好関係を修復する為、使者を送ります。

匈奴の使者は、漢の文帝に謁見すると単于である冒頓の言葉を伝えます。

使者は文帝に「漢の皇帝であった劉邦と結んだ和睦の条約にわが方としては非常に

満足している。しかし昨年起きた事件により、

両国の友好な関係にヒビが入ってしまった事を私は憂慮している。

事件を起こした原因はその方の役人が右賢王をバカにしたことが、

原因で起きた事件である。

しかしわが方にも漢の国境を侵入した罪がある事は否めない。

そのため、右賢王を私は罰し、友好関係を再び結びたいと思う。

お詫びとして使者に贈り物を持たせており、受け取って頂きたいと

思う。」と伝えます。

文帝は冒頓の使者の言葉を聞き終わると、使者を丁重にもてなした後、

返礼を持たせて帰します。

 

匈奴との関係について議論

photo credit: A cold dawn (Explore) via photopin (license)

 

文帝は匈奴の使者を帰した後、匈奴との関係について会議を開きます。

群臣達は「匈奴の地をとっても、我らにとっては利益ならないので、

彼らとは友好関係を続けた方が良いと思います。」と意見を述べます。

文帝は彼らの意見を聞き入れ、匈奴との友好関係を修復する使者を発します。

 

漢と匈奴は再度和平条約を結ぶ

photo credit: Last Leaf via photopin (license)

 

漢の使者は冒頓が居る宮殿に赴き、冒頓は漢の使者と会見します。

漢の使者は「高祖は匈奴と和平を結び、友好関係を築くため、

毎年多くの贈り物を送ってきた。

今回の一連の事件は朕(ちん=皇帝の一人称)

が大赦を行う前に発生した事件である。

今、朕は大赦を行った事で、右賢王が起こした罪は許される事になる。

今後は匈奴側が条約に違反せず、

信義を持って我が国と付き合う事を朕は望んでいる。」と冒頓に伝えます。

冒頓は漢の使者から渡された調印書にサインした後、使者を大いにもてなします。

こうして再び両国の間で和平条約は締結されます。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

冒頓は匈奴の名君として称えられます。

彼のおかげで匈奴は史上最大の勢力にまで拡大する事に成功し、

漢の高祖劉邦や呂太后など歴代の漢の権力者や皇帝達を苦しめます。

しかし漢と関係を修復した翌年、匈奴の英雄・冒頓単于は亡くなります。

彼の死後、稽粥(けいいく)が跡を継ぐ事になります。

彼は漢から寝返った中高説(ちゅうこうせつ)という人物を厚遇。

稽粥は彼のアドバイスを採用し、漢との国境を越え、侵攻を行い

漢を苦しめていきます。

しかし匈奴の繁栄は長く続く事きませんでした。

漢の武帝の時代、一人の天才的な軍人が出現した事で、

匈奴の領地は少しずつ削られ、しまいには長城以北に追い出される事になります。

「今回の異民族のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~。」

 

三国志を彩どる異民族が満載!—

三国志vs異民族 バナー




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

黒田廉

■自己紹介:

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。

好きな歴史人物:張遼夏候惇文鴦

何か一言:好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

ページ:
1

2

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編
  2. 豊臣秀吉 戦国時代 【センゴク】謎の英雄・豊臣秀吉の生まれに迫る!
  3. 読書感想文に使えるオススメ歴史小説「日本の幕末・近代史編」おまけ…
  4. 黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵…
  5. キングダム45 オルド将軍は実在するの?やっぱり最期は龐煖にバッサリ?
  6. 織田信長 織田信長の息子達の名前がファンキーでかなりやばい!!
  7. 孔明による出師の表 【蜀漢の年表】劉備と孔明が支えた季漢の歴史を超分かりやすく解説
  8. 甘寧と凌統と呂蒙 【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 文臣の最高官位に登る鍾繇(しょうよう)
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. 嬴政(始皇帝)
  4. 暴れまわる異民族に困る梁習
  5. 信(キングダム風)
  6. 鄒氏
  7. 朶思大王
  8. 双流星を振り回している徐盛

おすすめ記事

  1. 呉王殺害に成功した暗殺者・専諸ってどんな方法で暗殺に成功したの? キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  2. ドリフターズの主人公・島津豊久ってマイナーだけど何をした人なの?
  3. 高句麗は漢の属国だった?実際のところ両国の関係はどうだったの? 城 銅雀台
  4. 黄忠(こうちゅう)ってどんな人?華々しさとは真逆、家族に恵まれなかった人生 黄忠の様子を見に行く趙雲
  5. 【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由! 宋姫
  6. 諸葛亮には弟子はいない?孔明の後を継ぐことになった者たちを語ってみる 蒋琬(しょうえん)

三國志雑学

  1. 蜀の皇帝に即位した劉備
  2. 関羽
  3. 太行山に入り山賊になる劉備三兄弟
  4. 城の前を掃除する孔明
  5. ブチ切れる曹操


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 諸葛瑾と幼い頃の孔明
  2. 夏侯惇
  3. 燃える本能寺
  4. 曹丕

おすすめ記事

王政君お怒り!玉磁なげる 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」のことわざを作り出した班超って一体何者? 北伐する孔明 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?後半 三顧の礼 ゆるキャラ 孔明 64話:諸葛孔明の庵を3回尋ねる劉備、これが三顧の礼 司馬昭 司馬昭ってチョー有能?それとも親の七光りだったの!? 弩(ど)を発射させる蜀兵士達 キングダム614話ネタバレ予想vol6「楚は弱い?疑惑の楚討伐戦」 お酒 三国志 曹操 三国時代のお酒は発泡酒レベルだった? 酒井忠次 酒井忠次の墓はどこにある?徳川四天王の墓がある先求院へのアクセス方法

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP