よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

キングダムの昌平君(しょうへいくん)は、なぜ秦を裏切るの?実在した男の数奇な運命

この記事の所要時間: 34




昌平君

 

権謀術数には長けるが軍事には疎い呂不韋(りょふい)の四柱の一人として、

軍事面の頭脳となって活躍した昌平(しょうへい)君は、歴史に登場する実在の人物です。

しかし、元々が楚の公子として秦へは人質のような形でやってきた彼は

色々複雑、そこではじさんでは、昌平君の能力と今後を推理します。




合従軍相手に存在感を示せない呂不韋に代わり昌文君と戦略を担当

キングダム 15 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

趙の三大天、李牧(りぼく)の主導した五カ国合従軍、五十万の大軍に

秦が絶体絶命の窮地にある時、秦が生き残る可能性について、

必死に模索したのが昌平君です。

同じく、四柱の一人、蔡沢(さいたく)の計略で斉を合従軍から

離脱させる事は出来たもののそれでも敵軍は50万の大軍なので、

昌平君は同じく丞相の昌文(しょうぶん)君や、軍師達と巨大な盤上で

徹夜で戦略を練っていました。

 

その間、相国(しょうこく)という秦では最高のポストにいた

ボスの呂不韋には、まるで存在感がなく他人事でした。

秦が滅んだら、今度は合従軍に取り入ろうとする素振りまで見せています。

この様子から昌平君は、単純に呂不韋の駒ではないと

直感した人も多かったでしょう。




秦王政即位を区切りに呂不韋と決別・・

嫪毐 ろうあい

 

呂不韋が、淫乱な秦国皇太后を満足させる為に送り込んだ

偽宦官、嫪毐(ろうあい)によりついに太后は懐妊し男児を産みます。

これは、秦国に新たな戦乱を巻きおこす前兆になりました。

 

事態を一気に清算すべく、太后は合従軍戦で疲弊して財政難に喘ぐ

秦に多額の金銭援助を申し出る代わりに、毐国(あいこく)という

半独立国の建設を承認させ、秦王政の加冠の儀の隙を突いて

クーデターを決行します。

 

太后は、実子の政を殺し、嫪毐との間の子を秦王につけようと

動きだしたのです、悲しい・・政にとっては身を裂かれるような

悲しい戦争になりました。

 

この時、呂不韋は全てを知りながら、知らぬふりをしますが、

昌平君は、迷わず秦王政の側についてクーデターを鎮圧します。

ここで、昌平君は呂不韋を見限り、秦王政を選んだのです。

 

物事に拘らない呂不韋ですが、この時ばかりは表情を険しくしています。

それだけ昌平君を失う事が痛手だったのでしょう。

 

呂不韋

 

結局、呂不韋は毐国の成立に深く関わっていた事がバレ失脚します。

逆に昌平君は、その功績が評価され、秦国の軍事面を引き続き

担当する事になるのです。

 

関連記事:嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせる

関連記事:衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家

関連記事:【キングダム芸人】中華統一を果たした信と政はどうなった?

 

昌平君の実力とは・・

昌平君2

 

昌平君は、その知略では、李牧にも匹敵すると言われています。

彼は人材を好み、秦に軍師学校を開いて、多くの人材を教えました。

 

河了貂

 

その中には、蒙毅(もうき)や河了貂(かりょうてん)もいます。

昌平君の軍師学校があったから、飛信隊は軍師、河了貂を得て、

勝利を重ねているわけですから、信にとっても、昌平君は恩人です。

 

また、昌平君個人の武力もかなりのもので、少年時代には、

あの蒙武よりも武力で上回りました。

現在でも毐国によるクーデターに参加した少数民族の猛将ワテギを

自ら葬るなど、武勇は衰えてはいないようです。

 

関連記事:秦の始皇帝の時代ってどんな時代?分りやすく解説するよ

関連記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

関連記事:飛信隊はどのような構成だったの?史実をもとに強さも考察

 

昌平君の悲しい未来とは・・

ろうそく f

 

そんな秦にとっては頼もしい昌平君ですが、

史実は彼の悲しい最後を記録しています。

史実の昌平君は、幼い頃に秦の人質として楚から送り込まれた公子でした。

その楚を秦が滅ぼした時、昌平君は、楚の大将軍、項燕(こうえん)の要請に乗り、

秦から逃亡して楚に赴き、自ら即位して楚を復活させます。

しかし、王翦(おうせん)・蒙武によって滅ぼされ死んでしまうのです。

キングダムは史実を無視しないので、必ず昌平君は秦に背き

楚に走る事になるでしょう。

 

それは紀元前223年、今のキングダムの14年後の事ですが、

その時、幼馴染の蒙武はどのような対応をするのでしょう。

そして、河了貂は恩師の死をどのように受け止めるのか?

色々な意味で昌平君からは目が離せないですね。

(画像引用元:キングダム-英雄の系譜-

 

関連記事:これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら?

関連記事:【これだけ読めば大体わかる】山崎賢人主演!キングダム実写化の内容を大胆予想!

関連記事:キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー

 




よく読まれている記事

キングダム 40巻

 

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

兵馬俑 kawauso

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 94話:成都を陥落させ李厳を得る劉備軍
  2. 50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会
  3. 羅憲(らけん)とはどんな人?蜀のラストサムライ!奇跡の逆転勝利で…
  4. 【秦の宰相】呂不韋の人生をかけた計画に危機が訪れる
  5. 龐統の死後、その一族はどうなったの?魏に降った一族たちの数奇な運…
  6. 【キングダム】離眼の紀彗(きすい)は、実在しない痛いキャラだった…
  7. 孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?
  8. 【保存版】カッコいい!三国志の精鋭部隊を一挙紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.1
  2. たかぎ七彦困惑?アンゴルモア元寇合戦記をガチネタバレ予想!
  3. 秦王政はなんで始皇帝と名乗り始めたの?
  4. 【赤壁の戦い】なぜ曹操は天下分け目の大戦に負けたの?
  5. 古代出雲王国の繁栄は黄巾の乱と関係があった!
  6. 曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

阿部正弘の家紋鷹羽紋とはどういう家紋? 若し頃の劉備は暗殺されそうになったり、カッコ悪かったりと散々だった!? 魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)はどんな人?呂布を裏切った八健将 潼関の戦いの舞台関中はどんな土地? 桓騎軍のDQN集団がヤバ過ぎる・・・何であんなのが配下に集まるの?その驚くべき理由とは? 6話:三国志は黄巾の乱から始まった 【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧 曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン

おすすめ記事

  1. 【西郷どん】実は大久保利通は囲碁が下手だった?
  2. 佐久間象山は天才?実際の所を検証
  3. 楊沛(ようはい)とはどんな人?魏の諸将を恐れさせた行政官
  4. 周瑜はいかにして魯粛を呉に引き入れたのか?
  5. 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断
  6. はじめての三国志 読者アンケートのお願い
  7. はじめての三国志 4コマ劇場 「長坂橋を死守する張飛くん」
  8. 三国志ロワイヤル-みんなのサンロワ-とはどんなアプリゲーム?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP