呂布特集
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?

呂布




趙雲

 

三国志は記録の不備により、生没年が分らない武将が結構います。

趙雲(ちょううん)も没年は分っても、生年が分らないので、

イメージでいつまでも若武者のような描き方をされていてお得です。

また、三国志ではメジャーな人中の呂布も、生年が分らない武将なのです。

一体、呂布(りょふ)はいくつまで生きたのでしょうか?




呂布自身が自分の年齢を知らない可能性も

呂布 最強 曹操

 

呂布奉先は、并州(へいしゅう)五原(ごげん)郡、

現在の内蒙古自治区に生まれました。

出自は不明ですが、場所柄から匈奴(きょうど)と

漢族の混血、或いは純粋な匈奴だったのかも知れません。

父母の正式な記録もない事から考えると年齢不詳は、

彼が幼少期から孤児だった為に正確な年齢が分らない

という事だった可能性もあります。




丁原董卓を養父としている事から考える

董卓&呂布

 

その後、呂布は持って生まれた武勇で

并州刺史の丁原(ていげん)の目に止まり、

中央に向かって出世するチャンスを掴みます。

さらに、洛陽に入ってからは、董卓(とうたく)に寝返り

丁原を斬殺、、数年後には、仲たがいから董卓も惨殺する

裏切りの人生をスタートさせます。

 

呂布はこの両者を養父にしているので、普通に考えると

20歳位は下だと思われます。

丁原の生年は不明ですが、董卓は138年生まれと書かれているので

仮に呂布を20歳マイナスとすると西暦158年が呂布の生年になります。

 

そうなると、呂布が董卓に見出されたのは、29歳、それから

11年活躍して40歳前後で最後を迎えたラインになります。

 

朝まで三国志 董卓

 

ちなみに船橋市の非公認キャラクター、ふなっしーも

138年生まれで董卓と同い年という事になります。

 

関連記事:【初心者向け】反董卓連合軍はどこに布陣していたの?

関連記事:反董卓連合軍に参加したのは、誰と誰なの?【素朴な質問】

関連記事:あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由

 

劉備との関係で年齢を絞ってみる・・

劉備と呂布

 

また呂布は落ちぶれて、徐州牧だった劉備(りゅうび)を頼った時に、

自分を兄、劉備を弟として義兄弟の契りを結んでいます。

 

これも年齢で考えると、劉備は161年生まれなので、

呂布は劉備よりも上という根拠になります。

 

また、呂布は曹操に降伏した時に、性懲りもなく自分を

売り込もうとして、劉備に制止された事があります。

この時に、呂布は劉備を「この小僧が一番信用できない」

と罵ったようです。

 

原文 是兒最叵信者

 

ここに使用されるは「兒」は目下の人間を罵るときに使われる言葉で

具体的に劉備が呂布よりは年下だったという一つの証拠になります。

すると、呂布は西暦161年以前の生まれという事になるのです。

 

曹操相手には、かなり神妙な呂布

呂布 あっけない 最後

 

一方で、自分を捕らえて縛っている曹操(そうそう)に対して呂布は、

縄がきつくて敵わん、緩めて欲しいと温情に訴え、

さらには、曹操を明公(めいこう)と呼んで讃えています。

自信過剰な呂布にしては、かなり下手に出ている感じなのです。

 

それもこれも、この場を切り抜ける媚びだと言えばそれまでですが、

呂布の中には、曹操は自分より年上という感覚があったのでは

ないかと思うのです。

そのように考えると、曹操の生年155年よりは下で

劉備の年齢、161年よりは上という事になります。

 

呂布 英雄石像

 

そう考えると、やはり西暦158年頃が呂布の生まれであり

29歳前後から活躍しだし、40歳前後で死んだというのが、

年齢の推測としてはしっくり来るのではと思えます。

 

関連記事:呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選

関連記事:これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)

関連記事:1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

呂布の配下には、張遼(ちょうりょう)もいますが、

元は董卓の配下である彼は董卓の死後に呂布に付き従っています。

彼の生年は165年で、呂布よりも年下と考えると、

呂布に付き従うという行動にリアリティが出る感じです。

 

いかに強くても、自分より年下の男の手下に

張遼がつくとは考えにくいからです。

董卓を暗殺したのが呂布とはいえ、強い事は間違いないし

また自身より7歳位上でボスとして申し分は無かった。

そのように考えての呂布への鞍替えのような気がします。

 

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

関連記事:【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・項羽

関連記事:思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】

関連記事:本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説

 




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

 

関連記事

  1. 関羽VS華雄 21話:汜水関の戦いの功労者
  2. 荀攸 荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?曹操と生涯仲良し綺麗事を言わない…
  3. 荀攸と曹操 荀攸は魏王就任に賛成していた?荀攸の思惑と魏王就任賛成の理由
  4. 銃は中国で発明されたものだった?「アンゴルモア」にも登場した火薬…
  5. 謝夫人 孫権の妻 孫権の妻たちは意外と知られてない?
  6. 野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り…
  7. 城の前を掃除する孔明 【諸葛亮vs司馬懿】ピンチを切り抜けたのは空城の計!
  8. 龐統 蜀建国の功労者龐統の最期が悲しすぎる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明
  2. 蜀の兵士
  3. キングダム 戦国七雄地図
  4. 藏覇(臧覇)
  5. 嬴政(始皇帝)
  6. 大政奉還した徳川慶喜
  7. 船冒険する諸葛直 船

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【7/17〜7/23】
  2. 金栗四三が箱根駅伝を開催した理由は? 金栗四三 いだてん
  3. 張飛が長坂橋を落とした時、曹操はどうして攻撃しなかったの? 最弱武将と対峙する張飛
  4. 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった! 蜀の兵士
  5. 武田二十四将とはどんな人?武田信玄の武将たちを紹介 武田二十四将(馬場信春)をメイン
  6. 陳勝・呉広の乱とは何?秦国を滅ぼすきっかけを作った二人組 陳勝・呉広

三國志雑学

  1. 劉備 呂布 肉取り合い
  2. 蜀の姜維
  3. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  4. 周泰(しゅうたい)の全身の傷を解説する孫権
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蜀の劉琦
  2. 裏切った呂布

おすすめ記事

亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲 嘘じゃないの!劉備の国を取れ発言は本心だった 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 錦馬超の武勇はどこまで本物なの?正史と演義を比較してみよう 鼻をほじりながら無関心な織田信長 若い頃の織田信長はどんな人物だったの?うつけ者が時代を駆け抜ける! 幕末 西郷糸子 西郷糸子はどんな人?西郷どんの3番目の妻は冗談好きのしっかり者 周泰(しゅうたい)の全身の傷を解説する孫権 周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけの男 澶淵の盟 北宋と遼の盟約 澶淵の盟が結ばれた場所は?澶淵の盟を行った澶州は実はあの戦場だった! 全世界3000万DLを突破!本格戦略ゲーム『三国天武』の魅力と攻略のコツ 袁紹モグラ作戦 官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP