魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの?

2016年7月7日


 

曹操 夏侯惇

 

曹操(そうそう)は戦を勝ち続けて、何とか魏の領土を作り上げる事に成功します。

そして彼は魏の領土を作り上げると共に、

様々な法律を作り上げて魏の基礎を作り上げた後に亡くなります。

 

曹丕

 

そして曹操の跡は曹植や弟達と熾烈な後継者争いを勝ち抜いた曹丕(そうひ)が継ぎます。

曹丕は父の跡を継ぐとすぐに漢王朝の皇帝劉協から皇帝の位を譲ってもらい、

魏王朝を成立させます。

魏王朝成立をさせた彼は、魏の国を安定にするために様々な政策を実施して、

国を安定させますが、40歳の若さで亡くなってしまいます。

こうして魏王朝初代皇帝の跡を継いだのは曹丕の息子である曹叡(そうえい)ですが、

彼の代で魏王朝に影が見え始める事になります。

 

関連記事:魏の初代皇帝・曹丕はいったいどんな仕事をしていたの?

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



若くして曹丕の跡を継ぐ

曹丕

 

曹丕は若くして亡くなる事になり、彼の後継者となる人物は若干22歳の青年である

曹叡(そうえい)です。

彼はどのような人物であるか群臣達は全く分からなくて不安に陥りますが、

この時漢王朝の劉氏の末裔である、劉曄(りゅうよう)が曹叡と語り合います。

二人の語り合いは曹叡の私室で何回も行われ、

数日後に出てきた劉曄はげっそりしておりました。

劉曄が出てきたことを知った群臣達はすぐに駆け寄り、

次の皇帝がどのような人物であるかを聞きに来ます。

劉曄は曹叡の性格などを語った後群臣達に「陛下は秦の始皇帝(しこうてい)

漢の光武帝に近い存在になるであろう。」と語ります。

群臣達は劉曄の言葉を聞いて安心して、彼に仕える事ができるようになります。

 



父に殺された母を祀る

曹叡

 

曹叡は皇帝となって最初に行った事は、父に殺害された母・甄氏(しんし)を祀る事です。

甄氏は曹叡が16歳の時に曹丕に殺され大いに悲しみます。

この悲しみを持ったまま曹叡は皇帝となるとすぐに彼女の名誉を回復するため、

甄氏に皇后の位を贈ります。

その後彼は父曹丕には文帝。

祖父・曹操へは武帝の位を追贈します。

 

関連記事:曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇

関連記事:【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!?

 

呉軍が攻め込んでくるも的確に状況を判断して対応

孫権 弔い出陣

 

曹叡は母・甄氏、父・曹丕、祖父・曹操へ追贈を行った後、

呉軍が攻め込んできます。

呉軍が攻撃してきたところは江夏(こうか)と言われる都市が攻撃を受けます。

この時群臣達は曹叡に「陛下。呉が江夏へ攻め込んできました。

すぐに江夏へ大軍で援軍を派遣しましょう。」と進言します。

しかし曹叡は「いや。孫権は本腰で攻めてきているわけではなく、

奇襲目的で攻撃を仕掛けてきているに過ぎない。

また江夏には防御の達人と言われている文聘(ぶんぺい)が居るから、

大軍で援軍を送る必要は無く、少しの援軍を出せばすぐに退却するに違いない」と

状況を見切って、少しの兵を援軍として江夏へ送ります。

すると曹叡の状況判断が正しかった事がすぐに現れます。

孫権は魏軍が援軍に来たと知るとあわてて、退却していきます。

こうして曹叡の軍事における状況判断の正しさが示される事になります。

 

蜀の丞相・諸葛孔明との戦いその1:魏の孟達に調略を仕掛けてくる

孟達 曹丕

 

蜀の丞相・諸葛孔明(しょかつこうめい)は魏の曹丕が亡くなると、

荊州の要衝である新城(しんじょう)にいた孟達(もうたつ)へ調略を仕掛けてきます。

孟達は関羽が亡くなった後に、魏へ降伏してきた元・蜀の武将ですが、

彼は曹丕に非常に可愛がられておりました。

しかし曹丕が亡くなると孟達は、

このまま魏へ属している事に不安を感じている所へ、

蜀の丞相である孔明から蜀へ帰ってこないかと誘われます。

孟達は孔明の誘いに乗って蜀へ寝返る準備を始めます。

孟達が蜀に寝返るのではないかとの情報が曹叡に届くと、

司馬懿(しばい)も曹叡と同じ情報を手に入れており、すぐに孟達攻撃に出陣します。

 

孟達 司馬懿

 

曹叡は司馬懿が孟達討伐の出陣を事後報告で知った事を責めずに、

大いに彼を誉めて彼の功績を称えます。

この司馬懿の即応によって孔明の計略は潰える事になります。

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はじめての三国志 プロフィール画像

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-三国志の雑学
-, , , , , , ,