ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
馬超


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの?

曹叡




曹操 夏侯惇

 

曹操(そうそう)は戦を勝ち続けて、何とか魏の領土を作り上げる事に成功します。

そして彼は魏の領土を作り上げると共に、

様々な法律を作り上げて魏の基礎を作り上げた後に亡くなります。

 

曹丕

 

そして曹操の跡は曹植や弟達と熾烈な後継者争いを勝ち抜いた曹丕(そうひ)が継ぎます。

曹丕は父の跡を継ぐとすぐに漢王朝の皇帝劉協から皇帝の位を譲ってもらい、

魏王朝を成立させます。

魏王朝成立をさせた彼は、魏の国を安定にするために様々な政策を実施して、

国を安定させますが、40歳の若さで亡くなってしまいます。

こうして魏王朝初代皇帝の跡を継いだのは曹丕の息子である曹叡(そうえい)ですが、

彼の代で魏王朝に影が見え始める事になります。

 

関連記事:魏の初代皇帝・曹丕はいったいどんな仕事をしていたの?




若くして曹丕の跡を継ぐ

曹丕

 

曹丕は若くして亡くなる事になり、彼の後継者となる人物は若干22歳の青年である

曹叡(そうえい)です。

彼はどのような人物であるか群臣達は全く分からなくて不安に陥りますが、

この時漢王朝の劉氏の末裔である、劉曄(りゅうよう)が曹叡と語り合います。

二人の語り合いは曹叡の私室で何回も行われ、

数日後に出てきた劉曄はげっそりしておりました。

劉曄が出てきたことを知った群臣達はすぐに駆け寄り、

次の皇帝がどのような人物であるかを聞きに来ます。

劉曄は曹叡の性格などを語った後群臣達に「陛下は秦の始皇帝(しこうてい)

漢の光武帝に近い存在になるであろう。」と語ります。

群臣達は劉曄の言葉を聞いて安心して、彼に仕える事ができるようになります。




父に殺された母を祀る

曹叡

 

曹叡は皇帝となって最初に行った事は、父に殺害された母・甄氏(しんし)を祀る事です。

甄氏は曹叡が16歳の時に曹丕に殺され大いに悲しみます。

この悲しみを持ったまま曹叡は皇帝となるとすぐに彼女の名誉を回復するため、

甄氏に皇后の位を贈ります。

その後彼は父曹丕には文帝。

祖父・曹操へは武帝の位を追贈します。

 

関連記事:曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇

関連記事:【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!?

 

呉軍が攻め込んでくるも的確に状況を判断して対応

孫権 弔い出陣

 

曹叡は母・甄氏、父・曹丕、祖父・曹操へ追贈を行った後、

呉軍が攻め込んできます。

呉軍が攻撃してきたところは江夏(こうか)と言われる都市が攻撃を受けます。

この時群臣達は曹叡に「陛下。呉が江夏へ攻め込んできました。

すぐに江夏へ大軍で援軍を派遣しましょう。」と進言します。

しかし曹叡は「いや。孫権は本腰で攻めてきているわけではなく、

奇襲目的で攻撃を仕掛けてきているに過ぎない。

また江夏には防御の達人と言われている文聘(ぶんぺい)が居るから、

大軍で援軍を送る必要は無く、少しの援軍を出せばすぐに退却するに違いない」と

状況を見切って、少しの兵を援軍として江夏へ送ります。

すると曹叡の状況判断が正しかった事がすぐに現れます。

孫権は魏軍が援軍に来たと知るとあわてて、退却していきます。

こうして曹叡の軍事における状況判断の正しさが示される事になります。

 

蜀の丞相諸葛孔明との戦いその1:魏の孟達に調略を仕掛けてくる

孟達 曹丕

 

蜀の丞相諸葛孔明(しょかつこうめい)は魏の曹丕が亡くなると、

荊州の要衝である新城(しんじょう)にいた孟達(もうたつ)へ調略を仕掛けてきます。

孟達関羽が亡くなった後に、魏へ降伏してきた元・蜀の武将ですが、

彼は曹丕に非常に可愛がられておりました。

しかし曹丕が亡くなると孟達は、

このまま魏へ属している事に不安を感じている所へ、

蜀の丞相である孔明から蜀へ帰ってこないかと誘われます。

孟達は孔明の誘いに乗って蜀へ寝返る準備を始めます。

孟達が蜀に寝返るのではないかとの情報が曹叡に届くと、

司馬懿(しばい)も曹叡と同じ情報を手に入れており、すぐに孟達攻撃に出陣します。

 

孟達 司馬懿

 

曹叡は司馬懿が孟達討伐の出陣を事後報告で知った事を責めずに、

大いに彼を誉めて彼の功績を称えます。

この司馬懿の即応によって孔明の計略は潰える事になります。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 三国志の地図(州) 三国志地図|中国にも九州があった?州について分かりやすく解説
  2. 周倉 周倉にはモデルとなった人物がいた!?漢の高祖・劉邦に関係が?
  3. 三国志の主人公の劉備の魅力について、これでもかというほど語るよ
  4. 蜀の劉備 夷陵の戦いで勝つには?呉に対してどうするべきだったのか?
  5. 袁術と袁紹の喧嘩 あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由
  6. 楊奉 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3
  7. 真田丸 【シミルボン】幸村だけじゃない曹操、孔明も使った赤備え!
  8. 宦官 【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 土いじりをする劉備
  2. 始皇帝 はじめての三国志
  3. 鍾会を説得する姜維
  4. 呂不韋
  5. 馬超の兜にフォーカス

おすすめ記事

  1. 88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する 劉璋と劉備
  2. 明智光秀の旗や家紋は桔梗の花? 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  3. 久坂玄瑞の最後!その人生の幕の閉じ方 吉田松陰
  4. え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い! 曹操と荀彧の三顧の礼
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【3/27〜4/3】
  6. キングダム594話ネタバレ予想「まさか!松左に続き渕副長も戦死?」 キングダム53巻

三國志雑学

  1. 袁紹と曹操
  2. 蔣琬(しょうえん)
  3. 兵士 朝まで三国志
  4. 孟達と曹丕
  5. 兵士と禰衡


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 西郷隆盛
  2. 光武帝(劉秀)陰麗華
  3. 疫病が蔓延している村と民人
  4. キングダム
  5. 朝まで三国志 袁紹
  6. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

おすすめ記事

キングダムネタバレ予想、史上最も可哀想なボスキャラロゾを追悼 孟達を討伐する司馬懿 122話:孟達の心変わり!孔明の失敗と司馬懿の復活 黄忠 キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰? はじめての三国志編集長kawauso はじめての三国志編集長の推薦状『8月の見どころ記事』Part.2 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛 西郷星と火星大接近!西郷どんが141年ぶりに帰って来た? 木牛流馬 諸葛亮が発明した運送器具「木牛」と「流馬」の目的とは? キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問) 渤海国とはどんな国?謎の王国・渤海国の建国までを分かりやすく解説 曹操軍の輸送車を襲う趙雲 趙雲は五丈原ではどんな役割だった?趙雲の北伐と最期

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP