よかミカンの三国志入門
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは?

この記事の所要時間: 250




正妃 卞夫人

 

華々しい合戦での活躍、鋭い神算鬼謀を駆使する三国志の英雄達も、

家に帰れば良き夫であり、良き父だった事に違いありません。

特に夫婦の間には、痴話喧嘩あり、美談ありと悲喜こもごもなのです。

本日は、世説新語に記された、知られざる三国志の夫婦の話をしてみましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事: 世説新語(せせつしんご)ってなに?初心者にこそ読んでほしい小説集




呉の孫秀、晋に降り司馬炎の側室の妹、蒯氏を妻とする

袁礼 孫権

 

呉の孫秀(そんしゅう)は字を彦才(げんさい)といい、

祖父の孫匡(そんきょ)は、孫策(そんさく)孫権(そんけん)の兄弟という王族です。

孫秀は、とても優秀な人物で前将軍として魏との国境である夏口を守っていました。

武力ばかりではなく人望も厚く、広く人々に慕われていたようです。

 

孫晧

 

ところが、264年、暴君、孫皓(そんこう)が即位すると

孫皓は人望が厚い孫秀を処刑しようと策をめぐらしたので、

危険を感じた孫秀は270年に一族を引き連れて晋へ亡命します。

 

司馬炎 はじめての三国志

 

晋の武帝、司馬炎(しばえん)は、この孫秀を個人的にも気に入り、

俸禄を与え驃騎(ひょうき)将軍に任命すると共に自分の側室の妹である

蒯氏(かいし)を嫁にやりました。

蒯氏と孫秀は仲睦まじい夫婦でしたが、ある時、蒯氏は嫉妬心から

孫秀と口げんかをしてしまい、孫秀を「ムジナ野郎」と罵ってしまいます。

 

孫秀は、それで激しく傷つき、また怒ってしまい、以来、

蒯氏の部屋に寄り付かなくなりました。

 

私達から見ればムジナ野郎程度でそんなに怒るか?と思いますが、

実はムジナとは、江南地方の人々への差別的な蔑称なのです。

孫秀は呉を捨てて晋に降った事を内心では恥じていたので、

その古傷を抉るような妻の言葉を許せませんでした。




後悔した蒯氏は司馬炎に仲裁を頼む

司馬炎に気に入られる孫秀

 

孫秀が部屋に来なくなった事で蒯氏は激しく後悔し始めます。

好きである余りに、つい悔しくて心無い言葉を投げてしまい

夫を傷つけてしまった事が分ったからです。

 

 

そこで、蒯氏は宮廷に出向いて、姉の夫にあたる司馬炎に、

夫婦喧嘩を仲裁してくれるように頼みに行きます。

 

司馬炎からすれば、自分が斡旋した縁談ですし、

側室の妹という身内の頼みですから放置もできません。

「朕に任せておけ」と快諾します。

 

かくして皇帝自ら、夫婦喧嘩の仲裁を引き受けるという、

不思議な事態が発生しました。

 

司馬炎、大赦を行い孫秀に話しかける

司馬炎

 

ちょうど、その頃、国で慶事があり、司馬炎は大赦を行います。

大赦というのは、捕まっている罪人の罪を減じて、軽い罪なら、

牢獄から出し、重い罪は罪一等を減じる行為です。

 

晋の郡臣は、皆、司馬炎に喜びの言葉を捧げて帰っていきますが、

司馬炎は、その中で孫秀だけを引き留めました。

 

司馬炎「彦才よ、今、世間では大赦がなって、多くの罪人が重荷をおろし、

晴々、のびのびとした心持ちでいる事であろう・・

どうか、お前を傷つけた罪の意識に思い悩んでいる蒯氏も、

大赦して、心穏やかにしてくれないだろうか?」

 

孫秀は、司馬炎自らが夫婦喧嘩の仲裁に乗り出した事に驚き、

同時に、自分達の事を考えてくれる帝の心に感じ入り、

蒯氏を許す事を約束しました。

 

こうして、孫秀と蒯氏は仲直りして、元のように

仲睦まじい夫婦になったという事です。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

日本では夫婦喧嘩は犬も食わないといい、他人が首を突っ込むものではないという

考えが一般的ですが、中国においては少し事情が違います。

中国においては、家庭生活の延長線の上に国家があると考えるので、

家庭生活が上手く行っていないという事は、そのまま国の乱れに繋がる

という考えが出てくるのです。

司馬炎の仲裁も、そういう伝統的な中国の国家観によるもので、

単純に司馬炎がお人好しだったからではないと思います。

 

ちなみに、蒯氏ですが、彼女の祖父は蒯良(かいりょう)といい

劉表(りゅひょう)に仕えていました。

その後蒯良は曹操(そうそう)に降伏して吏部尚書(りぶしょうしょ)まで

出世したそうです。

そして、その縁で孫娘が司馬炎の側室になり、自身も王室に連なるとは、

人生は不思議なものです。

 

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人

関連記事:【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 賈詡のせいで董卓死後、中華が戦乱に陥った!?
  2. 【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁…
  3. 【三国志とお金】曹洪のサイドビジネス三国時代の金融業はアコギだっ…
  4. 的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死
  5. 三国志の武将も勉強嫌いだったけど勉強したら進化を遂げた蒋欽と呂蒙…
  6. 【架空戦記】帝政ローマ軍と三国志軍が戦ったらどっちが勝つの?軍隊…
  7. 袁紹と張り合った袁術が滅亡した原因って一体何なの?
  8. 【転職面接を攻略】呂布、陳琳、孔明に学ぶ面接必勝法

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 張翼

おすすめ記事

  1. 【三国志平話】あの劉備親分がまさかの詩人キャラ
  2. 【1年3ヶ月ぶり】宇治一世 氏の朗読作品「耳で聞いて覚える三国志」の再開お知らせ
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【7/11〜7/17】
  4. 月刊はじめての三国志2017年9月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  5. 黥布(げいふ)とはどんな人?中国初!?顔に入れ墨を入れ歴史に名を刻んだ王
  6. 国士無双の韓信が滅びるきっかけを作ったのは劉邦のせいだった?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

kawauso編集長のぼやきVol.30「環境マネジメント」 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ! 周瑜はいかにして魯粛を呉に引き入れたのか? 「パチ感」の意味と曹豹が一騎討ちで張飛に勝つ方法 【三国志入門者向け】三国志の魏・呉・蜀を建国した君主っていったい誰? 井伊直弼の家系図は豪華絢爛! 【はじさん編集部】第2話 三国志なんか読むな!(泣)新橋の夜に吠える はじ三の犬達 【信長の野望】織田信長は、天皇家を取り込もうとしていた!?

おすすめ記事

  1. 孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した?
  2. 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【後半】
  3. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【成人編】
  4. 世説新語の「荀巨伯のお見舞い」の友情話が熱い!
  5. キングダム580話最新ネタバレ予想vol2鄴攻めは尻切れトンボ?
  6. 孫策涙目になるほどのフルボッコ!?小覇王をコテンパにした陳登
  7. 「耳で聞いて覚える三国志」をはじめました
  8. 野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り劇

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP