架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは?

この記事の所要時間: 250




正妃 卞夫人

 

華々しい合戦での活躍、鋭い神算鬼謀を駆使する三国志の英雄達も、

家に帰れば良き夫であり、良き父だった事に違いありません。

特に夫婦の間には、痴話喧嘩あり、美談ありと悲喜こもごもなのです。

本日は、世説新語に記された、知られざる三国志の夫婦の話をしてみましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事: 世説新語(せせつしんご)ってなに?初心者にこそ読んでほしい小説集




呉の孫秀、晋に降り司馬炎の側室の妹、蒯氏を妻とする

袁礼 孫権

 

呉の孫秀(そんしゅう)は字を彦才(げんさい)といい、

祖父の孫匡(そんきょ)は、孫策(そんさく)孫権(そんけん)の兄弟という王族です。

孫秀は、とても優秀な人物で前将軍として魏との国境である夏口を守っていました。

武力ばかりではなく人望も厚く、広く人々に慕われていたようです。

 

孫晧

 

ところが、264年、暴君、孫皓(そんこう)が即位すると

孫皓は人望が厚い孫秀を処刑しようと策をめぐらしたので、

危険を感じた孫秀は270年に一族を引き連れて晋へ亡命します。

 

司馬炎 はじめての三国志

 

晋の武帝、司馬炎(しばえん)は、この孫秀を個人的にも気に入り、

俸禄を与え驃騎(ひょうき)将軍に任命すると共に自分の側室の妹である

蒯氏(かいし)を嫁にやりました。

蒯氏と孫秀は仲睦まじい夫婦でしたが、ある時、蒯氏は嫉妬心から

孫秀と口げんかをしてしまい、孫秀を「ムジナ野郎」と罵ってしまいます。

 

孫秀は、それで激しく傷つき、また怒ってしまい、以来、

蒯氏の部屋に寄り付かなくなりました。

 

私達から見ればムジナ野郎程度でそんなに怒るか?と思いますが、

実はムジナとは、江南地方の人々への差別的な蔑称なのです。

孫秀は呉を捨てて晋に降った事を内心では恥じていたので、

その古傷を抉るような妻の言葉を許せませんでした。




後悔した蒯氏は司馬炎に仲裁を頼む

司馬炎に気に入られる孫秀

 

孫秀が部屋に来なくなった事で蒯氏は激しく後悔し始めます。

好きである余りに、つい悔しくて心無い言葉を投げてしまい

夫を傷つけてしまった事が分ったからです。

 

 

そこで、蒯氏は宮廷に出向いて、姉の夫にあたる司馬炎に、

夫婦喧嘩を仲裁してくれるように頼みに行きます。

 

司馬炎からすれば、自分が斡旋した縁談ですし、

側室の妹という身内の頼みですから放置もできません。

「朕に任せておけ」と快諾します。

 

かくして皇帝自ら、夫婦喧嘩の仲裁を引き受けるという、

不思議な事態が発生しました。

 

司馬炎、大赦を行い孫秀に話しかける

司馬炎

 

ちょうど、その頃、国で慶事があり、司馬炎は大赦を行います。

大赦というのは、捕まっている罪人の罪を減じて、軽い罪なら、

牢獄から出し、重い罪は罪一等を減じる行為です。

 

晋の郡臣は、皆、司馬炎に喜びの言葉を捧げて帰っていきますが、

司馬炎は、その中で孫秀だけを引き留めました。

 

司馬炎「彦才よ、今、世間では大赦がなって、多くの罪人が重荷をおろし、

晴々、のびのびとした心持ちでいる事であろう・・

どうか、お前を傷つけた罪の意識に思い悩んでいる蒯氏も、

大赦して、心穏やかにしてくれないだろうか?」

 

孫秀は、司馬炎自らが夫婦喧嘩の仲裁に乗り出した事に驚き、

同時に、自分達の事を考えてくれる帝の心に感じ入り、

蒯氏を許す事を約束しました。

 

こうして、孫秀と蒯氏は仲直りして、元のように

仲睦まじい夫婦になったという事です。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

日本では夫婦喧嘩は犬も食わないといい、他人が首を突っ込むものではないという

考えが一般的ですが、中国においては少し事情が違います。

中国においては、家庭生活の延長線の上に国家があると考えるので、

家庭生活が上手く行っていないという事は、そのまま国の乱れに繋がる

という考えが出てくるのです。

司馬炎の仲裁も、そういう伝統的な中国の国家観によるもので、

単純に司馬炎がお人好しだったからではないと思います。

 

ちなみに、蒯氏ですが、彼女の祖父は蒯良(かいりょう)といい

劉表(りゅひょう)に仕えていました。

その後蒯良は曹操(そうそう)に降伏して吏部尚書(りぶしょうしょ)まで

出世したそうです。

そして、その縁で孫娘が司馬炎の側室になり、自身も王室に連なるとは、

人生は不思議なものです。

 

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人

関連記事:【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活
  2. 若かりし曹操は熱血漢
  3. 本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説
  4. 実は笑い上戸のちっこいオッサン? 『曹瞞伝』に見る曹操像
  5. 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド
  6. あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬
  7. 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯
  8. 55話:劉表のお家騒動に巻き込まれて殺されかける劉備

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【はじめてのスキッパーキ】船乗り犬?それとも牧羊犬?意外に謎の多い犬種だった?【第2話】
  2. 国士無双の韓信が滅びるきっかけを作ったのは劉邦のせいだった?
  3. 【春秋五覇の一人】穆公のおかげで後進国からのし上がった西の国・秦
  4. 杜襲(としゅう)とはどんな人?住民と団結して劉表軍と戦った県長
  5. 【シミルボン】不老不死の為なら死んでもいい!寿命を縮めた曹操のデタラメ健康
  6. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志:前半戦のまとめその2(董卓君臨から官渡の戦いまで) 棗祇(そうし)とはどんな人?新しい兵糧収入法を考え曹操の覇業を支えた功臣 大阪城へいざ参らん!!黒田家元家老・後藤又兵衛 張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦った魏の猛将 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将 みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった! 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介 【はじ三の企画ができるまで〜制作の裏側少しだけ公開】

おすすめ記事

  1. 【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表者達
  2. 曹操の魅力とは?武将アンケート同立2位
  3. キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実在したの?
  4. 劉備は劉安という人物の妻を食べたの?食人文化と明清時代の風習
  5. 楊脩(ようしゅう)は何故、曹操に殺されたの?曹植と禰衡にも愛された才能の持ち主
  6. 【キングダム】羌瘣は戦死するの?それとも結婚?どんな最期を遂げるの?
  7. 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】
  8. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチが作ったものだった!?(HMR)

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP