キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【後半】




韓信

 

韓信(かんしん)は臨輜城を後にすると臨輜から数百キロ離れた場所にある即墨城へ入ります。

この城は春秋戦国時代後期の名将と言われる楽毅(がくき)の攻撃を耐え忍び、

その後斉復興への拠点として活躍した場所です。

この城へ入った韓信は漢王劉邦がどの場所に布陣しているのか探り当てるため調査を行います。

しかし韓信は中々漢王劉邦の居場所を突き止めることができずに苦戦しておりました。

そんな中、臨輜の戦いの情報が入ってきます。

臨輜城攻防戦は一進一退の攻防が続き、

田横がよく配下を掌握して戦っていることを知り大いに感心します。

そして韓信は漢王劉邦の居場所を探ること数十日。

ついに漢王劉邦の居場所を見つけます。

彼がいた場所は臨輜の近くにある城で千乗(せんじょう)と言われている土地に婦人しておりました。

この地は田横の兄貴分であった田栄(でんえい)、田儋(でんたん)が住んでいた土地であり、

彼らが反乱を起こし拠点でもありました。

この地にいることを知った韓信は、すぐに即墨の城を出て千乗へ向かいます。

 

前回記事:【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【前半】

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




電撃的な急襲作戦

韓信vs孔明12 韓信

 

韓信は歩兵を連れずに騎兵のみの編成で即墨城を出陣。

全速力で突っ走り、途中で幾度も休憩を挟みながら千乗へ向けてひた走ります。

この様子を観察して見ていた者が降りました。

彼らは騎馬隊の移動を見届けた後、すぐに馬に乗ってかけ去っていきます。

韓信は千乗の付近に到着すると自軍を数時間休ませ、千乗へ攻撃を仕掛けます。

この奇襲を知っていたのか漢王の軍勢は防備を固めていなかったかこともあり、

大混乱を引き起こします。

漢軍の兵士達を片っ端から討ち取っていく韓信軍ですが、

劉邦の姿は見つけることができずこの陣を破壊しつくした後、

撤退していくことになります。




劉邦はどこに

張良と項伯

 

なぜ劉邦は千乗にいなかったのでしょうか。

それは張良が放っていた調査集団のおかげです。

張良は韓信が臨輜にいないことを知ると彼がどこにいるのか調査部隊を大動員して

探し出します。

 

劉邦

 

しかし中々彼の姿を見つけることができずにいましたが、

風のような速さで千乗へ向かってくる騎馬集団が居るとの報告が入ります。

彼はこの中に韓信がいると確信し、本隊を移動させることを劉邦に進言。

劉邦は張良の進言を聞いてすぐに本隊を率いて千乗を後にします。

こうして韓信の攻撃を間一髪で避けた劉邦軍ですが、韓信に勝つ方法は見つかりませんでした。

 

名軍師同士の相談

陳平

 

陳平は張良に会うと「このまま韓信討伐に手こずっていては、

各地の反陛下の人々が集まって反乱を起こすかもしれないな。」と相談を持ちかけます。

張良も「そうだな。しかし打つ手はあるのか。」と聞き返します。

すると陳平は「和平を結んで、和平の調印を結ぶ際に韓信を捕らえて殺害するというのは

どうであろう。」と策を披露します。

張良は「無理だろう。今の韓信が和平に応じることなどないはずだ。」と反論。

陳平は「ではどうする。」と再び張良に聞き返します。

すると張良は「そうだな。」と少し部屋の中を歩き回った後

「こういうのはどうだ。」と陳平に考えた策を披露します。

張良が考えた策は劉邦を囮に使う作戦です。

彼は「斉は今首都・臨輜が包囲されているが、陥落する様子が一向に見られない。

また韓信軍も劉邦様を討ち取ることでこの戦を勝利へ導こうと確信した、

先日の奇襲攻撃が外れてしまい打つ手に困っているであろう。

こうした膠着している状態を打破するため、

まず劉邦様が諸将を率いて即墨城攻撃にむかってもらうしかない。

即墨城には大した兵力は残していないと調査した者から報告が入った。

それならばこちらから大軍を率いて即墨へ攻撃を仕掛ければ、

韓信を追い詰めることができるのではないか。」

陳平はこの作戦を聞くと「今はこれが一番最適かもしれないな」と張良の作戦を認めます。

そして二人はこの作戦を劉邦に伝えに行きます。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2 3

関連記事

  1. あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬
  2. 真・三國無双8 新キャラクターを大予想!西晋の新武将は、この二人…
  3. 【キングダムの登場人物の子孫達】東晋時代の王賁の子孫の政治手腕と…
  4. 実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介
  5. なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの?
  6. 【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ち…
  7. 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりや…
  8. 三国志の劉備が愛した4人の妻を紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 郝昭(かくしょう)は陳倉城で孔明を撃退した
  2. 井伊直政

おすすめ記事

  1. 127話:迫る第四次北伐と蜀の抱える二つの問題点
  2. 島津斉彬は幕末の天才藩主だった3つの理由
  3. 【センゴク】西の覇者毛利水軍vs織田水軍の戦い「木津川口の戦い」
  4. ビックリ!周倉は三国志平話では関羽に殉じていなかった
  5. 涼州兵も思わずニッコリ?曹操はユーモアに溢れていた
  6. 馬良(ばりょう)って何した人だっけ?意外な馬良の役割と任務に迫る!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 結婚を喜ぶ孫策

おすすめ記事

玉璽 吉川三国志にも劣らない!曹操が関羽を漢寿亭侯に任命した理由が粋すぎる! 【三国志の食事】劉備・曹操・孫権も食べていた!?三国時代の食事風景とは(デザートもあるよ) 鄧芝(とうし)ってどんな人?|敵国孫権に愛された蜀の名使者 明智光秀は妻一筋の愛妻家だった 沖田総司 幕末 沖田総司とはどんな人?本当にイケメンで彼女はいたの? ところで水滸伝って何?美味いの?中国の明の時代に完成した四大奇書 後継者を決めずにダラダラする袁紹 袁紹の評価が残念な6つの理由 もしも、曹丕が禅譲を要求せず後漢王朝が存続したら?

おすすめ記事

  1. 111話:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める
  2. 楊修と司馬懿の二人は優秀なアドバイザーだった理由とは? 司馬懿
  3. 【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ランキング
  4. 廬毓(ろいく)とはどんな人?曹氏三代に仕えた公平な人物
  5. 戦国大名が抱えていた忍者集団を紹介
  6. 夷陵の戦いを回避しようとしていた?孔明に比べて目立たない外交人・諸葛瑾の苦労
  7. 陸抗の子孫達も歴史に名を残した素晴らしい人材だった!?
  8. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どころ 三国志ライター黒田レン

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP