広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

はじめての変

【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【後半】

この記事の所要時間: 756




韓信

 

韓信(かんしん)は臨輜城を後にすると臨輜から数百キロ離れた場所にある即墨城へ入ります。

この城は春秋戦国時代後期の名将と言われる楽毅(がくき)の攻撃を耐え忍び、

その後斉復興への拠点として活躍した場所です。

この城へ入った韓信は漢王劉邦がどの場所に布陣しているのか探り当てるため調査を行います。

しかし韓信は中々漢王劉邦の居場所を突き止めることができずに苦戦しておりました。

そんな中、臨輜の戦いの情報が入ってきます。

臨輜城攻防戦は一進一退の攻防が続き、

田横がよく配下を掌握して戦っていることを知り大いに感心します。

そして韓信は漢王劉邦の居場所を探ること数十日。

ついに漢王劉邦の居場所を見つけます。

彼がいた場所は臨輜の近くにある城で千乗(せんじょう)と言われている土地に婦人しておりました。

この地は田横の兄貴分であった田栄(でんえい)、田儋(でんたん)が住んでいた土地であり、

彼らが反乱を起こし拠点でもありました。

この地にいることを知った韓信は、すぐに即墨の城を出て千乗へ向かいます。

 

前回記事:【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【前半】

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




電撃的な急襲作戦

韓信vs孔明12 韓信

 

韓信は歩兵を連れずに騎兵のみの編成で即墨城を出陣。

全速力で突っ走り、途中で幾度も休憩を挟みながら千乗へ向けてひた走ります。

この様子を観察して見ていた者が降りました。

彼らは騎馬隊の移動を見届けた後、すぐに馬に乗ってかけ去っていきます。

韓信は千乗の付近に到着すると自軍を数時間休ませ、千乗へ攻撃を仕掛けます。

この奇襲を知っていたのか漢王の軍勢は防備を固めていなかったかこともあり、

大混乱を引き起こします。

漢軍の兵士達を片っ端から討ち取っていく韓信軍ですが、

劉邦の姿は見つけることができずこの陣を破壊しつくした後、

撤退していくことになります。




劉邦はどこに

張良と項伯

 

なぜ劉邦は千乗にいなかったのでしょうか。

それは張良が放っていた調査集団のおかげです。

張良は韓信が臨輜にいないことを知ると彼がどこにいるのか調査部隊を大動員して

探し出します。

 

劉邦

 

しかし中々彼の姿を見つけることができずにいましたが、

風のような速さで千乗へ向かってくる騎馬集団が居るとの報告が入ります。

彼はこの中に韓信がいると確信し、本隊を移動させることを劉邦に進言。

劉邦は張良の進言を聞いてすぐに本隊を率いて千乗を後にします。

こうして韓信の攻撃を間一髪で避けた劉邦軍ですが、韓信に勝つ方法は見つかりませんでした。

 

名軍師同士の相談

陳平

 

陳平は張良に会うと「このまま韓信討伐に手こずっていては、

各地の反陛下の人々が集まって反乱を起こすかもしれないな。」と相談を持ちかけます。

張良も「そうだな。しかし打つ手はあるのか。」と聞き返します。

すると陳平は「和平を結んで、和平の調印を結ぶ際に韓信を捕らえて殺害するというのは

どうであろう。」と策を披露します。

張良は「無理だろう。今の韓信が和平に応じることなどないはずだ。」と反論。

陳平は「ではどうする。」と再び張良に聞き返します。

すると張良は「そうだな。」と少し部屋の中を歩き回った後

「こういうのはどうだ。」と陳平に考えた策を披露します。

張良が考えた策は劉邦を囮に使う作戦です。

彼は「斉は今首都・臨輜が包囲されているが、陥落する様子が一向に見られない。

また韓信軍も劉邦様を討ち取ることでこの戦を勝利へ導こうと確信した、

先日の奇襲攻撃が外れてしまい打つ手に困っているであろう。

こうした膠着している状態を打破するため、

まず劉邦様が諸将を率いて即墨城攻撃にむかってもらうしかない。

即墨城には大した兵力は残していないと調査した者から報告が入った。

それならばこちらから大軍を率いて即墨へ攻撃を仕掛ければ、

韓信を追い詰めることができるのではないか。」

陳平はこの作戦を聞くと「今はこれが一番最適かもしれないな」と張良の作戦を認めます。

そして二人はこの作戦を劉邦に伝えに行きます。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 鍾会(しょうかい)は何で反乱を起こしたの?魏のイケメン武将の独立…
  2. 三国志でイラク戦争を考えてみようじゃないか
  3. 曹操を好きになってはいけない6つの理由
  4. 三国大戦スマッシュ!(さんすま)とはどんなアプリゲーム?
  5. 意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?
  6. 劉備は旅好きだったのか!?北から南へ大移動の真相
  7. 嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせ…
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【11/7〜11/…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 102話:成長した張飛、計略で張郃を撃ち破る
  2. 第六天魔王・織田信長は本当に天下統一がしたかったの?
  3. 張楊(ちょうよう)とはどんな人?呂布を助けようとしためちゃくちゃ優しい人
  4. 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド
  5. 曹操が大好きだった忠義の人物を勝手にランキング化してみるよ
  6. 鄭渾(ていこん)とはどんな人?民衆の利益を第一に考えた魏の行政官

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【センゴク】浅井・朝倉の滅亡と羽柴秀吉の出世を徹底分析 三国志の時代のお茶は、全然人気が無かったってホント? 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十五話「おんな城主対おんな大名」の見どころ紹介 太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの? 顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代目丞相へ抜擢された政治家 妻子を人質に取られすぎな劉備 殷の紂王(ちゅうおう)とはどんな人?悪逆非道の限りを尽くした殷朝最後の帝辛 キングダムの昌平君(しょうへいくん)は、なぜ秦を裏切るの?実在した男の数奇な運命

おすすめ記事

  1. 三国志の時代、一番本を持っていた武将は誰だったの?
  2. 荀攸(じゅんゆう)ってどんな人?同族の荀彧の影に隠れた才能
  3. 【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけじゃない!!
  4. 【三国志の新事実】マジで!?蜀の天才丞相・諸葛孔明が沢山いた!
  5. 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド
  6. 秦の『外交』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?
  7. 劉巴(りゅうは)とはどんな人?天下に名声を轟かせた名士であるが、性格に難あり
  8. ゴールデンカムイネタバレ予想 130話 誘導灯

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP