三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!?

この記事の所要時間: 23




連幹の計 呂布 貂蝉

 

三国志演義にのみ出てきて、正史には存在しない美女、貂蝉(ちょうせん)

彼女が果たすのは、美女連環の計における美女の役割。言わばものすごく大事な役割です。

そんな彼女は、実は三国志演義以前――元の代に刊行された

『三国志平話』の頃から存在したということを、皆さんはご存知でしょうか?

『三国志平話』においても、貂蝉は美女連環の計の要の役割を果たします。

しかし、『平話』の貂蝉は王允の家の養女にして歌妓ではありませんでした。

なんと、呂布と臨チョウ府で離れ離れになってしまった、呂布の正妻だったのです。

では、何故呂布の正妻である貂蝉が、董卓と関係を持つに至ったのか。

このあたりは、私も『平話』原典を読んだわけではないのでハッキリしたことは言えませんが、

どうやら王允の家で世話になり、その関係で董卓と関係を持つに至ったようなのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




儒教の影響

孔子 儒教

 

では、何故『演義』の貂蝉は呂布の妻から王允宅の歌妓に変わってしまったのか。

それには、中国の儒教中心の考え方が影響しています。

儒教においては、妻が夫以外の男性と関係を持つのはもってのほかです。

これは不貞だと言われます(まあ現代日本でもそうですが……)

こんな不貞な、儒教に背いた女を、漢王朝のために尽くした人物には到底できない。

『演義』の作者の毛宗崗は、きっとそう考えたのでしょうね。




妻じゃなかったら、浮気してもいいの?

貂蝉 董卓 呂布

 

ここも気になるところだと思います。

まあぶっちゃけて言ってしまえば、当時の中国においては、

歌妓の地位なんてめちゃくちゃ低いです。

将軍の正妻とは雲泥の差です。まあだって、元来が売られた女なのですから、

日本の江戸時代の芸妓さんみたいなものだと思ってください。

だから、求められる倫理コードも、正妻と比べては、めちゃくちゃ低かったのです。

また、『演義』における貂蝉は、歌妓でありつつも、王允の養女という設定であります。

自分を実の娘のように育ててくれた人物のために、身も心も犠牲にする……

その姿勢こそが、儒教で言う「孝」だと、毛宗崗は考えたのでしょうね。

 

関連記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

 

まとめてみると

三国志平話

 

つまり、『三国志平話』の方だと、貂蝉が美女連環の計に加わることによって、

董卓は倒すことができますが、

同時に功労者である貂蝉は不貞を働くようなけしからん女になってしまいます。

これでは、作品内で大きな矛盾を生んでしまいます。

それに比べて、『三国志演義』の方では、貂蝉は王允に育てられたら歌妓。

求められる倫理コードは正妻よりずっと低いし、

むしろ「自分を娘のように育ててくれた王允のために自らを犠牲にしてまで孝を尽くした立派な女」

ということになりますから、かえってプラスに働くのです。

 

関連記事:三国志平話って何?三国志演義の元ネタ

 

史実としては……。

呂布 バックブリーカー

 

史実としては、董卓と呂布の間には確かに女性を巡る諍いがあり、

それが原因で呂布は董卓に離反したようですが、

美女連環の計のようなたいそうなことはなかったようです。

ちなみにこの部分の描写は、作家によって、

貂蝉を登場させる作家から完全にフィクションを描く作家(北方謙三など)、

貂蝉から呂布への恋愛観感情を描く場合(ドラマthe Three Kingdomなど)など、

様々なパターンがあります。

そこを読み比べてみても、なかなか楽しいかもしれません。

 

関連記事:北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ!

関連記事:悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?

 

三国志ライター・秋斗のつぶやき

秋斗

 

というわけで、今回は貂蝉について書かせてもらいました。

この三国志女性列伝シリーズは、不定期に更新される予定です。

男は何人もの女とも結婚してよいのに、女は謀略のためでも姦通のためなど、もってのほか。

ただし歌妓はそれが目的のようなものだから許される。

何とも男尊女卑的な世の中だなあと、私なんかは腹が立ってしまいます。

儒教は結構女性蔑視なところがありますよね。

三国時代に生まれなくて良かった……としみじみと思う秋斗でした。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

草津仁秋斗

草津仁秋斗

投稿者の記事一覧

■自己紹介:

三度の飯より歴史と本が好きな三国志女です。

イチオシは周瑜さま。周家の家人になって周瑜さまのおはようからおやすみまでを見つめたい日々です。

■好きな歴史人物:

周瑜、項羽、土方歳三、今井四郎兼平

■何か一言:

数少ないかもしれない女ライターですが、女ならではの視点でやっていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします!

関連記事

  1. 蜀の勇将・姜維は司馬昭に嵌められ無念の最期を遂げる?
  2. 見た目で比較してもいいですか?曹操とナポレオン
  3. 空城の計って何?門を開けて敵軍をお出迎え?
  4. 偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?
  5. 「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼よ…
  6. ブサメン軍師、龐統(ほう統)|鳳雛と呼ばれたホウ統
  7. 集まれ、団子三兄弟!劉備の息子たち
  8. 費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将
  2. 国士無双の韓信が滅びるきっかけを作ったのは劉邦のせいだった?
  3. 賈逵(かき)ってどんな人?地味で目立たないが、居ないと困る魏の将軍
  4. なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活
  5. 張羨(ちょうせん)とはどんな人?天下分け目の荊州合戦、劉表と争った南郡の支配者
  6. え?劉備は意外にも経済に明るい人物だった?孔明の北伐が継続できたのは劉備のおかげ!?

三國志雑学

“劉備漫画"

ピックアップ記事

おすすめ記事

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第6部 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第11部 諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで? 【シミルボン】戦だけが能じゃない?三国志の英雄達を詩で比較してみたよ! よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統 77話:老将黄蓋、身体を痛めつけて曹操を欺く 三国志の時代に象兵はいたの? 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い

おすすめ記事

  1. 韓玄(かんげん)とはどんな人?劉備に降伏した長沙太守
  2. 『はじめての三国志』の楽しみ方~その1
  3. 鮑信(ほうしん)とはどんな人?自らの命を犠牲にして曹操を助けた曹操の数少ない友人
  4. 【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後に蒙恬(もうてん)一族が滅びる理由とは?
  5. 軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/5〜12/11】
  7. 130話:孔明無言の帰還と魏延の最後
  8. テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す!

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP