よかミカンの三国志入門
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【武器】三国志時代やキングダム時代に活躍した鉤鑲や馬甲

この記事の所要時間: 249




三国志 武器

 

三国志の武将達は、個性豊かな武器を使って戦場を往来しておりましたが、

兵士達はどのような武器を使って戦っていたのか気になりませんか。

今回ははじさんでも依然取り上げている武器のほかにも

様々な武器があることが分かりましたのでご紹介していきたいともいます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




鉄の鈎鑲

石弓兵強い 袁紹

 

三国時代には弩(いしゆみ)や戟(げき)などの武器を持って歩兵は戦いに参加しておりました。

しかし三国志には歩兵が携行した武器の中には皆さんが知らない隠れた物がありました。

その一つが鉄の鈎鑲(てつのこうじょう)と呼ばれる武器です。




鉤鑲とはどういった武器なのか

鈎鑲 引用

(画像引用元:匈奴的噩夢

 

さて鉄の鉤鑲とは一体どのような武器で、どういった用途があるのでしょうか。

まず鉄の鈎鑲は春秋戦国時代から普及していた武器で、

長さは大体70センチ程の長方形の盾で、

盾の上下に30センチほどの突起物がついております。

そして盾の裏面には持つための取っ手が付いております。

さてこれをどのように使って戦うのでしょうか

 

刀とセットで使うことで威力を発揮

鉤鑲 引用

(画像引用元:談古兵器鉤鑲與鉤拒)

 

この鈎鑲は刀とセットで使うことで非常に有効な物になります。

まず盾を片方の手でもって、もう片方の手には刀を持ちます。

某モンスター狩りのゲームの武器である片手剣を

イメージしていただけたら分かりやすいと思います。

そして敵と遭遇すると片方の手に持っている鈎鑲を盾として敵の攻撃を防いでいる間に、

もう片方の手に持っている剣で相手に突き刺すなり、斬り付けることで攻撃を行います。

攻守両方を兼ね備えた武器であり、

三国時代にはかなりの量が出回っていたそうです。

 

関連記事:これは意外!?三国志時代では戦争の必需品だった短刀

関連記事:英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析

 

馬も防具を付けて戦場へ赴く時代

騎馬兵にあこがれる歩兵

 

三国時代の戦では奇襲を行う場合など兵士は軽装で戦うこともありましたが、

基本は鎧を付けて敵の攻撃から身を守っておりました。

しかし兵士だけが鎧を付けて戦いに参加していたわけではありません。

馬も鎧を付けて戦いに参加する時代でした。

 

関連記事:三国志時代の兵士はどうやったら憧れの騎馬兵になれたの?当時の馬事情を徹底紹介!

関連記事:そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる!

 

馬専用の鎧「馬甲」

騎馬兵 三国志

 

騎馬隊は鞍を馬に乗せてそのまま敵陣へ攻撃をかけてしまうと、馬が死傷してしまいます。

馬を生産するには刀や槍のように作ればいいというものではなく、それなりの年月を要します。

そのため馬の身を守るために馬甲(ばこう)が開発されます。

馬甲は春秋戦国時代において開発されており、

戦車を引っ張る役目であった馬が弓矢などで亡くなると戦車に乗っていた

人が外へ放り出されて亡くなる可能性があるため、

馬を敵からの弓矢などから身を守るために作られたとされております。

キングダムでは魏の戦車隊の騎馬隊は馬甲を装備していますね。

しかし馬甲は結構な重量であるため、馬の速度が低下する難点がありました。

そのため三国志の時代では騎馬隊の機動力の低下を防ぐために、

薄い鉄で馬甲を作ることで馬の機動力低下を防いでおりました。

 

曹操が開発した巨石を飛ばす「発石車」

発石車 曹操

 

曹操は官渡の戦いの時、官渡城へ籠城して袁紹からの攻撃を防いでおりました。

袁紹はこの時城壁の中にいる兵士を弓矢で殺すため、城壁を超える高い櫓を組み立てて

城内に弓矢を大量に射こむことに成功します。

そのため曹操軍は城内に居るのに袁紹軍からの弓攻撃を受けて、死傷者が続出してしまいます。

曹操は袁紹軍のこの攻撃をやめさせるためどうすればいいのか必死に考えます。

その結果思いついたのが巨石を飛ばして

櫓を破壊してしまえばいいのではないかという考えにたどり着きます。

そして彼は巨石を敵陣へ放り込むため、テコの原理を応用して石を飛ばします。

この兵器は春秋戦国時代にはすでにありましたが、曹操はこの発石車を移動可能にします。

発石車を移動可能にすることで袁紹軍のやぐらを狙い撃ちにすることができ、

この発石車のおかげで袁紹軍の超高いやぐらを破壊することに成功します。

 

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何?

 

三国志ライター黒田廉独り言

黒田廉

 

三国志に登場している武器は、春秋戦国時代で使われた物を改良して使っている物が多く、

孔明や馬鈞(ばきん)は弩などを改良して、兵士達が有利に戦えるようにします。

三国志の英雄や武将に着目するのも非常に面白いですが、

こうした兵士などの武器に着目することで、

当時の戦い方などを少しは知れるのではないのでしょうか。

「今回の三国志のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃ~またにゃ」

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 父・信玄を超えるために武田勝頼が行った政策って何?
  2. 【光武帝の伝説の戦い】劉秀の評判がこんなにも高い秘密はここにあっ…
  3. 簫何(しょうか)とはどんな人?内政なら私にお任せ!影で劉邦を支え…
  4. 銭大昕ってどんな人?経学考証の手法を史学に応用した博学の人
  5. 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも…
  6. 【食客には無駄な人材はいない!!】孟嘗君の脱出劇が名言として登場…
  7. かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生
  8. 口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 馬に乗って単身荊州へ赴く劉表

おすすめ記事

  1. 【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後
  2. 三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?
  3. 許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論
  4. 【食客には無駄な人材はいない!!】孟嘗君の脱出劇が名言として登場
  5. 【孔門十哲】顔回(がんかい)とはどんな人?孔子が最も愛した弟子
  6. 【記事の見落としゼロ】はじ三配信スケジュールサービス開始

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 結婚を喜ぶ孫策

おすすめ記事

【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず 【はじめての孫子】第10回:九変の利に通ずる者は、兵を用うることを知る 要離(ようり)とはどんな人?呉王・闔廬の為に身命をとした刺客 劉備にカリスマ性があったの?三国志の英雄・劉備玄徳のカリスマの真実 若かりし曹操は熱血漢 【衝撃の事実】董允がいたからこそ蜀は滅亡から逃れた! 三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法 【第3回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】三国志好きならニヤリとする数々のイベントを紹介!

おすすめ記事

  1. 【三国志RPG】DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)第1回 ドラゴンブレイドを攻略挑戦
  2. 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.3【完】
  3. アンゴルモア元寇合戦記の鎌倉時代の出来事は? 鎌倉時代の侍
  4. 【男の嫉妬は怖すぎる】スーパーエリート袁術 VS スター劉繇(りゅうよう)
  5. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運のアドバイザー
  6. 曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る
  7. 袁術祭り秘話|袁術をkawausoが取り上げた理由
  8. どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP