朝まで三国志悪
広告




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの?

この記事の所要時間: 254




賈詡

 

物事を善悪で判断するのはよくある話です。

現在の世の中でも至る所で悪ははびこっていますし、それに負けまいとする正義も公然と存在します。

歴史も同じように善悪で評価を受けます。善の歴史と悪の歴史です。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情




悪と正義

曹操と劉備

 

おそらく、多くの民衆が平和に暮らせる時代が善の歴史であり、

悪政によって民衆が支配され、摂取される時代が悪の歴史なのでしょう。

基本的には悪人が台頭して悪の歴史が作られ、

人徳の主が政治を行って善の歴史が積まれるという形ではないでしょか。

悪人=悪の歴史、善人=善の歴史というわけです。

 

関連記事:曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について

関連記事:決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選




なぜ悪人が台頭できるのか

李儒

 

そもそもなぜ悪人が政治の主役、つまり社会の頂点に上り詰めることができたのでしょうか。

犯罪者集団や組織のなかであれば話はわかりますが、一般の社会ではなかなか想像しにくい話です。

現在社会もそうですが、世界はときに改革を必要とします。

破壊と再生です。この繰り返しで人間社会は進化してきました。

破壊はひとを傷つける場合が多いです。ときに多くのひとを殺します。

どんなときに改革のスイッチが押されるのでしょうか。

それは社会が低迷しているときです。

民衆が貧困にあえいでいるとき、政治は正義よりも力を要求されるのです。

力とは、戦争や侵略、貧困を生み出した政治の抹殺を指します。

 

李儒の活躍した背景

李儒と董卓

 

後漢末期の時代、政治の頂点に辿り着いたのが董卓(とうたく)です。

董卓は非道すぎるほどの暴力で改革を推し進めていきました。

見せしめに殺されたものも多くいたと伝わっています。

その董卓のブレーンを務めたのが李儒だとされています。

つまり悪の歴史を作り上げた董卓の協力者であり、黒幕的な存在です。

改革のための生贄となる対象は民衆や官吏だけではなく、皇帝すらも該当しました。

 

小帝と董卓

 

ときの皇帝である後漢第十三代皇帝・少帝は、この李儒によって毒殺されたといわれています。

このときは、宦官や外戚によって腐敗政治が横行していた時代です。

民衆は悪政と飢饉、反乱などで衰退しきっていましたから、誰かが改革をしなければなりませんでした。

長く続いた悪政の根っこは深く、解決には凶刃が必要とされたのでしょう。

董卓と李儒は己の正義を貫くため、情け容赦なく実行に移します。

 

関連記事:李儒(りじゅ)とはどんな人?董卓の恐怖政治を参謀として支えた謎の軍師

関連記事:実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる

 

董卓は極悪人なのか

戦え于禁㈪02 董卓

 

つまり董卓が出現する以前に、民衆が泣き叫び、死に絶えるような政治が存在していたのです。

董卓がわかりやすく激しい悪であるならば、それまでの政治は静かな悪です。

静かな悪に手を染めた多くの人間は圧倒的多数であるために罪悪感は希薄だったのではないでしょうか。

董卓を三国志一の悪と決めつける風潮がありますが、それだけで片づけるわけにはいきません。

見えにくいだけで狡猾な悪人はたくさんいたのですから。

董卓はそんな時代を破壊した、という功績があります。

 

 

功績と呼ぶと怒られるかもしれませんが、

それほどインパクトのある暴力をもって対処しない限り改革は難しいものだったのでしょう。

ある側面から考えると、董卓も李儒も正義だったのかもしれません。

 

関連記事:善悪関係なし!6人の君主を渡り天寿を全うした軍師賈詡の生涯!

関連記事:こんな立派な悪党は藏覇(ぞうは)ぐらい!鬼神呂布に勝ち曹操を感激させた漢の生涯

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

三国志には「正義=劉備」というイメージが未だに色濃く残っています。

それに敵対するような関係になる「董卓や曹操=悪」というわかりやすい解釈です。

話はその方が面白いのかもしれません。感情移入もしやすいですし、盛り上がりもあります。

ただし、三国志の奥深さはそれだけでは語れません。それは人間社会も同様です。

董卓・李儒無くして悪政の破壊はなく、

再生となる三国志の時代も幕開けしなかったのではないでしょうか。

巨大な悪を改革で倒したスーパーヒーロー董卓と李儒。さすがにそこまで言うと言い過ぎですね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1

関連記事:はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

 

よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 孔明の北伐が成功したら三国志どうなったの?
  2. 趙雲は何で新参者の馬超や黄忠や魏延よりも位が低いの?
  3. なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占い…
  4. 【匡亭の戦い】曹操が黄巾百万を降した奇跡が袁術の関東統一のチャン…
  5. 権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じ…
  6. 【ネコ派必見】猫にまつわる中国史の逸話!古代漢民族は無類の猫好き…
  7. 仰天!三国志の時代にはナビゲーション技術があった!?
  8. 怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?
  2. どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る
  3. 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピソードも紹介!
  4. 嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせる
  5. レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見どころ紹介

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

「はじめての三国志」のロゴが完成しました 【キングダム533話】キングダム休載の理由を考える 【新事実】夷陵の敗戦は荊州出身者への忖度の結果だった! 袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧しいが性根の優しい人物Part.1 【匡亭の戦い】曹操が黄巾百万を降した奇跡が袁術の関東統一のチャンスを失ってしまう 劉備と豊臣秀吉はどっちがスゴイの?英雄の比較 【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?

おすすめ記事

  1. 【男の嫉妬は怖すぎる】スーパーエリート袁術 VS スター劉繇(りゅうよう)
  2. キングダム強さランキング、誰が強いか議論で決めようぜ!
  3. 世界初の外科手術を行った?華佗とはどういう人物だったか
  4. よく考えてみると劉備は反董卓連合に参加していないのでは!?
  5. 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?
  6. 58話:水鏡先生曰く、劉備に足りない人物って誰の事?
  7. 王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たした名官僚
  8. 【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP