呂布特集
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの?

李儒と董卓




賈詡

 

物事を善悪で判断するのはよくある話です。

現在の世の中でも至る所で悪ははびこっていますし、それに負けまいとする正義も公然と存在します。

歴史も同じように善悪で評価を受けます。善の歴史と悪の歴史です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情




悪と正義

曹操と劉備

 

おそらく、多くの民衆が平和に暮らせる時代が善の歴史であり、

悪政によって民衆が支配され、摂取される時代が悪の歴史なのでしょう。

基本的には悪人が台頭して悪の歴史が作られ、

人徳の主が政治を行って善の歴史が積まれるという形ではないでしょか。

悪人=悪の歴史、善人=善の歴史というわけです。

 

関連記事:曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について

関連記事:決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選




なぜ悪人が台頭できるのか

李儒

 

そもそもなぜ悪人が政治の主役、つまり社会の頂点に上り詰めることができたのでしょうか。

犯罪者集団や組織のなかであれば話はわかりますが、一般の社会ではなかなか想像しにくい話です。

現在社会もそうですが、世界はときに改革を必要とします。

破壊と再生です。この繰り返しで人間社会は進化してきました。

破壊はひとを傷つける場合が多いです。ときに多くのひとを殺します。

どんなときに改革のスイッチが押されるのでしょうか。

それは社会が低迷しているときです。

民衆が貧困にあえいでいるとき、政治は正義よりも力を要求されるのです。

力とは、戦争や侵略、貧困を生み出した政治の抹殺を指します。

 

李儒の活躍した背景

李儒と董卓

 

後漢末期の時代、政治の頂点に辿り着いたのが董卓(とうたく)です。

董卓は非道すぎるほどの暴力で改革を推し進めていきました。

見せしめに殺されたものも多くいたと伝わっています。

その董卓のブレーンを務めたのが李儒だとされています。

つまり悪の歴史を作り上げた董卓の協力者であり、黒幕的な存在です。

改革のための生贄となる対象は民衆や官吏だけではなく、皇帝すらも該当しました。

 

小帝と董卓

 

ときの皇帝である後漢第十三代皇帝・少帝は、この李儒によって毒殺されたといわれています。

このときは、宦官や外戚によって腐敗政治が横行していた時代です。

民衆は悪政と飢饉、反乱などで衰退しきっていましたから、誰かが改革をしなければなりませんでした。

長く続いた悪政の根っこは深く、解決には凶刃が必要とされたのでしょう。

董卓と李儒は己の正義を貫くため、情け容赦なく実行に移します。

 

関連記事:李儒(りじゅ)とはどんな人?董卓の恐怖政治を参謀として支えた謎の軍師

関連記事:実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる

 

董卓は極悪人なのか

戦え于禁㈪02 董卓

 

つまり董卓が出現する以前に、民衆が泣き叫び、死に絶えるような政治が存在していたのです。

董卓がわかりやすく激しい悪であるならば、それまでの政治は静かな悪です。

静かな悪に手を染めた多くの人間は圧倒的多数であるために罪悪感は希薄だったのではないでしょうか。

董卓を三国志一の悪と決めつける風潮がありますが、それだけで片づけるわけにはいきません。

見えにくいだけで狡猾な悪人はたくさんいたのですから。

董卓はそんな時代を破壊した、という功績があります。

 

 

功績と呼ぶと怒られるかもしれませんが、

それほどインパクトのある暴力をもって対処しない限り改革は難しいものだったのでしょう。

ある側面から考えると、董卓も李儒も正義だったのかもしれません。

 

関連記事:善悪関係なし!6人の君主を渡り天寿を全うした軍師賈詡の生涯!

関連記事:こんな立派な悪党は藏覇(ぞうは)ぐらい!鬼神呂布に勝ち曹操を感激させた漢の生涯

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

三国志には「正義=劉備」というイメージが未だに色濃く残っています。

それに敵対するような関係になる「董卓や曹操=悪」というわかりやすい解釈です。

話はその方が面白いのかもしれません。感情移入もしやすいですし、盛り上がりもあります。

ただし、三国志の奥深さはそれだけでは語れません。それは人間社会も同様です。

董卓・李儒無くして悪政の破壊はなく、

再生となる三国志の時代も幕開けしなかったのではないでしょうか。

巨大な悪を改革で倒したスーパーヒーロー董卓と李儒。さすがにそこまで言うと言い過ぎですね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1

関連記事:はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

 

よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. はにゃ?これ名詩なの?三国時代の詩が難解すぎる件
  2. 歴史書によく出てくる「尚書」って何?女の尚書もいた!?
  3. 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操 こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【前半】
  4. 実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由
  5. 騎馬兵にあこがれる歩兵 【三国志演義】赤壁の戦いはどこまで実話なの?
  6. 張飛にお酒はだめだよ 【中国の杯】三国時代ではどこで酒宴していたの?杯について徹底解説…
  7. 袁紹モグラ作戦 官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」っ…
  8. 司馬懿は何で諸葛亮宛に黄権を好評した手紙を送ったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 大喬と小喬
  2. 幻の1940年の東京五輪 いだてん
  3. 赤兎馬にまたがる呂布
  4. 袁術
  5. 赤井直正
  6. 成廉、魏越、呂布

おすすめ記事

  1. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3 楊奉
  2. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.2 はじめての三国志 画像準備中
  3. キングダム599話ネタバレ予想vol2「藺相如の中華統一発言はどこが凄いの?」 キングダム54巻amazon
  4. 島津斉彬(しまづなりあきら)はどんな人?西郷隆盛と大久保利通を育てた名君 島津斉彬
  5. 橋本左内の書籍にはどんなものがあるの?
  6. 【真田丸特集】劉備に忠誠を誓った趙雲と豊臣家に忠義を尽くした・毛利勝永との共通点を探れ!

三國志雑学

  1. 魏延の謀反を察する孫権
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 織田信長
  2. キングダム
  3. マラソン日本代表として走る中村勘九郎 いだてん
  4. 劉備を僻む袁術
  5. 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)
  6. キングダム52巻

おすすめ記事

曹操は最初から荀彧を遠ざけていた!?原因は強烈なニオイ 『李傕・郭汜祭り』の電子書籍出版のお知らせ 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝) 【はじめての水滸伝】主役級を一挙公開、これが好漢だ! 関羽に無視される孫権 樊城の戦いの始まり、その原因は関羽に合ったって本当? 潼関の戦いに参加した異民族、阿貴と千万とはどんな人? 南蛮胴を身に着けた織田信長 織田信長は天下統一までに何をしてきた? 関銀屏 関銀屏(かんぎんぺい)とはどんな人?まさに三国志界のジェダイの騎士 李儒と三国志 キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP