編集長日記
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志時代の大晦日が楽しそう!プレゼント交換、友達と夕食や夜更かし

この記事の所要時間: 320




はじめての三国志

 

本日はいよいよ、大晦日、2016年も残り僅かでオシマイですね。

kawausoは、どちらかというと正月より大晦日のわくわく感が好きです。

人が忙しそうに動きまわり活気がある街中を歩くと嬉しくなります。

 

朝まで三国志 kawauso

 

そして、そんな現代人のわくわく感は、三国志時代も同じだったようです。

2016年、最期のはじさんは、三国志時代の大晦日を解説します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




大晦日には、プレゼント交換をしていた

曹操 関羽LOVE

 

三国の呉の武将で西晋にも仕えた周処(しゅうしょ)という人は、

若い頃、大変な乱暴者で村人から忌み嫌われ、人食い虎、

河に住む蛟(みずち)と並んで、「三害」と呼ばれる程でした。

 

しかし、年長になって悔い改め、その武勇を磨いて、

呉の近衛兵長である無難督(ぶなんとく)まで務めています。

彼は、文人でもあり「風土志」という当時の呉の社会風俗を記した

本を残していました。

 

それによると、三国志の時代の大晦日(中国では徐夕:じょせき)の夜には、

餽(き)と呼ばれるプレゼント交換会があったという記述が残っています。

呉将の陸遜(りくそん)周瑜(しゅうゆ)黄蓋(こうがい)なども、

集まってプレゼント交換をしたのでしょうか?

想像してみると、随分、にぎやかな感じですね。

 

魯粛、周瑜、袁術

 

見栄っ張りの袁術(えんじゅつ)などは、余程立派な贈物をしそうですが、

ろくな贈物があたらず落胆しそうです。




大晦日の晩には、お互いに夕食に友人を招いた

陳平

 

また、同じ風土志には、大晦日の日には、友人同士で、

お互いの夕食に招いたという記述があります。

これは、別歳(べつさい)と呼ばれ、歳に別れを告げるという意味です。

さらに、これが終わると、年配者と若年者が集まり、年越しまで

酒を飲みながら賑やかに過ごす、「分歳」があります。

 

曹操 劉備 呂布 酒

 

面白いのは、この頃から、大晦日は眠らないでぶっ通しで起きる方が

悪疫を払い、長寿が出来て縁起がいいという習慣があったという事です。

だから、全員が大酒を飲んで、騒ぎ続け眠らずに朝まで起きるという

習慣になり、それを守歳と呼んでいました。

 

こうして、見ると、現代日本とあまり変わりませんね、

当時から、お祭り騒ぎをしながら、仲間や家族とわいわいやり、

寝不足でハイテンションになりながら、新年を迎えていたのです。

 

また縁起担ぎであれば、当然、子供も起きられるのであれば、

起きて大丈夫という事なので、普段と違って、夜更けまで大人が

起きて賑やかにしているのを見て、当時の子供達もテンションが

上ったのかも知れません。

 

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

関連記事:【中国の杯】三国時代ではどこで酒宴していたの?杯について徹底解説

 

守歳の良い話

関羽

 

中国では、守歳は、一日が二年にまたがる特別な日であり、

その日を家族や友人と共に過ごす事が重要視されていました。

 

また、この日は人情を厚くするべき祝日とされていて、

人に優しくしなければいけない日でもありました。

 

罪人

 

なので、大晦日には、特別に牢獄に収監されている罪人を牢から出し、

正月が終わるまでは、家族と守歳を過ごさせてやるという

温情措置が度々取られたようです。

 

ただ厳しいだけではない、三国志の時代の人情が伝わる良い話ですね。

 

関連記事:こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎた…当時の刑罰も合わせて紹介

関連記事:三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだった

 

大晦日の夜に食べる年夜飯

孫権と劉備と曹丕

 

また、大晦日の晩には、家族が集まり、年夜飯という

日本のおせちのような料理を食べる風習がありました。

ここでは、主に魚と餃子が出るのだそうですが、

資料不足で、こちらが三国志時代からの習慣かどうかは分りません。

 

魚は、中国語では「ユ」と読むのですが、これは余(よ)に繋がり、

お金が余る程儲かるという縁起を担ぐ意味であったようです。

 

これも、日本のお節料理と同じで、数の子が子孫繁栄、

昆布がよろこんぶなど、語呂で縁起を担いでいるんですね。

 

関連記事:なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

 

三国志ライターkawausoの大晦日の挨拶

kawauso

 

さあ、激動の2016年もいよいよ終わりになりますね。

まぁ、はじめての三国志には、お正月休みはなく、

また新年から記事を配信しますが(笑)

 

それは、さておき旧年中は、読者の皆様には大変お世話になりました。

 

これという近況報告をしていない事から、はじさんは大丈夫か?

行き詰っていないか?できるだけ記事の更新を続けて欲しいなど、

はじめての三国志を心配するメッセージも頂いておりますが、

ご心配なく、毎日、毎日、着実に成長を続けておりますよ。

 

来年度も、旧年以上にスタッフ一同、奮起し、面白い記事、

笑える記事、泣ける記事、トリビア記事などを次々配信しますので

新年も皆様の変わらぬご声援と1クリックをお願い申しあげます。

 

読者の皆様の新年が素晴らしいものである事をご祈念しつつ・・

2016年12月31日 kawauso

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【権力を巡る兄弟の確執】曹丕&曹植 VS 後白河天皇&崇徳天皇
  2. あの光武帝がダジャレ大好き!?初陣で早くもギャグをかます劉秀に萌…
  3. 122話:孟達の心変わり!孔明の失敗と司馬懿の復活
  4. キングダムの史上最悪の宦官、趙高(ちょうこう)はどうやって浮き上…
  5. 85話:曹操を油断させた潼関(どうかん)の大勝利
  6. 【3分でわかる】魏・蜀・呉はどうやって兵力を手に入れていたの?
  7. 偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計
  8. 曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 白馬寺とは何?洛陽にある中国最古のお寺は白馬が経典を運んだ!
  2. 後藤又兵衛(後藤基次)はどんな最期を遂げるの?
  3. 平原君(へいげんくん)ってどんな人?欠点多いけど結果オーライ!人間臭い趙の英傑
  4. 華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?
  5. 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】
  6. 41話:いつかは去りゆくと知っていながら関羽を厚遇した曹操

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生 曹操って孫子の兵法書を編集した人だけど兵法を使って戦ったことあるの? これは凄い!司馬尚・龐煖のシバケンコンビがオルド将軍を撃ち砕く? 北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ! 【キングダム】かわいいと話題の楊端和(ようたんわ)の強さは異常!男を惑わす小悪魔に迫る! 40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!? はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 劉備玄徳 【完005】

おすすめ記事

  1. 漢帝国樹立に尽くした名軍師・張良は仙人になるために◯◯を取り入れていた!
  2. 三国志:前半戦のまとめその2(董卓君臨から官渡の戦いまで)
  3. 三国天武とはどんなアプリゲーム?
  4. ところで水滸伝って何?美味いの?中国の明の時代に完成した四大奇書
  5. 毛利家を守るために小早川隆景の苦渋の決断とは?
  6. 規制緩和は正しいの?2100年前の中国で起きた経済論争
  7. 乱世の女は強かった!女城主直虎以外の女傑を紹介
  8. はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP