ログイン | 無料ユーザー登録


呂布特集
馬超


はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!?

嬴政(始皇帝)


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

キングダム 政

 

古代中国史の漫画で今一番人気を博しているのはキングダムで間違えないでしょう。

この漫画は古代中国の戦国時代末期に生まれた秦国出身の李信が、

大将軍となって天下統一するまでのお話です。

最終的には政が天下統一することと李信が大将軍となって戦場で活躍することで

物語は落着するでしょう。

しかしここで疑問なのは秦の王様政を取り巻く各国は強国であり、いくら李信や他の将軍たちが

強いと言っても簡単に強国たち討ち滅ぼすことはできません。

では一体何が原因で秦は天下統一することができたのでしょう。

外部的な要因として私が推察したのは東方の強国である斉に着目しました。

なぜ斉なのか。

今回はレンの推測ですがご紹介したいと思います。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発


秦の天下統一の原因は斉にありその1:長平の戦いで援軍を送ることをしなかったから

 

趙が長平で秦の大軍とやりあっていました。

この戦いの原因は戦国四君のひとりである平原君が原因で起きた戦いなのですが、

趙はこの戦いが始まった時、実は援軍を頼んでおりました。

援軍を頼んだ国は趙の近くにある大国・斉です。

斉は趙から援軍要請を受けると斉王・建は援軍要請を断ってしまいます。

斉王が援軍要請を断ったと聞いた家臣の一人が

「なぜ趙へ援軍を送らないのですか。もしこの戦いで趙が滅びてしまえば次に危ないのは

我が国になるのですよ。取り返しがつかなくなる前に早く援軍を送ってください。

今ならまだ間に合います。」と進言しますが、斉王は全くこの進言を聞くことをしませんでした。

その原因は一体何なのでしょう。


趙に援軍を贈らなかった理由とは・・・・

キングダムと三国志

 

私が考えるに斉の国力が完全に回復していなかったことが原因にあるのではないかと考えます。

斉は斉王・建が王様になる前に燕の名将・楽毅(がくき)率いる連合軍の攻撃を受けて、

滅亡寸前にまで追い込まれてしまいます。

しかし田単(でんたん)という名将の作戦によって滅亡寸前から立ち直り、

斉の領土を回復することに成功するのですが、

滅亡寸前に追い込まれる前の斉の国力までには、

回復していなかったのではないかと考えられます。

二つ目の原因としては強力なリーダシップを持った武将や宰相がいなかったことが

挙げられるのではないのでしょうか。

長平の戦いが行われた時の各国にはまだまだ優秀な人物がおりました。

趙には廉頗(れんぱ)、平原君。魏には信陵君(しんりょうくん)、楚には春申君(しゅんしんくん)、

秦には范雎(はんしょ)、白起などです。

しかし斉には名将・名宰相と言われる人物はいなかったのではないかと考えられます。

これらが原因で斉はボンクラ王が幅を聞かせており、

この王様へ諫言するような人物はいたのかもしれませんが、

あまり効果がなかったように思われます。


秦の天下統一の原因は斉にありその2:宰相が秦に買収されていた

 

斉は斉王・建が王となってからも建のママが政治を取り仕切っていました。

彼女は優秀な人で各国とも連携する政策を推進しておりましたが、

ママが亡くなると宰相として国政を握った人物が最悪でした。

ママの死後宰相となった人物は后勝(こうしょう)という人物です。

この人は秦から賄賂を送られて買収されてしまいます。

そして后勝は秦に買収されてから自らの食客を秦へ送ります。

秦は后勝から送られてきた食客へ多額の金品を送ってから斉へ帰します。

多額の金品をもらった食客達は斉王へ「秦の味方をしなさい」と入れ替わり立ち代り食客達が

進言。

この為斉王・建は秦と同盟して他国が危機的状況に陥っていても一切無視して

黙っていました。

そのため秦は次々と他国を滅亡させていき最後に斉へ攻撃を仕掛けます。

斉は援軍を要請する国がなく、秦軍の攻撃に対して迎撃しますが、中国の領土のほとんどを

専有するようになった秦軍の敵ではなく呆気なく滅亡することになってしまいます。


戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

斉はこうして抵抗らしい抵抗をすることもなくあっけなく滅亡してしまいます。

もし斉が趙や魏、燕に援軍を送って秦と対決する姿勢を見せていれば、

秦王政の時代では天下を統一することができなかったかもしれません。

ですが、秦を打ち破るような快挙も行うことができずに

硬直状態のまま数百年間戦いに明け暮れなくてはいけなくなったかもしれませんが・・・・。

 

参考文献 史記 司馬遷 奥平卓・久米旺生訳など

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 藺相如(りんしょうじょ) 【キングダムで人気】藺相如(りんそうじょ)は中国史上最強の度胸の…
  2. 呂不韋 【キングダム】呂不韋の一字千金とはどんな名言なの?
  3. 煽り運転の心理とは?キングダムの時代にも煽り運転対策をした田単
  4. キングダム52巻 楊端和の性格は男勝りで仲間思いの自信家だった!?
  5. 呂不韋 呂不韋の成功哲学!自ら立てた計画とは?
  6. 剣を持ち戦う李牧 【キングダム】李牧は史実でも凄かった!天才軍略家の史実を分かりや…
  7. キングダム45 キングダムに登場する司馬尚はどんな性格なの?【キングダムネタバレ…
  8. 王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実で…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国志大学 曹操
  2. 酔っ払う関羽
  3. 豊臣秀吉 戦国時代2
  4. キングダム53巻
  5. 孔子と儒教
  6. 陳宮
  7. 占いをする卑弥呼(鬼道)

おすすめ記事

  1. 仰天!三国志の時代にはナビゲーション技術があった!?
  2. 諸葛亮は陣形・戦法・軍令を駆使して戦に臨んでいた!? 韓信vs孔明
  3. 三国時代の英雄たちの心にも息づく孔子が説いた五常とは? 典韋にボコボコにされる成廉
  4. 戦う思想家集団 墨家(ぼくか)とは何者?
  5. 張遼ってイケメンだったの?【張遼好き必見】 愛馬に乗る張遼
  6. 【三顧の礼】演義の劉備は誰でも口説くあわてんぼう! 朝まで三国志 劉備

三國志雑学

  1. 水魚の交わり
  2. 過労死する諸葛孔明
  3. 唐周(とうしゅう)黄巾賊


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 楊貴妃
  2. 楽進
  3. 孫策、陸遜、顧邵、他
  4. キングダム52巻
  5. 孔明
  6. 三国志ライター黒田レン

おすすめ記事

何晏 架空戦記って何?いつから存在してどこでIF戦記ブームは過ぎ去ったの? 魏の夏侯淵 蒼天航路では王?正史三国志よりも活躍していた夏侯淵をご紹介 曹操の頭痛の原因は関羽? 関羽の葬儀を行った曹操、その真意はどこにあった? 高杉晋作の死因は感染症結核だった! 諸葛誕 魏の諸葛誕が反乱に失敗した原因ってなに? 夏侯惇 夏侯惇の死後、一族はどうなったの?忙しかった夏侯惇はイクメンではなかった? 孟達に猛烈なラブコールを送る曹丕 曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ! 屈原(くつげん)とはどんな人?楚のために命を尽くす有能な政治家

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP