帝政ローマ

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【衝撃の事実】実は三国志には桃園の誓いなんてものは無かった

この記事の所要時間: 219




桃園3兄弟

 

蜀を建国した劉備(りゅうび)

彼には関羽(かんう)張飛(ちょうひ)という義兄弟がいたのは皆さんご存知だと思います。

劉備・関羽・張飛の三人は三国志演義によると張飛の家にある桃園で三人は盃を交わして、

義兄弟となったそうです。

だが桃園の誓いは・・・・・・・・三国志演義にしかなく、

本当はこのような誓いを三人はしていなかったのを皆さんご存知でしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




桃園の誓いは三国志演義に出てくる創作話

子供 桃園

 

桃園の誓いは劉備・関羽・張飛の三人が「同年同月同日に生まれていなくとも、

死ぬときは同年同月同日に死なん」と誓いあってから盃を交わして、

義兄弟の契りを交わすものです。

三国志の初めにおける劇的なこのエピソードですが、実はこのエピソードは三国志演義で

作られた全くの架空のエピソードだったのです。

蜀の劉備・関羽・張飛が好きな方には驚愕の事実であると思います。

では実際はどのようにして三人は出会うことになったのでしょうか。

 

関連記事:蜀が好きな皆さんへ!五分で分かる桃園の三兄弟の逸話を紹介

関連記事:歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い




逃亡者・関羽は涿県に流れ着く

関羽

 

関羽の出身地は涿県(たくけん)から遠く離れた河東(かとう)と言われる場所です。

この地は岩塩がよく取れる産地として知られており、

後に樊城(はんじょう)で戦った魏の名将・徐晃(じょこう)もこの土地の出身です。

関羽は生まれ故郷である河東で事件を起こして逃亡することになりますが、

この事件の詳細は分かっておらず、

伝説によると役人を殺害したことがきっかけで河東に住むことができなくなってしまい

逃亡する羽目になったなど色々な話があります。

こうして河東を逃亡して関羽はたまたま幽州(ゆうしゅう)の涿県に身を寄せることになります。

 

関連記事:これは凄い!巨大な関羽像が荊州に現れる!実は二千年前から巨大像が好きだった中国人

関連記事:関羽は本当に忠義の士だったの?三国志のタブーに挑む!

 

謎の出自の張飛

張飛 参上

 

関羽は出身地等は神様になったくらいですからはっきりとわかっているのですが、

問題は張飛です。

彼は正史三国志等では出身地が全くわからない謎の人物ですが、

逸話などによると屠殺業を営んでおり、劉備ほどは貧しい生活を送ってなかったそうです。

これまた伝説ですので、本当かどうかわかりません。

 

関連記事:関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!

関連記事:もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった?

 

劉備と出会った二人

劉備 桃園

 

こうして関羽と張飛が涿県にいた時にたまたま宿屋で耳が大きく、

手が猿のように長い劉備と知り合うことになります。

三人は相部屋でいろいろな話をしていく内に意気投合したようで、

関羽伝によると「劉備が挙兵した際、関羽・張飛は劉備の護衛役として仕えるようになり、

三人は寝床を一緒にして暮らし、兄弟のように親しく付き合った」とあります。

また張飛伝には「関羽と共に劉備の挙兵時に仕えることになり、

年長者であった二人に対して兄のようにして仕える」とあります。

このため、二人は劉備が黄巾の乱討伐戦に向かう時に兵力を集めて挙兵

(黄巾賊討伐のための軍勢を編成)した際に仕えたことがわかります。

ただ正史三国志には桃園の誓いを行ったという記載は一切ないので、

桃園の誓いを行って義兄弟の契りを交わした可能性はかなり低いと思います。

しかし一つ言えることは三人は他の群雄の君主と家臣の間柄ではなく、

もっと親密な関係性を持った三人ではないかと考えられます。

 

関連記事:涙なしには語れない桃園の結義

関連記事:【授業に出るかも】正史三国志と三国志演義の違いは何?

 

三国志ライター黒田レンのひとりごと

黒田廉

 

三人の間柄を言葉で表すのは難しいですが、

まさに兄弟の間柄に近い形であったように思われます。

でなければ張飛や関羽位の豪傑であれば、どの群雄に仕えることも可能であったはずです。

しかし劉備がボロボロになったときや流浪している時に、

二人は彼を見捨てることなく懸命に仕えていたことを考えると

かなり信頼関係の強い絆で結ばれていたと考えられます。

それにしても桃園の誓いが無いのは蜀好きの皆様にはかなりショックな出来事であったと思います。

 

参考文献 岩波書店 中国人物列伝 井波律子著など

 

関連記事:これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行

関連記事:そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い
  2. なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの?
  3. 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲
  4. 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し
  5. 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた
  6. 曹休(そうきゅう)ってどんな人?一回の敗北で、後世の評価がガタ落…
  7. 美髯公とは何?ヒゲを見るだけで三国志がわかる!男のシンボル『ヒゲ…
  8. 王昶(おうちょう)ってどんな人?治世に優れた優秀な政治家で、軍事…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策!
  2. 留賛(りゅうさん)とはどんな人?自ら足の筋を切断し治療をした呉の英雄
  3. 何で曹操は漢中で劉備に負けたの?
  4. 董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍師
  5. 【意外】古代中国では犬やタヌキが鼠を捕っていた?
  6. 初心者にも分かる!陸遜と諸葛亮孔明の関係性

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

蔡琰(サイエン)とはどんな人?翻弄された運命をたどった詩人 黒田長政はすごい人?それとも親の七光りで出世した人? ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/27〜7/3】 イギリスのEU離脱って何?三国志で例えて理解度アップ! はじめての三国志 4コマ劇場 その1 【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった

おすすめ記事

  1. 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生
  2. 夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族
  3. 三国最強であった魏はなぜ滅びることになったの?【曹操編】
  4. 誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念
  5. 蜀漢の外戚・呉懿(ごい)は有能なのに地味で実は孔明に敬遠されていた?
  6. 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ
  7. 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?
  8. 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(前半)

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画
袁術祭り
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP