周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子たち


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

周瑜

 

小覇王、孫策(そんさく)の無二の親友であり孫策の江東・江南の平定に

尽力したばかりか赤壁の戦いでは、実質上、曹操を破った呉の重鎮である

美周郎、周瑜公瑾(しゅうゆ・こうきん)

しかし、そんな彼も、劉備(りゅうび)を警戒し先に蜀を獲ってしまおうと

計画した矢先、南郡攻略で負った矢傷の為に36年の人生を閉じます。

呉になみいる名将の中でも一際、光彩を放った周瑜ですが、

残された一族は彼の死後、どうなってしまったのでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:名将周瑜は政治のセンスもあった?戦に強いだけじゃない周瑜を考察


周瑜を継いだのは、長男、周循

周瑜

 

西暦210年に周瑜が死ぬと、その家督は長男の周循(しゅうじゅん)が継ぎました。

周瑜には、二男一女がいるようですが、兄弟の母が小喬(しょうきょう)かは不詳です。

ただ、他に妻の記録がないので、小喬が母である可能性は高いです。

 

この周循は、雰囲気に周瑜を思わせるものがあったようです。

恐らく、周瑜に似て、堂々たる美丈夫だったのでしょう。

周循は、将来を嘱望され孫権の娘である大虎(だいこ)孫魯班(そんろはん)を妻にして孫家と縁戚になります。

周循は、騎都尉を拝命しましたが、西暦229年に死去します。

 

早く亡くなった為に、子孫は無く、ここに周瑜の嫡流は絶えます。

寿命まで父に似てしまったのでしょうか・・


周循の早死にで後を継いだ周胤

炎 s

 

周循の早死にの為に、家督は弟の周胤(しゅういん)が継ぐ事になります。

この周胤も、孫権の娘を妻にして勢い盛んで興業校尉になって、

1000名の兵を率いて公安に駐屯しています。

 

西暦229年に、兄の家督を継いで、都郷侯になりますが、

素行が悪いとして孫権の怒りを買い、罪を得て廬陵(ろりょう)郡に流されます。

それから、10年、周胤は許されず、流刑されたままでしたが、

たまりかねた、諸葛瑾(しょかつきん)と歩騭(ほしつ)は、

周瑜の功積を上奏し、周胤を赦免してくれるように孫権に頼みますが、

孫権は、なかなか許しませんでした。

 

しかし、諸葛瑾と歩騭は再度上奏し、それに朱然(しゅぜん)と

全琮(ぜんそう)も賛同し、孫権は、渋々、周胤を赦す事にします。

 

晴れて都に戻れると思われた周胤ですが、この頃病を得て病死します。

子孫の記録はないので、恐らく居なかったのでしょう。


皇太子、孫登の妃になった周瑜の娘

大喬

 

周瑜には娘もいました、一説には名前を周徹(しゅうてつ)と言うようです。

周瑜の死後に、呉郡に住んでいましたが、西暦225年、孫権の命で、

17歳になっていた皇太子、孫登(そんとう)の妃になっています。

妃であれば、年齢を大体合せると思うので周徹は15~17歳位で、

周瑜の最晩年の娘になるかも知れません。

 

まあ、若死なので最晩年と言っても、30代の前半なんですが・・

 

母が、あの小喬で父が周瑜であれば、さぞかし美しい姫だったでしょうが

結局、彼女は孫登の子供を産む事なく、若くして死んだようです。

 

美人薄命と言うべきか、ともかく、こうして周瑜の血筋は、

完全に途絶えてしまう事になります、寂しい・・


周瑜の兄の子、周峻

三国志 ろうそく 写真

 

周瑜には兄がいて、その兄の子の周峻(しゅうしゅん)も優秀な人物でした。

彼も周瑜の功積で兵1000名を与えられ、陸遜(りくそん)の指揮下で活躍します。

その後、周峻が死ぬと、その息子の周護(しゅうご)を将として立ててくれるように

全琮が上奏します。

 

ちなみに全琮が、周護を推すのは、彼の妻が再婚した孫魯班だから

そういう理由だと思われます。

 

しかし、孫権は、それを許さず、

 

「周瑜の功積は忘れたわけではないが、聞く所では、

周護は素行が悪く将にしたら不都合だ」

と言って、ついに取り上げませんでした。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

このように、周瑜の二男一女は、若死に、素行不良による流刑により、

呉においては、大きな功績を残す事が出来ませんでした。

それ以前に、おそらく孫権は、呉の建国におおきな手柄があった

兄の重臣だった周瑜を内心では良く思っておらず、その子孫が政治の中枢に加わるのを

出来るだけ排除しようとしていたフシがあります。

 

周瑜が没してから、時間が経過するほど、その子孫に対する扱いが

厳しくなるように見えるのは、その原因が大きいかも知れません。

 

関連記事:なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?

関連記事:呉の大都督、周瑜の魅力がありあまり過ぎて困る7つの理由

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

関連記事

  1. 董卓
  2. 蒟蒻問答 孔明と張飛
  3. 馬に乗って戦う徐晃
  4. キレる劉備になだめる黄権
  5. 関羽の青銅像
  6. 曹爽にアドバイスする鍾毓

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP