袁術祭り

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【キングダム】王翦・王賁の血筋は楚漢戦争時代にも登場していた!?

この記事の所要時間: 320




王翦

 

キングダムで活躍している不気味な将軍・王翦(おうせん)

彼が居たからこそ天下統一の最終決戦である楚に勝利することができたと言っても

過言ではないでしょう。

 

王賁

 

また王翦の息子である王賁(おうほん)もキングダムでは

蒙恬(もうてん)や信達と共に武功を稼いでおり、

史実では魏を攻略するほどの大活躍をしております。

このように王家一族も蒙一族に引けを取らない大活躍をしているのですが、

蒙一族は始皇帝の死後、蒙毅(もうき)・蒙恬、蒙一族はすべて殺害されてしまい、

始皇帝死後に起きた楚漢戦争には登場していません。

では王翦や王賁の血族達は楚漢戦争に参加していたのでしょうか。

結論から先に述べると楚漢戦争で秦の軍勢をひきいて参加しておりました。

今回は王翦・王賁の血族である王離(おうり)がどのように楚漢戦争にかかわり合いがあったのか、

ご紹介したいと思います。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!




秦の名将・章邯と共に反乱鎮圧軍に参加

張良㈬ 鴻門の会編01 劉邦

 

始皇帝死後、陳勝・呉広の反乱がきっかけとなり、中国各地で反乱が勃発することになります。

この時劉邦や項羽も反乱を起こして、秦帝国を崩壊させるべく戦いに参加。

 

函谷関

 

陳勝・呉広の反乱軍が秦の国門である函谷関(かんこくかん)に迫って来ると秦の王朝は

なすすべがない状態でした。

秦が危機的状況に陥っている最中、一人の文官が進言します。

この文官こそ秦の名将として、各地で反乱軍と戦い続けた章邯(しょうかん)です。

彼は秦に兵力がないことを知っていたので、驪山(りざん)で働いている罪人達を兵士に仕立てて

しまえばいいと進言します。

 

趙高 キングダム

 

この進言を聞いた趙高(ちょうこう)や二代目皇帝・胡亥(こがい)は章邯へすぐに取り掛かるように

命令を出します。

この結果秦は大軍を手に入れることに成功し、陳勝・呉広の反乱軍を滅亡させることに成功します。

章邯の軍勢には秦の将軍達が従軍しておりました。

その中には王翦の孫で王賁の息子である王離も参加しており、

彼も章邯軍に付き従って陳勝・呉広の反乱討伐戦で武功を挙げておりました。




各地の反乱討伐で活躍

項羽

 

章邯はその後、項羽の叔父である項梁(こうりょう)を討ち取り、

斉で反乱を起こした田栄(でんえい)を奇襲作戦で

討ち取るなどの功績を挙げており王離もこれらの戦いに参加して、

活躍していたはずです。

なぜ暫定的な事しか言えないのかと言うと、司馬遷(しばせん)が書いた史記に王離の活躍が

ほとんど描かれていないからです。

王賁もあまり詳細に書かれていませんでしたが、王離はもっと少なくレンの勝手な予想で

か書いてしまうと読者に誤った情報を与えてしまう恐れがあるので暫定的な事しか言えないのです。

しかし章邯に従って戦に参加していたのは事実であるからこれらの戦いで、

多少なりとも戦功を上げているのは間違えないことだと思います。

 

戦神・項羽に敗北、そして・・・・

悲劇の英雄 項羽1

 

王離は章邯に付き従って斉討伐に成功すると次の目標である趙へ向かいます。

趙の首都である邯鄲(かんたん)に到着すると章邯から邯鄲を包囲するように命令を受けます。

王離は邯鄲包囲を行うため城の周りに道を作り、道の両サイドに防壁を作ることで

外からやってくる援軍を阻むための包囲壁をつくります。

またこの包囲壁には外からくる援軍を阻む他に包囲している軍勢の補給をスムーズに行うと

いう利点もありました。

これらの工事を完了させた王離は邯鄲に積極的な攻撃を仕掛けることなく、

兵糧攻めを行います。

しかし項梁の軍勢を接収した項羽が趙救援にやってきます。

彼は秦軍よりも少ない軍勢でありながら防壁をぶっ壊して、防壁内にいた秦軍へ猛攻を開始。

王離は項羽軍の猛攻を迎撃しますが、火の玉のようになった楚軍の猛攻に耐え切れず、

捕虜になってしまうのです。

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉さん02b 背景あり

 

王離は項羽軍に捕まった後、どのように処遇されたのかは一切不明です。

彼はこの鉅鹿の戦いで敗北した後、彼の記録が一切途絶えてしまいます。

そのため項羽に殺害されてしまったのではないかとレンは考えており、

章邯のように戦上手である記録も残っていないのが王離殺害の原因ではないかと考えます。

もし章邯クラスに戦が上手ければ楚に降伏することも許され、

どこかの王に任命されていたかもしれません。

しかし彼の血族は失われることはなく琅邪(ろうや)へ逃亡したそうです。

またこの琅邪王氏は後にとんでもない人物を輩出することになるのですが、

それはまた後日ということで・・・・。

 

参考文献 史記 司馬遷著 訳丸山松幸・守屋洋

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. ガシュガル・ホータン連合軍を率いて戦い続けた後漢の武将・班超
  2. 董和(とうか)とはどんな人?孔明に認められた蜀の貴重な人材
  3. 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達
  4. おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗…
  5. 【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司…
  6. 秦を滅ぼし暴走した劉邦を止めた天才軍師・張良の必殺の言葉って何?…
  7. 英雄記から見た河北の覇者を決める公孫瓚VS袁紹
  8. 魏王朝から禅譲後に晋の領内で進撃の○○が出現した!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 王翦はどういう性格だったの?キングダムに学ぶつかみづらい男の処世術
  2. 後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)
  3. 【ネオ三国志】第10話:呂布の籠城戦VS曹操の水攻め【蒼天航路】
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【5/15〜5/22】
  5. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.2
  6. 魏の初代皇帝・曹丕はいったいどんな仕事をしていたの?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【結構苦労が多いんです】三国志時代の転職事情が想像以上に複雑だった 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた 【ビジネス三国志】孔明の大逆転!既成概念を破壊してチャンスを掴め 司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指していたの? 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1 【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓 尼子晴久(あまごはるひさ)とはどんな人?毛利家最大の敵として立ちはだかった中国地方の戦国大名 曹操の求賢令が年々過激になっていて爆笑

おすすめ記事

  1. 偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?
  2. 【はじめてのスキッパーキ】どうして?スキッパーキのしっぽ(断尾)の話【第3話】
  3. はじめての三国志開設2周年のご挨拶
  4. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運のアドバイザー
  5. 孔明はニートなのに、どうして劉備が飛び付いたの?ーー誰も教えてくれないキャリアアドバイス
  6. 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた
  7. はじさんが孫権を丸裸に!素顔は?身長は?孫権を徹底追及!
  8. これは凄い!巨大な関羽像が荊州に現れる!実は二千年前から巨大像が好きだった中国人

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP