よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志 Three Kingdomsのここがすごい!スリーキングダムズを楽しむ3つのポイント

この記事の所要時間: 253




三国志

 

三国志は近年映画やドラマ、漫画、アニメなどが題材にしていることがきっかけで、

中国史の中でも特に人気の高い時代ではないのでしょうか。

今回レンはお正月に休暇をとって、

以前から気になっていた三国志 Three Kingdomsを見てみたのですが、

これがすごいドラマだったので、三国志 Three Kingdomsをまだ見ていない読者の方へ

三国志 Three Kingdomsの見どころをピックアップしてみました。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




三国志 Three Kingdomsの見どころその1:武将たちの一騎打ち

馬超フルボッコ01

 

三国志といえば漫画、アニメ、映画を問わず一騎打ちが見どころであるとレンは考えます。

三国志 Three Kingdomsでも一騎打ちが見どころですが、

この一騎打ちのシーンがとにかくやばいです。

馬に乗りながら武将同士が一騎打ちするシーンが多く出てくるのですが、

武将同士が馬上でよくこれほど動き回ることが出来るなと感心してしまうくらい

激しく武将同士が武器を振り回して緊迫感も半端じゃないです。

レンはあまり映画に詳しくないのですが、CGの合成にしても非常に上手く出来ており、

もし実際の俳優たちがこれほど馬に乗って暴れまわることができるまで一体どの位の期間を

訓練に当てたのか気になるところではありますが、

ぜひ三国志 Three Kingdomsをこれから見る方は、

一騎打ちのシーンが非常に見どころとなっております。

 

関連記事:まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた!

関連記事:三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由とは?




三国志 Three Kingdomsの見どころその2:半端じゃない決戦演出とエキストラの数

兵士 朝まで三国志

 

三国志といえば武将同士の一騎打ちも非常に見どころですが、

なんといっても大きな戦いでの兵士達のぶつかり合いも見どころではないでしょうか。

漫画やアニメでも赤壁の戦いや夷陵の戦いは非常に手に汗握る場面です。

三国志 Three Kingdomsは孔明が亡くなる五丈原の戦いまでを描いているのですが、

赤壁の戦いや夷陵の戦いでの演出がやばいです。

二つの戦いは火が決め手となる戦いですが、

三国志 Three Kingdomsではとにかく戦場一体を燃やし尽くし、

夷陵の戦いではどれだけの物を燃やしているのであろうと思うくらい、

あらゆるところに火を着けまくっており、見ているものを興奮させてくれます。

また兵士の数も半端ではなく、

三国志の時代の大きな戦では10万、20万の兵士の数を平気で導入しているのですが、

三国志 Three Kingdomsでも10万や20万のエキストラの数を使っているのではないかと

疑いたくなるほど多くの兵士が登場しております。

また兵士達一人一人の戦い方にも注目してみてください。

武将同士の一騎打ちのように目立ちませんが、

それでも各々一生懸命戦っている姿は当時の戦がどのようであったかを想像しやすいと思います。

 

三国志 Three Kingdomsの見どころその3:当時を彷彿とさせる色々な物達

関羽 神様

 

三国志 Three Kingdomsの見どころその3としましては色々な小道具、大道具達でしょう。

曹魏の都である許昌(きょしょう)や洛陽(らくよう)などの建造物は当時がどのような形だったのかを

よく再現しているように思えます。

(当時の時代を生きていたわけではないので、わかりませんが・・・・)

また武将や兵士達が持っている武器にも凝っており、

三国志 Three Kingdomsに登場する関羽が持っている青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう)ですが、

レンが文献で見て青龍偃月刀にそっくりでしたので驚きました。

三国志 Three Kingdomsの見どころその見どころを三つほどご紹介しましたが、

まだまだ見どころはたくさんあると思いますので、実際に三国志 Three Kingdomsをご覧になって、

探してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事:英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析

関連記事:【武器】三国志時代やキングダム時代に活躍した鉤鑲や馬甲

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02b 背景あり

 

三国志 Three Kingdomsの見どころをご紹介しました。

三国志 Three Kingdomsは見ていて面白く、三国志のことを知るにはこれほど手っ取り早く知る

方法はないのではないかと思えるくらいなのですが、

武将が誰だか途中でわからなくなるのが難点です。

劉備や孔明、張飛関羽曹操、司馬仲達、孫権達は特色がありわかりやすいのですが、

他の群雄や武将達に中々特色をつけていないので、この人誰だっけと陥りやすいのが

唯一の欠点だとレンは思います。

この欠点を差し引いても三国志 Three Kingdomsは面白いので、

ぜひ時間がある方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 傅嘏(ふか)とはどんな人?時代を謳歌していた三人とは付き合いたく…
  2. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相で…
  3. 三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計
  4. 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪?
  5. 夷陵の戦いを回避しようとしていた?孔明に比べて目立たない外交人・…
  6. 曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?
  7. 三国志時代にもダジャレがあった?蜀の王平(おうへい)は異民族から…
  8. 馬陵の戦い(ばりょうのたたかい)ってどんな戦い?孫臏を有名にさせ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第11部
  2. 103話:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな!
  3. 貴族はみんな兄弟げんかをする!袁紹VS袁術、曹丕VS曹植,孫和VS孫覇
  4. 【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?
  5. 三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者?
  6. 陸遜の妻は誰?妻はなんと大喬との間の子供だった?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

背水の陣は韓信だけではなかった!項羽が使った悲愴の決意を示した行動とは? 劉禅の性格は?劉禅は暗愚な皇帝だったの? 呉が蜀を作った!費禕が蜀の宰相になれたのは孫権のおかげだった? 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法 【お知らせ】「耳で聞いて覚える三国志」の朗読を再開しました 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/30〜6/5】 「わしの樊噲じゃ」盗賊達を震え上がらせ、曹操の命を救った許褚の武勇とは? 曹昴の伝説 | 武将アンケート裏1位獲得

おすすめ記事

  1. 【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後
  2. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに魏延を追加しました
  3. 三国志の武器はどこが製造していた?武器を製造する考工令とは
  4. 群雄の名言から知る三国志の世界【小覇王孫策の名言】
  5. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第5部
  6. 【架空戦記】帝政ローマ軍と三国志軍が戦ったらどっちが勝つの?軍隊の編成や武器なども徹底解説
  7. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第35話「蘇えりし者たち」の見どころ紹介
  8. 【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP