袁術祭り
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない

この記事の所要時間: 20




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」に配信されているコンテンツです。

曹操 ほめ上手

 

誰だって、叱られるよりは褒められた方が嬉しいですよね?

それが見え透いたお世辞でも、言われた方は頬が緩んだりするもんです。

ところが世の中には、決して他人を褒めまい、褒めたら負けというような

厳しい人も何故か存在しています。

一方で、三国志の英雄、曹操(そうそう)は褒めの効用を充分に認識し

有能な部下を褒めて褒めまくり天下統一に邁進したのです。




資源がない曹操は、元手が要らない褒め言葉に目をつけた

曹嵩

 

曹操は沛国譙県の生まれで、祖父は大宦官曹騰(そうとう)と言い、

父は曹騰の養子に入った大金持ち曹嵩(そうすう)でした。

こうして、曹操は金持ちのドラ息子として少年時代を何不自由なく過ごしますが

去勢して男性機能を喪失させてまで富貴を求める宦官という地位は、

世の人々の差別の対象になりました。

 

曹騰という人は、真面目、まともな部類の宦官で有能な人材を推挙するなど

功積もあるのですが、やはり宦官というだけで評判は悪く、孫の曹操は

中央の若手官僚でしたが「宦官の孫」と陰口を叩かれていました。

 

世が乱世に入っても知名度と外聞を気にする名士層は袁紹(えんしょう)や、

袁術(えんじゅつ)のようなエリートの下に流れていき曹操を敬遠しました。

資源が無い曹操は、人材を惹きつける為ヨイショの技術を磨いていくのです。




曹操の褒め1 素晴らしい努力を褒める

曹操 ヨイショ

 

人間、人知れず遠まわしに努力を褒められると嬉しいものです。

曹操もその方法を利用して人材を集めようとしていた節があります。

袁遺(えんい)は、四世代に渡り司徒、司空、大尉という総理大臣クラスを

続々と輩出したエリート袁家の出身であり、曹操とは、反董卓連合軍で

酸棗(さんそう)に駐屯し共に戦っていました。

 

さて、曹操の息子の曹丕(そうひ)が残した典論(てんろん)が納められた

文選という資料によると、曹操には袁遺を褒めた記録が残っています。

それによると・・

 

「人間、大人になると学ぶ事を忘れるけど、私と袁伯業君は、

その大人の例外と言える存在だよね」等と曹操は言ったそうです。

 

結局、袁遺は、曹操の配下になる事もなく、反董卓連合軍でも、

大した活躍も無く従兄弟の袁術と揚州の支配を巡り争って破れ、

最期は部下に裏切られて死んでいます。

 

やや、曹操の見込み違いな感じもしますが、名門袁家に繋がる

人脈を曹操は袁遺を仲介して取りこみたかったのかも知れません。

 

参考文献:風俗文選著者: 伊藤 松宇 出版社: 岩波書店

 

曹操の褒め2 過去の英傑に例えて褒める

曹操 機密保持

 

曹操は、自身で孫子の兵法に注釈を加えて不要な部分を削って編集しています。

実は、現在伝わる孫子十三編は魏武注孫子(ぎぶ・ちゅう・そんし)と言い、

曹操が手直ししたものなのです。

彼は読書家であり戦乱の合間に沢山の書を読んで政治に活かしました。

 

参考文献:孫子 著者: 村山 孚 出版社: PHP研究所

 

その中で曹操は過去の歴史にやたら詳しくなり、自分の部下を古の名将、

名軍師に例えて呼ぶようになります。

 

例えば、曹操を補佐した名軍師、荀彧(じゅんいく)を配下に加えた時には、

「おお我が子房が来たぞ!」と褒めちぎっています。

 

原文はこちらです→太祖大悅 曰吾之子房也

 

因みに子房というのは、漢の高祖、劉邦(りゅうほう)に仕えた軍師で、

天下獲りに大きく貢献した張良子房(ちょうりょう・しぼう)の事を意味しています。

荀彧は清廉潔白な人であり、野心の欠片も無い儒家然とした人でしたから

同じく、清廉潔白であった張良に例えられて悪い気はしなかったでしょう。

 

シミルボン

 

【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」
  2. キングダムの昌平君(しょうへいくん)は、なぜ秦を裏切るの?実在し…
  3. 【真田丸特集】司馬懿と秀吉、大返しで天下を手繰り寄せる!
  4. 【曹操軍と劉備軍】部下と君主関係の違いって一体どこら辺から?
  5. 連環の計って、どんな作戦?
  6. 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが…
  7. 【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけ…
  8. 曹操の分身!夏侯惇(かこうとん)の生涯

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 彭越(ほうえつ)とはどんな人?漁師から王の位にまで上り詰めた梟雄
  2. 14話:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー
  3. 13話:霊帝の後継者争い、劉協と劉弁、二人の皇子を巡り蹇碵と何進は争う
  4. 合肥の戦いで張遼が孫権を討ち取っていたら三国志はどうなった?
  5. 2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進
  6. 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」の見どころ紹介 【感謝】中国文学の全集・選書のアマゾン売れ筋ランキング1位と2位を「はじめての三国志」が獲得しました! ゴールデンカムイネタバレ予想 131話 死神がやってくる 孫臏の魔術がスゴイ!どの国からも侮られていた斉兵を強兵に変えた改革 三國志戦記とはどんなアプリゲーム? 1800年前の古代中国に鉄軌道跡を発見、燃料不足解消か?長安から漢中までの鉄軌道 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【11/28〜12/4】 孔明と一緒に蜀の政権を支えた熟考型の人材ってどんな人?

おすすめ記事

  1. 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【前半】
  2. 【曹叡なんか目じゃないぜ】キングダムの秦王政は土木工事が大好きだった件
  3. 鍾毓(しょういく)の進言が的確すぎる!曹叡や曹爽に撤退の進言をした魏の臣
  4. 親族からは嫌われていた?劉備に親族の配下がいない理由とは?
  5. 三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人?
  6. 辛毗(しんぴ)とはどんな人?曹丕が泣き言を言うほど厳しく反対意見を述べた政治家
  7. 三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?
  8. 三国志時代の離婚や再婚問題はどうなっていたの?曹文叔の妻を紹介

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP