三国志平話
if三国志




はじめての三国志

menu

はじめての変

趙雲は何で新参者の馬超や黄忠や魏延よりも位が低いの?

趙雲子龍




呉懿と魏延

 

三国志の一角を担う「蜀」の七不思議のひとつに、

なぜ「魏延」は別格の厚遇を受けたのか、

なぜ「趙雲」は魏延よりも格下になってしまったのか、というものがあります。

蜀ファンはこのことにはあまり触れないという不文律すらあります。

今回はこの謎について、ろひもと理穂なりに掘り下げてみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情




五虎将軍の中でも最下位の趙雲

趙雲 子龍

 

旗上げ当時から劉備の義兄弟で他国にその武勇が知れ渡っていた関羽張飛は置いておくとしても、

馬超黄忠よりも下位の扱いであることに納得がいかない趙雲ファンは多いです。

なにせ趙雲は各地で転戦し、弱かった劉備軍を支えてきた貴重な存在なのです。

もっと評価されてもいいでしょう。

しかし、馬超はかつて西涼に一大勢力を築いた群雄のひとりであり、

馬超の降伏で益州の劉璋の降伏が確実なものになったことを考えると、

やはり趙雲よりも上位になるでしょう。

黄忠は漢中を巡る魏との戦で、敵の総大将・夏侯淵を討ちました。

蜀の臣で、ここまでの大物の首を獲ったことは初めてのことです。

趙雲より上位になるのも仕方ありません。




魏延って……

劉備 趙雲 再開

 

馬超、黄忠より格下になってしまったことはやむをえません。

が、五虎将軍にすら入っていない魏延に抜かれるのは我慢できませんね。

魏延は劉備が荊州にいたころから仕えた新参者です。

タイミング的には黄忠と同時期に旗下に加わっています。

趙雲が劉備の配下になったのが西暦200年ごろ。

魏延が劉備の配下になったのが西暦208年ごろ。

趙雲の方が8年も先輩なのです。

そして魏延が加わったときには趙雲は牙門将軍から偏将軍・桂陽太守に出世しています。

当然ながらこのときは趙雲の方が格上です。

 

いつの間にか抜かれる趙雲

魏延と孫権

 

正式に趙雲が魏延に抜かれるのは、西暦219年のことになります。

劉備が漢中を魏から奪い獲り、漢中王を名乗った年です。

ここで劉備は衝撃的な人事を行います。

魏延を督漢中、鎮遠将軍、漢中太守に任じたのです。

鎮遠将軍というのは雑号将軍のひとつでしょうが、「鎮」の字がつく将軍位はかなり上だと思われます。

前後左右将軍に次ぐ将軍位だったのではないでしょうか。

ちなみに漢中太守はかなりの重責でよほどの実績と信頼がない限り、

劉備は任せなかったでしょうから、当時のひとたちは張飛がその位に就くものだと思っていて、

魏延が漢中太守となって大いに驚いたと云われています。

劉備が漢中王になった際に趙雲の官位が上がったという記述は見当たりません。

きっと上がったはずなのですが、記載がないので、

ここで魏延の方が一歩リードということになってしまうのです。

 

関連記事:驚愕!実は名築城家でもあった魏延の意外な才能!

関連記事:魏延(ぎえん)ってどんな人?|裏切り者?それとも忠義の士?

 

諸葛亮孔明の時代

魏延 孔明

 

劉備は魏延をかなり評価していたようです。

社長に直接気に入られて、別格の出世をしていくひとは今の時代にもいます。

魏延は劉備にとって「ツボ」だったのでしょう。

どこが?って疑問をもつ方のために補足しておくと、

武勇は関羽張飛並み、用兵も巧みで統率力がある。

そして前向きな発言によって周囲を引っ張る力がある。

この辺りが劉備に気に入られた点ではないでしょうか。

どちらかというと趙雲は寡黙なひとで、戦場以外ではあまり目立ちません。

劉備にとっては次世代のリーダー的存在を魏延に期待していたのだと思います。

西暦221年に魏延は鎮北将軍となりました。すでに前後左右将軍よりも上の官位です。

対して趙雲は劉備が亡くなった西暦223年に中護軍・征南将軍となっています。

おそらく諸葛亮孔明の考案でしょう。

諸葛亮孔明は魏延よりも趙雲を信頼していた節があります。

趙雲はその後、鎮南将軍と出世します。

ここに至り、魏延と趙雲はほぼ同格に戻ったと私は考えます。

 

関連記事:もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】

関連記事:趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る!

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

魏延は、最期に裏切者扱いをされて首を刎ねられます。

特に「三国志演義」では登場時から諸葛亮孔明に「反骨の相」を指摘され、

その布石があって読者は常に魏延に不信感を持っています。

よって魏延に対して後世の世論の評価はかなり低いのです。

しかし、あの劉備にここまで可愛がられて出世した魏延には、確実に光るものがあったのでしょう。

もしかすると諸葛亮孔明はそれを恐れたのかもしれません。

趙雲が魏延に官位で抜かれたのは納得のいく話でもありませんが、

それだけ魏延が凄かったということなのではないでしょうか。

まずは魏延を認めてあげることから始める必要がありそうです。

みなさんはどうお考えでしょうか。

 

関連記事:趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に!

関連記事:これは不公平!趙雲が五虎将軍でドンケツの理由とは?格差の現実を徹底分析!

 



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. セイリュウ刀と蛇矛 張飛 英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析
  2. 侍と忍者は世界でも大人気!!侍と忍者が登場するゲーム5選
  3. 手紙を読む曹操 これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話
  4. 呉の孫権 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(…
  5. 【三顧の礼】孔明トコの天才童子が劉備に冷たすぎる件
  6. 張飛のヨメ 夏候夫人|張飛の妻は、夏候淵の姪だった?
  7. 曹植 神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介
  8. 劉備 呂布 裏切り 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  2. キングダム53巻

おすすめ記事

  1. 何皇后はなぜ宦官の味方をしたのか? 何皇后(毒蛇) 何進
  2. 【2018年】はじめての三国志 年頭の御挨拶
  3. 鍾繇(しょうよう)とはどんな人?関中の守備を任され、西方の憂いを絶ち、曹操の勢力拡大に貢献した文官
  4. 凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ 凌統
  5. 【三国天武 攻略その3】諸葛孔明?それとも呂布?三国天武に登場する超強力な星7武将ランキング
  6. 三国志細かすぎる知識シリーズ皆が持っていた手版 凌統

三國志雑学

  1. 孔明の罠
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 徐庶をゲットする曹操
  2. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/3〜7/9】 関羽を倒さなかった黄忠に、よかミカンが異議アリ? 【はじめての孫子】第10回:九変の利に通ずる者は、兵を用うることを知る 張郃がいなければ馬謖は街亭の戦いに勝っていたかも!? 周舒(しゅうじょ)とはどんな人?預言書に記されていた「漢に代わる者は当塗高」の見解を示した蜀の学者達 【1周年記念】厨二病中年、石川克世とはどんな人物か? 玉璽 吉川三国志にも劣らない!曹操が関羽を漢寿亭侯に任命した理由が粋すぎる! 「英傑ランキング」上位100名の中に選ばれた8人で争われる「公式頂上リーグ選抜決定戦 ~小暑の陣~」開催

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP