ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

はじめての変

袁紹と袁術の仲が悪くなった理由は劉虞が原因か!?【黒田レンの考察】

劉虞




袁紹VS袁術(犬猿)

 

魏・呉・蜀の三つの国に別れる前、中華は群雄が各地で割拠している状態が続いておりました。

群雄割拠の時代の始めの頃名門と言われる袁紹(えんしょう)袁術(えんじゅつ)が、

各地の群雄を味方に引き入れ中華を二分した壮大な兄弟喧嘩を開始しますが、

袁紹袁術はどうして仲が悪くなったのでしょうか。

一時期は反董卓連合軍に二人共参加しており、

協力して董卓討伐を行おうとしたにも関わらず・・・・・。

兄弟の仲が悪くなったのはもしかしたら後漢王室に連なる人物である劉虞(りゅうぐ)が、

原因かもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの?




漢王朝が乱れているのは現皇帝のせいだ!

小帝

 

袁紹は反董卓連合軍が解散した後本拠地である渤海(ぼっかい)へ撤収します。

その後袁紹は後漢王朝が乱れている原因は、

現皇帝である劉協(りゅうきょう)が董卓(とうたく)に操られているためだと考えます。

そして彼は新しい後漢王朝の皇帝を立てることで乱れている中華を元通りにしようと計画。

そこで彼は新しい後漢王朝の皇帝にふさわしい人物を探し始めます。

 

関連記事:暴漢・董卓は後漢王朝を安定させようと努力していた!

関連記事:実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる




新皇帝にふさわしいのは人望の高い劉虞

朝まで三国志 劉虞

 

袁紹は後漢王朝の王族達の中でどの人物が一番皇帝に相応しいのか色々と調べます。

その結果光武帝劉秀(りゅうしゅう)の末裔で人望が高く

幽州(ゆうしゅう)の刺史として活躍している劉虞(りゅうぐ)に目をつけます。

 

朝まで三国志 劉虞

 

彼は劉虞に皇帝になって欲しいと打診しながら、

全国の群雄達に劉虞を皇帝に立てて後漢王朝を立て直そうと呼びかけます。

 

関連記事:劉備だけじゃない、漢王室の末裔 劉虞

関連記事:公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1

 

袁紹の呼びかけに激怒した袁術

袁紹VS公孫-

 

袁紹の従兄弟である袁術は袁紹から「劉虞を皇帝に立てて後漢王朝を立て直そうではないか」と

相談の手紙をもらうと激怒します。

袁術は袁紹に対して「現在、劉協様が皇帝として長安にいらっしゃる。

いかに幼くて董卓に操られていようと現皇帝を廃立して勝手に皇帝を立てるのはよくないし、

名門と言われた袁家がやるべきことでもない」と述べます。

袁紹はこの手紙を袁術からもらうと彼に激怒し二度と相談することをしなくなります。

こうしてふたりの兄弟の中は一気に悪くなってしまいます。

 

他の群雄からも拒否られる

袁紹VS袁術

 

袁紹は袁術から手紙をもらって激怒しますが気にせず他の群雄達からの意見を待ちます。

すると袁紹陣営に属していた曹操からも「現皇帝を廃立して、新しい皇帝を立てるのはよくない」と

反対されたのを皮切りに続々と反対意見が袁紹の元へやってきます。

しかし袁紹は群雄から反対されても劉虞が皇帝になる気があるのであれば、

問題ないと思っておりました。

だが袁紹の最後の希望である劉虞からも「私は現皇帝を支えていきたいと考えており、

自ら皇帝の位に就く気はない」と拒否されてしまいます。

こうして袁紹は新しい皇帝を立てる計画は破綻してしまいます。

後に残ったのは従兄弟である袁術との対立や群雄からの反対意見だけしか残りませんでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

もし袁紹が劉虞を皇帝に就任させるような計画を立てるのではなく、

従兄弟である袁術と協力体制を築いていたらどうなっていたのでしょうか。

実際に協力体制を築いていないので、レンの勝手な予想になってしまうのですが、

群雄割拠の時代はすぐに収まってしまう可能性がありましたが、

後漢王朝を立て直すことはできなかったのではないのでしょうか。

その理由として袁術は袁紹を「妾の子供であいつは袁家の正統後継者じゃない」と

悪口をいろいろな人物へ言っており、

二人で協力して一時的に群雄割拠の時代を終わらせることが可能であったかもしれませんが、

何かの原因で仲違いしてしまい再び中華を二分した壮大な兄弟喧嘩が、

行われてしまう可能性が高いのではないのかなと思います。

 

参考文献 西東社 オールカラーで分かりやすい三国志 渡辺清一著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:藏洪(ぞうこう)とはどんな人?袁紹が可哀想になるくらい逆恨み男の人生

関連記事:【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 織田信長 アゴと信長にあだ名を付けられた柴田勝家の秀吉包囲網がスッゲー
  2. これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。
  3. 顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代…
  4. 曹操の頭痛の原因は関羽? 頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹…
  5. 真田丸 武田信玄 甲斐の虎と越後の龍が行った激戦!川中島の戦いって一体どちらが勝っ…
  6. 小野小町(おののこまち)はどんな人?世界三代美女は謎だらけ
  7. 貂蝉を奪い合う董卓と呂布 実在しません!でもめちゃ有名な貂蝉に隠された不滅の人気の秘密は…
  8. 鍾会を説得する姜維 鍾会(しょうかい)は何で反乱を起こしたの?魏のイケメン武将の独立…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉璋
  2. 曹操
  3. 宦官
  4. 孔明
  5. 水攻めをする兵士
  6. 孫権に初代丞相として任命される孫卲(そんしょう)
  7. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  8. 魏の移民政策のプロ、田豫(でんよ)

おすすめ記事

  1. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2
  2. 華麗なる中華世界を彩る三国志の武器 三国志 武器
  3. 呉と倭は外交交渉をしていたの?日本を目指した衛温と諸葛直 種子島を目指す衛温
  4. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第13部
  5. 井伊直弼の安政の大獄はいつから始まった?時系列で解説
  6. 裴潜(はいせん)とはどんな人?兵力を用いることなく北方異民族をてなずけた魏の文官 烏丸族も裴潜(はいせん)に従っているシーン

三國志雑学

  1. 蜀の劉琦
  2. 道具を輸送する民人
  3. 曹茂


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる
  2. 司馬徽と劉表
  3. 孔明
  4. 苛ついている曹操
  5. 孫権と三国アヒル
  6. 幕末 魏呉蜀 書物

おすすめ記事

楚の旗と兵士 キングダム最新614話ネタバレ予想vol4「どうして楚は秦を滅ぼせたの?」 坂本龍馬(幕末時代) 松平春嶽がいなければ坂本竜馬が歴史に名を残すことはなかった!? 馬に乗って戦う若き織田信長 織田信長は理想の上司?リーダーシップは本当に優れていたの? 読書感想文に使えるオススメ歴史小説「日本の幕末・近代史編」おまけもあるよ はじめての三国志 画像準備中 呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家 袁術 皇帝に即位した袁術とは何者か?早すぎた改革者に迫る 曹丕にバカにされて嫌な気分な王忠 曹丕のいじめ・パワハラに悩まされた被害者たちを紹介 陸遜 図解でよくわかる夷陵の戦いと趙雲の重要性

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP