三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

はじめての変

袁紹と袁術の仲が悪くなった理由は劉虞が原因か!?【黒田レンの考察】

この記事の所要時間: 25




袁紹VS袁術(犬猿)

 

魏・呉・蜀の三つの国に別れる前、中華は群雄が各地で割拠している状態が続いておりました。

群雄割拠の時代の始めの頃名門と言われる袁紹(えんしょう)袁術(えんじゅつ)が、

各地の群雄を味方に引き入れ中華を二分した壮大な兄弟喧嘩を開始しますが、

袁紹と袁術はどうして仲が悪くなったのでしょうか。

一時期は反董卓連合軍に二人共参加しており、

協力して董卓討伐を行おうとしたにも関わらず・・・・・。

兄弟の仲が悪くなったのはもしかしたら後漢王室に連なる人物である劉虞(りゅうぐ)が、

原因かもしれません。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの?




後漢王朝が乱れているのは現皇帝のせいだ!

小帝

 

袁紹は反董卓連合軍が解散した後本拠地である渤海(ぼっかい)へ撤収します。

その後袁紹は後漢王朝が乱れている原因は、

現皇帝である劉協(りゅうきょう)が董卓(とうたく)に操られているためだと考えます。

そして彼は新しい後漢王朝の皇帝を立てることで乱れている中華を元通りにしようと計画。

そこで彼は新しい後漢王朝の皇帝にふさわしい人物を探し始めます。

 

関連記事:暴漢・董卓は後漢王朝を安定させようと努力していた!

関連記事:実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる




新皇帝にふさわしいのは人望の高い劉虞

朝まで三国志 劉虞

 

袁紹は後漢王朝の王族達の中でどの人物が一番皇帝に相応しいのか色々と調べます。

その結果光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の末裔で人望が高く

幽州(ゆうしゅう)の刺史として活躍している劉虞(りゅうぐ)に目をつけます。

 

朝まで三国志 劉虞

 

彼は劉虞に皇帝になって欲しいと打診しながら、

全国の群雄達に劉虞を皇帝に立てて後漢王朝を立て直そうと呼びかけます。

 

関連記事:劉備だけじゃない、漢王室の末裔 劉虞

関連記事:公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1

 

袁紹の呼びかけに激怒した袁術

袁紹VS公孫-

 

袁紹の従兄弟である袁術は袁紹から「劉虞を皇帝に立てて後漢王朝を立て直そうではないか」と

相談の手紙をもらうと激怒します。

袁術は袁紹に対して「現在、劉協様が皇帝として長安にいらっしゃる。

いかに幼くて董卓に操られていようと現皇帝を廃立して勝手に皇帝を立てるのはよくないし、

名門と言われた袁家がやるべきことでもない」と述べます。

袁紹はこの手紙を袁術からもらうと彼に激怒し二度と相談することをしなくなります。

こうしてふたりの兄弟の中は一気に悪くなってしまいます。

 

他の群雄からも拒否られる

袁紹VS袁術

 

袁紹は袁術から手紙をもらって激怒しますが気にせず他の群雄達からの意見を待ちます。

すると袁紹陣営に属していた曹操からも「現皇帝を廃立して、新しい皇帝を立てるのはよくない」と

反対されたのを皮切りに続々と反対意見が袁紹の元へやってきます。

しかし袁紹は群雄から反対されても劉虞が皇帝になる気があるのであれば、

問題ないと思っておりました。

だが袁紹の最後の希望である劉虞からも「私は現皇帝を支えていきたいと考えており、

自ら皇帝の位に就く気はない」と拒否されてしまいます。

こうして袁紹は新しい皇帝を立てる計画は破綻してしまいます。

後に残ったのは従兄弟である袁術との対立や群雄からの反対意見だけしか残りませんでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

もし袁紹が劉虞を皇帝に就任させるような計画を立てるのではなく、

従兄弟である袁術と協力体制を築いていたらどうなっていたのでしょうか。

実際に協力体制を築いていないので、レンの勝手な予想になってしまうのですが、

群雄割拠の時代はすぐに収まってしまう可能性がありましたが、

後漢王朝を立て直すことはできなかったのではないのでしょうか。

その理由として袁術は袁紹を「妾の子供であいつは袁家の正統後継者じゃない」と

悪口をいろいろな人物へ言っており、

二人で協力して一時的に群雄割拠の時代を終わらせることが可能であったかもしれませんが、

何かの原因で仲違いしてしまい再び中華を二分した壮大な兄弟喧嘩が、

行われてしまう可能性が高いのではないのかなと思います。

 

参考文献 西東社 オールカラーで分かりやすい三国志 渡辺清一著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:藏洪(ぞうこう)とはどんな人?袁紹が可哀想になるくらい逆恨み男の人生

関連記事:【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 日本で一番すごい武将?敵中を突破して帰国した猛将・島津義弘の武勇…
  2. 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷ん…
  3. 【重要なお知らせ】ストライキ決行
  4. 【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋…
  5. 【戦国時代と三国時代の類似点】権力者に抵抗して戦い抜いた曹髦と織…
  6. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2
  7. 【架空戦記】時空を超えた対決!韓信VS 諸葛亮孔明の一本勝負
  8. 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 媧燐(かりん)は実在した?ベトナムの女桀と呉の陸胤の戦いの意外な決着
  2. 108話:三国志を牽引した風雲児曹操、志半ばで死ぬ
  3. 【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情
  4. 王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男 
  5. なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?
  6. 太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの?

三國志雑学

“劉備漫画"

ピックアップ記事

おすすめ記事

あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒狼 董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍師 三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに? 日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!? 曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法 42話:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる

おすすめ記事

  1. 許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー
  2. これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行
  3. やり過ぎー!!!元祖、曹操オタクは陸遜の孫だった!?陸雲(りくうん)ってどんな人?
  4. 【新事実】漢の時代の市場はヤンキーの溜まり場だった!
  5. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3
  6. 関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法
  7. 後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)
  8. もう一人の夏候、夏候淵(かこうえん)はどうして地味なの?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP