ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ぐっすり眠れるながら三国志


はじめての三国志

menu

はじめての変

袁紹と袁術の仲が悪くなった理由は劉虞が原因か!?【黒田レンの考察】

劉虞


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

袁紹VS袁術(犬猿)

 

魏・呉・蜀の三つの国に別れる前、中華は群雄が各地で割拠している状態が続いておりました。

群雄割拠の時代の始めの頃名門と言われる袁紹(えんしょう)袁術(えんじゅつ)が、

各地の群雄を味方に引き入れ中華を二分した壮大な兄弟喧嘩を開始しますが、

袁紹袁術はどうして仲が悪くなったのでしょうか。

一時期は反董卓連合軍に二人共参加しており、

協力して董卓討伐を行おうとしたにも関わらず・・・・・。

兄弟の仲が悪くなったのはもしかしたら後漢王室に連なる人物である劉虞(りゅうぐ)が、

原因かもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの?


漢王朝が乱れているのは現皇帝のせいだ!

小帝

 

袁紹は反董卓連合軍が解散した後本拠地である渤海(ぼっかい)へ撤収します。

その後袁紹は後漢王朝が乱れている原因は、

現皇帝である劉協(りゅうきょう)が董卓(とうたく)に操られているためだと考えます。

そして彼は新しい後漢王朝の皇帝を立てることで乱れている中華を元通りにしようと計画。

そこで彼は新しい後漢王朝の皇帝にふさわしい人物を探し始めます。

 

関連記事:暴漢・董卓は後漢王朝を安定させようと努力していた!

関連記事:実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる


新皇帝にふさわしいのは人望の高い劉虞

朝まで三国志 劉虞

 

袁紹は後漢王朝の王族達の中でどの人物が一番皇帝に相応しいのか色々と調べます。

その結果光武帝劉秀(りゅうしゅう)の末裔で人望が高く

幽州(ゆうしゅう)の刺史として活躍している劉虞(りゅうぐ)に目をつけます。

 

朝まで三国志 劉虞

 

彼は劉虞に皇帝になって欲しいと打診しながら、

全国の群雄達に劉虞を皇帝に立てて後漢王朝を立て直そうと呼びかけます。

 

関連記事:劉備だけじゃない、漢王室の末裔 劉虞

関連記事:公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1


袁紹の呼びかけに激怒した袁術

袁紹VS公孫-

 

袁紹の従兄弟である袁術は袁紹から「劉虞を皇帝に立てて後漢王朝を立て直そうではないか」と

相談の手紙をもらうと激怒します。

袁術は袁紹に対して「現在、劉協様が皇帝として長安にいらっしゃる。

いかに幼くて董卓に操られていようと現皇帝を廃立して勝手に皇帝を立てるのはよくないし、

名門と言われた袁家がやるべきことでもない」と述べます。

袁紹はこの手紙を袁術からもらうと彼に激怒し二度と相談することをしなくなります。

こうしてふたりの兄弟の中は一気に悪くなってしまいます。


  

 

他の群雄からも拒否られる

袁紹VS袁術

 

袁紹は袁術から手紙をもらって激怒しますが気にせず他の群雄達からの意見を待ちます。

すると袁紹陣営に属していた曹操からも「現皇帝を廃立して、新しい皇帝を立てるのはよくない」と

反対されたのを皮切りに続々と反対意見が袁紹の元へやってきます。

しかし袁紹は群雄から反対されても劉虞が皇帝になる気があるのであれば、

問題ないと思っておりました。

だが袁紹の最後の希望である劉虞からも「私は現皇帝を支えていきたいと考えており、

自ら皇帝の位に就く気はない」と拒否されてしまいます。

こうして袁紹は新しい皇帝を立てる計画は破綻してしまいます。

後に残ったのは従兄弟である袁術との対立や群雄からの反対意見だけしか残りませんでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

もし袁紹が劉虞を皇帝に就任させるような計画を立てるのではなく、

従兄弟である袁術と協力体制を築いていたらどうなっていたのでしょうか。

実際に協力体制を築いていないので、レンの勝手な予想になってしまうのですが、

群雄割拠の時代はすぐに収まってしまう可能性がありましたが、

後漢王朝を立て直すことはできなかったのではないのでしょうか。

その理由として袁術は袁紹を「妾の子供であいつは袁家の正統後継者じゃない」と

悪口をいろいろな人物へ言っており、

二人で協力して一時的に群雄割拠の時代を終わらせることが可能であったかもしれませんが、

何かの原因で仲違いしてしまい再び中華を二分した壮大な兄弟喧嘩が、

行われてしまう可能性が高いのではないのかなと思います。

 

参考文献 西東社 オールカラーで分かりやすい三国志 渡辺清一著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:藏洪(ぞうこう)とはどんな人?袁紹が可哀想になるくらい逆恨み男の人生

関連記事:【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 三国志補完計画・どちらが本当の三国志?正史と演義
  2. 朱桓(しゅかん) 朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶…
  3. 荀彧 荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた
  4. 曹丕 【シミルボン】意外!あの曹丕は大の甘党、スイーツ男子だった
  5. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮 魏を裏切った王平と夏候覇は何で蜀で出世できたの?【三国志に学ぶ人…
  6. 呂不韋 【キングダム】呂不韋の子孫は前漢の皇后と三国志のあの人だった!
  7. おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第19話 「罪と罰」の見ど…
  8. 【刀匠干将・莫耶】二人が作った剣、実は三国志にも関わり合いがあっ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 難斗米(なしめ)
  2. 龐統
  3. 織田信長
  4. 梅干しと酒を楽しむ上杉謙信
  5. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  6. 魯粛
  7. 関羽を討ち取る陸遜
  8. 曹操
“夜のひとときながら三国志ver3"

おすすめ記事

明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀が初陣?で籠城した田中城とは?米田文書は信用できる? 孔明 孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの? 賈詡(賈ク) 賈詡が李傕を有名人へと押し上げたアドバイスとは!? 孔明をdisった文章を送りつける曹叡 曹叡が有能だったのは本当?曹叡を歴史上の人物でも例えてみる 後継者を決めずにダラダラする袁紹 袁紹の評価が残念な6つの理由 曹操の使者を斬り捨てる武闘派の孔明 三国志平話が面白いのにすたれた理由 黥布(げいふ)英布 黥布(げいふ)とはどんな人?中国初!?顔に入れ墨を入れ歴史に名を刻んだ王 張昭、孫権、孫策、周瑜 【え!狩猟の話じゃないの?】曹操の狩りの誘いにビビる孫権

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP