架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表者達

この記事の所要時間: 215




曹操VS袁紹ありゾウ

 

河北の覇者として君臨していた袁紹(えんしょう)

そして河南の地のほとんどを制圧していた曹操(そうそう)

両者は官渡の地で死力を尽くしてぶつかりあい曹操が勝者となるのですが、

官渡の戦いが始まる直前に曹操は二人の人物に袁紹と自らの勢力を比較させております。

今回は官渡の戦い間近に行われた曹操と袁紹の比較を行い、

袁紹軍と戦うことに慎重論を唱えていた人物と積極的に戦うべしと唱えた

曹操軍のふたりの人物にスポットライトを当ててみたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




慎重論と積極論

朝まで三国志 袁紹

 

河北を統一した袁紹(えんしょう)と河南を統一した曹操(そうそう)。

両者は天下の覇者を決めるべく軍備を整えており、

いつぶつかってもおかしくない状態にありました。

そんな中曹操軍では両者を比較して、袁紹と戦うことは控えるべしと唱える慎重論と

戦機を逸することなかれと説く積極論を代表する人物が二人居りました。

一人は孔子の子孫として天下に名声を得ていた孔融(こうゆう)

曹操から「我が子房(しぼう=前漢の高祖劉邦の軍師張良)」と呼ばれた荀彧(じゅんいく)です。




「袁紹軍に勝つのは難しいでしょう」by孔融

孔融

 

ある日曹操は孔融から進言を受けます。

孔融は「我が軍と袁紹軍を比較した際、領土の点で袁紹軍に有利であり、

兵力についても袁紹軍のほうが膨大な兵力を擁しております。

また知略面でも田豊(でんぽう)沮授(そじゅ)らが袁紹へ的確な進言を行い、

兵を率いる将軍達には二枚看板と呼ばれる文醜(ぶんしゅう)・顔良(がんりょう)などの

勇猛果敢で指揮に長けた将軍達がおります。

これら領土・文武面を我が陣営と比較した場合、

とても袁紹軍と正面からぶつかって勝つことは難しいと考えます。」と曹操の前で発言。

曹操は苦い顔をして孔融の話を聞いておりました。

 

「袁紹軍が我が軍に勝つのは不可能でしょう」by荀彧

荀彧

 

荀彧は曹操から孔融の発言を聞きます。

すると荀彧は曹操へ「殿。戦機は熟しつつあり、孔融殿の進言を取り上げるのは宜しくないでしょう。

まず領土の点では袁紹の方が広大な領土を持っており、

兵数も多いですが、有効に活用することができないでしょう。

田豊・沮授の進言が的確であるのは間違えないですが、

袁紹が優柔不断なので彼らの進言を取り上げることはないでしょう。

また文醜・顔良の将軍は勇猛果敢であるが匹夫の勇であり、

将軍として決断に欠けていると言えるのではないのでしょうか。

これらを総合すると袁紹軍が我が軍に勝つことは不可能であると考えます。」と述べます。

この発言を聞いた曹操は大いに喜びます。

そして結果は荀彧が言った通り田豊は官渡の戦いの前において進言を行いますが、

袁紹に捕らえられてしまい彼の進言を採用することはありませんでした。

また沮授は袁紹に度々進言しますが採用されることなく

戦場においてけぼりを食らってしまいます。

将軍である顔良は客将として曹操に味方していた関羽に討ち取られてしまい、

文醜は曹操の罠には嵌って亡くなってしまいます。

その後官渡の戦いでは袁紹軍は内通者である許攸(きょゆう)から情報で、

鳥巣の兵糧庫を攻撃されてしまい、兵糧が無くなったことがきっかけで敗北することになるのです。

まさに荀彧の予想通りの結果に曹操軍と袁紹軍の戦いは終わってしまうのです。

 

関連記事:え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!

関連記事:曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

孔融と荀彧は曹操軍と袁紹軍の比較をこのような評価を下しており、

結果は荀彧の予想通りの結末を迎えることになります。

この比較論は曹操軍の様子を知る上で大事なことであると思います。

それは比較的に言論の自由が確保されていたことです。

孔融の慎重論を聞いて曹操が激怒して処罰しなかったことがそれを物語っております

(しかし孔融は曹操を批判し続けて亡くなるのですが)。

普通に考えれば袁紹軍と曹操軍の兵力面や領土面で大きな差が開いているのに、

このような慎重論を決戦が近づいているときに言えば、処罰されてもおかしくないでしょう。

それなのにも関わらず一切お咎めがなかったのは言論の自由が確保されているからではないかと

考えるのですが、皆さんはどう思いますか。

 

参考文献 講談社 乱世の英雄 尾崎秀樹著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:藏洪(ぞうこう)とはどんな人?袁紹が可哀想になるくらい逆恨み男の人生

関連記事:【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【シミルボン】三国志、冬の暖房、炉炭で暖まろう!
  2. 【秦の次世代を期待された二人】蒙恬と扶蘇の無念な最期
  3. 三国志で一番の悪酔い君主は誰だ?【酒乱ランキング】
  4. 【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?
  5. 今川家のポンコツではなかった今川義元の前半生に迫る!
  6. 【第一回 放置少女】美少女達と一緒に三国志の世界を体感しよう!!…
  7. 三国志で複雑なシリア内戦をザックリ解説
  8. 竹中半兵衛重治と黒田官兵衛はどっちが凄かったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 意外と義兄弟と離れ離れの時期が長かった関雲長のぼっち履歴をご紹介
  2. はじ三の生き字引!kawausoが読者の疑問に答えます
  3. 「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!
  4. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運のアドバイザー
  5. 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王
  6. 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

韓遂の処世術が現代人にも参考になる!いつでもナンバー2!キングメーカー韓遂 「アンゴルモア 元寇合戦記」という歴史漫画が超絶面白い! 【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法律編】 暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ) 馬岱(ばたい)ってどんな人?実は記録がほとんどない馬超のイトコ 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4 【シミルボン】ありえん?三国志の外交交渉が頓智勝負だった 謎多き登場人物、関索って何者?

おすすめ記事

  1. はじめての三国志 4コマ劇場 「祝融夫人の日常」
  2. 【三国志の食事】劉備・曹操・孫権も食べていた!?三国時代の食事風景とは(デザートもあるよ)
  3. 身内以外の意見は聞かない暴れ者・項羽が少年の意見だけは聞いた?
  4. 韓宣(かんせん)とはどんな人?曹植が口喧嘩して勝つことのできなかった人物
  5. 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」のことわざを作り出した班超って一体何者?
  6. 【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってきたのか?
  7. 信濃守護職就任と武田晴信の出家
  8. 76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP