はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【キングダム予想】公孫龍将軍が最大の壁になる?実は防戦のスペシャリスト

この記事の所要時間: 239




 

現在のキングダムは、507話、王翦(おうせん)桓騎(かんき)

楊端和(ようたんわ)それに飛信隊が辺境に居た李牧(りぼく)

の帰還より早く趙国門の列尾(れつび)に

到着し、山の民の連合軍が城門に梯子を掛けて殺到、それを援護して飛信隊の新顔、

弓の名手の仁(じん)と淡(たん)兄弟が活躍しバジオウが列尾の城門に立った所です。

では、この後、漫画はどうなるのか?大胆に予想してみます。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!




読者の大半がノーマーク、万能の将軍、公孫龍の実力とは?

 

李牧は秦軍が太行山脈を迂回するのではなく、列尾を抜いて鄴(ぎょう)までの

最短距離を抜くと気づいて、急いで伝書鳩を飛ばして邯鄲に知らせますが、

バカ王の悼襄王(とうじょうおう)は、邯鄲の最強近衛軍を出さず鄴周辺の兵力を

集結して列尾を守れと命じます。

 

ここで、その防衛軍を率いるのが、あの目の刀傷がトレードマークの

公孫龍(こうそんりゅう)将軍です。

 

ネットのキングダム情報をウォッチした所、公孫龍に注目する人は少ないようです。

そこそこ出来るが、王翦の敵では無い、少し足止めする位で終わりと考えている

人が大半のようでしょうが、果たしてそうでしょうか?




見た目に寄らず、非戦、兼愛を説いた公孫龍

 

史実での公孫龍は、将軍としてよりも思想家として有名な人物です。

有名なのは、白い馬は馬ではないという詭弁のような理屈で、白は色の概念で

馬は動物の概念だから別々で、白い馬は馬ではないという話です。

 

しかし、見落としがちですが、公孫龍は趙に来る前に燕に行き燕の昭王に、

非戦、兼愛の思想を説いて有名になっています。

この思想の傾向は、当時、儒学と勢力を二分していた墨家の思想なのです。

 

戦う思想家集団 墨家(ぼくか)とは何者?

 

戦う思想家集団 墨家(ぼくか)とは何者?

 

 

墨家は職人や技能者の集団であり防御戦において無敵だった

 

墨家が異質なのは、戦争の教義がない儒家に対して侵略戦争を否定しつつも

身を守る為の防衛戦争は否定しなかった点です。

墨家の代表的な思想家である墨翟(ぼくてき)は侵略戦争を否定して、

防衛戦を戦う国に味方して侵略を度々跳ねかえしてきました。

 

もし、公孫龍将軍が、この墨家なら秦軍が簡単に列尾を抜ける事は、

出来ないのかも知れません。

 

城壁に上ったバジオウが、一体、何を見ているのか?

次の号で公孫龍が、顔面見かけ倒しか、墨家として優れた才能を持つ、

恐るべき将軍かが分るのではないでしょうか?

 

関連記事:墨家(ぼっか)が滅んだ理由と創設者 墨子はどんな思想だったの?

関連記事:実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由

 

李牧、龐煖、司馬尚に目を向けさせて公孫龍で足を掬う作戦?

 

今回の対趙戦争は、これまで順調に進み過ぎて怖いくらいです。

部分、部分で飛信隊の新入り、仁と淡が初めて実戦デビューするなど

青臭いヒストリーが入りますが、どこか順調すぎます。

一方で、龐煖(ほうけん)司馬尚(しばしょう)など気になる存在が、

なかなか動きを見せません。

 

原先生は、簡単に列尾を落せる、次は閼与(あつよ)だなと

読者に思わせておいて、公孫龍将軍と墨家による頑強な抵抗にさらされ、

時間が経過し、結局、李牧が間にあい、電撃作戦が危うくなるという展開を

用意しているのではないかと思います。

これならば、多くの読者が予想していない展開でしょう。

 

わざわざ、邯鄲の王宮に出てきて万能の将軍と称される公孫龍が、

ここで余り活躍しないなら、顔を出した意味も無さそうです。

きっと意外に思う程の活躍をし、李牧到着までの時を稼ぐと思います。

 

キングダムウォッチャーkawausoの独り言

 

対趙戦争は、これまで信や飛信隊の経験しなかった困難な戦いになるでしょう。

王翦は、これまでの戦法を見る限り、李牧とやり合うまでは本隊を温存し

それ以外の隊は、本隊を守る盾となりすり減る歯車の役割を強いると思います。

 

100%勝つ戦争にしか関心が無いのですから、それまでは冷酷と呼べる程に

非情な用兵に徹して勝利を掴もうとすると思います。

その最初の試練が、公孫龍将軍と墨家集団による頑強な防御戦だと思いますが

実際には、どうなる事でしょうか?次のキングダムが待ち遠しいです。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選

関連記事:【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【火鼠の皮衣】曹丕、とんだ赤っ恥!燃えない布などあり得ない(キ…
  2. 大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選
  3. 孫権と同じ三代目で地味な北条氏康
  4. 【キングダム&300ファン感涙】架空戦記第2弾ギリシャ最強スパル…
  5. 理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)
  6. 時空を超える関羽、琉球の民話に登場
  7. これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術
  8. 二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で分かりやすく解説…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 64話:諸葛孔明の庵を3回尋ねる劉備、これが三顧の礼
  2. 【曹叡なんか目じゃないぜ】キングダムの秦王政は土木工事が大好きだった件
  3. 張悌(ちょうてい)とはどんな人?呉の滅亡に殉じ、壮烈な死を果たす最後の宰相
  4. 115話:蜀キラー陸遜、火攻めで劉備を打ち破る!夷陵の戦い完結編
  5. はじめての三国志企画 – エイプリルフール特集
  6. ブサメン軍師、龐統(ほう統)|鳳雛と呼ばれたホウ統

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐 こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【前半】 117話:司馬懿仲達、三国志の表舞台に出現!劉禅は劉備の後継者に。 諸葛瞻(しょかつせん)ってどんな人?孔明が親バカになるほど可愛がった愛息子 日中対決!後漢をぶっ壊した董卓と貴族政治を破壊した源義仲 中二病韓信 ヤクザ劉邦を大説得、神分析に漢軍大フィーバー 【失敗は許されない】李広利が汗血馬を手に入れた経緯を徹底紹介 楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?

おすすめ記事

  1. 113話:老将・黄忠死す、次々と天に還る五虎将軍
  2. 【キングダム名物】将軍同士の一騎打ち、印象に残る名勝負は?
  3. 中国史における農民反乱についての考察
  4. 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い
  5. 郭淮(かくわい)ってどんな人?蜀軍との戦いに明け暮れた魏の重鎮の司令官
  6. 武田信玄の最強の敵!?武田家を揺るがす大事件を勃発させた武田義信
  7. 竹中半兵衛重治と黒田官兵衛はどっちが凄かったの?
  8. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP