袁術祭り

はじめての三国志

menu

はじめての漢

【マイナー武将ここがすごい】建安七子・王粲の才能がヤバイってほんと!?

この記事の所要時間: 211




 

歴史上の人物の中には有名じゃないけど「この人すごくない!?」って人がゴロゴロいます。

幕末の日本でもあんまり有名じゃないけど考えていることが幕末の歴史上の人物の中で、

図抜けていた長岡藩(ながおかはん)の家老河井継之助(かわいつぎのすけ)などが

いい例だと思います。

上記の例は三国志の人物達にも当てはまるとレンは思います。

建安七子のひとりである王粲(おうさん)のとんでもない才能をご紹介します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




王粲のとんでもない才能その1:度胸にあふれた進言

 

王粲のとんでもない才能その1として度胸に富んでいることです。

彼のどんな所が度胸に富んでいるのでしょうか。

王粲は長安を脱出して荊州(けいしゅう)の劉表の元に身を寄せることになります。

彼は劉表が亡くなると曹操軍の大軍が南下することを知って、

劉表の後継者である劉琮へ進言します。

この時の進言が度胸に溢れております。

彼は劉琮へ「殿。ご自身で御身と曹操を比べて、

どちらが優れているかお分かりになりますか。」と進言。

劉琮は彼の進言にびっくりして答えられませんでした。

すると彼は「曹操は袁紹を倒して河北を統一し、

異民族である烏桓を滅ぼしており倒してきた群雄の数は計り知れません。

この曹操の実績を見ても彼が優れている人物であるかがお分かりになると思います。

今ここで曹操に降伏すれば劉琮様も長く幸福を享受できるのではないのでしょうか」と

述べます。

普通自らの君主と敵を比べてご覧なんていったら、

すぐに処刑されてしまうのではないのでしょうか。

さらに敵である曹操を褒めちぎっている点では、

度胸に溢れた進言と言っていいのではないのでしょうか。




王粲のとんでもない才能その2:記憶力がやばい

 

王粲のとんでもない才能その2として記憶力がやばいのです。

彼はある日友人同士が行っている碁を見物しておりました。

しかし突風のせいで碁盤に並べられていた石がぐちゃぐちゃになってしまいます。

王粲は碁盤がぐちゃぐちゃになるとすぐに碁石を碁盤の上に元通りに直します。

だが友人は「適当だろ」と言って信用しませんでした。

王粲は「嘘じゃないよ」と言って反論。

そこで友人たちは碁盤の上に布をかぶせて見えないようにしてから彼に

「嘘じゃないならもう一度やってみせてよ」と新しい碁盤を用意して言います。

すると彼は「わかった」と言って頷くと新しい碁盤の上に碁石を載せて行きます。

友人たちは布をとって王粲が並べた碁石を見ると寸分違わずにあっていたため、

友人達は彼に謝ったそうです。

対局している当人同士も碁石がどのように碁盤に並べていたのかを覚えていないのに、

外部から見ていた王粲が碁盤に並べられていた碁石を寸分たがわずに覚えているなんて、

普通の人ではできないでしょう。

彼の記憶力がどれだけやばいかお分かりになったと思います。

 

王粲のとんでもない才能その3:校正いらずの文章力

 

王粲のとんでもない才能その3として校正いらずの文章力です。

彼は一度筆を取るととんでもないスピードで文章を書き上げてしまいます。

これなら誰でもできそうなことですが、

彼の場合出来上がった文章には一切修正するところがなかったそうです。

また上奏文なども手がけており魏の大臣であった王朗(おうろう)や鍾繇(しょうよう)などは、

彼の文章が凄すぎてため息をついてしまうほどだったそうです。

レンも王粲みたいな文章能力があればとため息をついてしまいます。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

王粲は今回紹介したとんでもない才能の他に計算が得意であったそうです。

あまり有名でないためにほとんどの人が知らない王粲。

しかしその才能は有名になっている三国志の文官達と比較しても、

遜色ないほどの人物であると思うのはレンの気のせいでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【軍師連盟】魏の名君・曹叡が長生きしたら司馬一族の天下取りは不可能だった?

関連記事:【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は…
  2. 「豎子に名を成せり」とはどのような意味なの?龐涓(ほうけん)の名…
  3. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法…
  4. 吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の…
  5. 蔡琰(サイエン)とはどんな人?翻弄された運命をたどった詩人
  6. 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたって…
  7. 成廉(せいれん)と魏越(ぎえつ)とはどんな人?呂布が強いのは俺達…
  8. 後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 李孚(りふ)とはどんな人?度胸と勇気は三国志一の魏のマイナー文官
  2. コネ男・劉備から学ぶ人脈作り!コネクションの活かし方をコッソリ教えちゃいます!【ビジネス三国志】
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【7/4〜7/10】
  4. 蒙毅(もうき)ってどんな人?趙高に恨まれて悲劇の最期を迎える文官
  5. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2
  6. 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(前半)

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方 もう一人の夏候、夏候淵(かこうえん)はどうして地味なの? 孫権はなぜ孫策の子息を冷遇したの?それは孫権が袁術を愛していたから? 赤壁の戦いは計略の宝庫 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」 司馬懿討伐をもくろんだ王陵の反乱はなぜ失敗に終わったの? 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第10部 魏王朝から禅譲後に晋の領内で進撃の○○が出現した!?

おすすめ記事

  1. 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛
  2. 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方
  3. 中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か?
  4. 【キングダム】李牧を死に追いやる佞臣、郭開(かくかい)とはどんな人?
  5. 夏候惇の父親としての評価はどうだったの?
  6. 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた
  7. 三国志の時代の結婚事情とはどんなもの?古代中国の不思議な恋愛観・結婚観
  8. 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 2

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP