よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

曹操の後継者問題で判断に迷ったのは儒教と文学に原因があった?

この記事の所要時間: 222




 

三国志の英雄・曹操(そうそう)

彼も人の親であったのか曹丕(そうひ)曹植(そうしょく)どちらを後継とするかで非常に悩みます。

結果的には後継者を曹丕にしたことで一件落着となるのですが、

なぜ曹操曹丕曹植どちらを後継者にするかで迷ったのでしょうか。

いつも果断に物事を判断する曹操なのにです。

その原因は儒教と文学に原因があったかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?




曹操が立ち上げた建安文学と人事評価

 

曹操は自らが中心となって「建安文学(けんあんぶんがく)」を立ち上げます。

この文学は儒教の型に当てはめた従来の詩や礼楽を作る物ではなく、

自由に誰でも詩を作ることの出来る新しい文学として誕生します。

そして曹操はこの建安文学を用いて儒教に変わる物として位置づけるため、

従来の人事評価は儒教中心とした物でしたが、

建安文学誕生後は儒教を人事の評価基準とするのではなくて、

自らの志等を詩にして読み上げることでその人物がどのような志を持っているのか。

この点を重視して人事評価をくだしていくことになります。




後継者で悩む曹操

 

曹操はこうして建安文学を立ち上げ、

儒教に対抗する文化的価値を建安文学に見出していこうとします。

そんな中自らの後継者を決めていかなくてはならない大事な時期に差し掛かってきます。

有力な後継者候補は曹丕(そうひ)と曹植(そうしょく)でした。

曹丕・曹植ともに優れていたものを持っており、曹植は文学的な才能に恵まれておりました。

曹操は建安文学を儒教に取って代わる文化的価値として見出していこうとしていたので、

曹丕の冷徹に遂行する政治能力よりも曹植の文学的才能に重きを置いていこうと考えます。

 

儒教では長幼の順番を覆すのはよくない

 

儒教国家として数百年君臨していた後漢。

名士たちもすっかりと儒教に取り込まれており儒教を中心とした考え方が身についております。

後継者問題についても曹操軍の中の名士と言われる人達は

「長幼の順番を覆すのはよくない。曹丕様が王の後継者となるのは必然でありましょう」と進言。

曹操もこの進言を聞いておりますが、後継者を中々決めることはできませんでした。

 

迷いに迷って曹丕に決める

 

曹操は結局迷いに迷って曹丕を自らの後継者として任命します。

曹丕が曹操の後継者となった決め手は一体どこにあったのでしょうか。

それは群雄が生き残っていたことが決め手であったと思います。

曹操は赤壁の戦いで孫呉と劉備を滅ぼすことができていれば、

間違えなく曹丕を後継者として選ぶことはなく曹植を後継者に選んでいたことでしょう。

そして名士達の考え方の底にある儒教的価値観に対抗して、

建安文学を推し進めていくように曹植へアドバイスをしていたことでしょう。

しかし赤壁で敗北してしまったことで孫呉は勢力を伸ばし、

劉備軍もまた勢力を伸ばすことになってしまいます。

そのため天下統一を行うためには名士達の協力は必要不可欠な状態であり、

孫権劉備の勢力を滅ぼしていくためには建安文学を推進して儒教に対抗して、

名士達の反発を受けながら改革を実行していくのではなく、

名士達と協力してくことに重点をおいて行っていかなければなりません。

この名士達と協力していく事に重きを置いた結果、

司馬懿・陳羣などの名士から支持されている曹丕を曹操は後継者にしたのではないのでしょうか。

 

関連記事:曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加していた!

関連記事:【権力を巡る兄弟の確執】曹丕&曹植 VS 後白河天皇&崇徳天皇

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

曹操の後継者問題を違う角度から見ることで当時の名士と儒教がいかに密接であり、

政権を安定させるために必要不可欠なものであったかを

垣間見ることができるのではないのでしょうか。

それにしても改革者曹操であっても儒教と名士に配慮しなくてはならない程、

当時の儒教と名士の力がいかに強かったかを知ることができるのではないのでしょうか。

 

参考文献 SB新書 三国志「その後」の真実 渡邉義浩・仙石知子著など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 聶栄(じょうえい)の弟の名を歴史に残すための執念がスゴイ!千里の…
  2. 【5分で分かる】田中角栄とは何者なの?戦後最大の庶民宰相をザック…
  3. 甲斐の虎と越後の龍が行った激戦!川中島の戦いって一体どちらが勝っ…
  4. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相で…
  5. 魏延を倒した楊儀は孔明が亡くなった後どうなったの?
  6. 【三国志演義】孔明が残した錦嚢策(きんのうのさく)って一体なに?…
  7. 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反…
  8. 始皇帝死後、秦は滅亡せず三代目まで続いてたってホント?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志の英雄も楽しんだ?日本とは少し違う三国志時代の蝉取り
  2. 武神と恐れられていた関羽は結婚していたの?
  3. 【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました
  4. 呉をもっと知りたい貴方へ!これで呉の性格が分かる!呉のトリセツ紹介
  5. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 自己紹介編 【001】
  6. 卑弥呼の鬼道を探る。卑弥呼-張魯-安倍晴明のつながり

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支え続けた将軍 毛利家に敗北して浪人となった山中鹿之助の修行 関羽はどうして神格化されてメジャーになったの?三国志で唯一、神になった武将 旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった? びっくり!五丈原の戦いの戦費、現在で換算すると、なんと○○円! 成廉(せいれん)と魏越(ぎえつ)とはどんな人?呂布が強いのは俺達がいてこそ! 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷んでいた! 呉にもラストサムライが存在した!孫呉の最後を飾った張悌に迫る!

おすすめ記事

  1. 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢
  2. 銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの?
  3. 福山藩主としての阿部正弘は領民には迷惑な君主だったの?
  4. もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去
  5. 江川英龍とは?パンから銑鉄まで幕末のマルチ技術者を紹介
  6. 楊阜(ようふ)はどんな人?馬超へ復讐することを誓った魏の報復者
  7. 【関羽の北伐】麋芳、士仁はなぜ関羽に嫌われてたの?
  8. ところで水滸伝って何?美味いの?中国の明の時代に完成した四大奇書

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP