キングダム
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての変

曹操の後継者問題で判断に迷ったのは儒教と文学に原因があった?

この記事の所要時間: 222




 

三国志の英雄・曹操(そうそう)

彼も人の親であったのか曹丕(そうひ)曹植(そうしょく)どちらを後継とするかで非常に悩みます。

結果的には後継者を曹丕にしたことで一件落着となるのですが、

なぜ曹操曹丕曹植どちらを後継者にするかで迷ったのでしょうか。

いつも果断に物事を判断する曹操なのにです。

その原因は儒教と文学に原因があったかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?




曹操が立ち上げた建安文学と人事評価

 

曹操は自らが中心となって「建安文学(けんあんぶんがく)」を立ち上げます。

この文学は儒教の型に当てはめた従来の詩や礼楽を作る物ではなく、

自由に誰でも詩を作ることの出来る新しい文学として誕生します。

そして曹操はこの建安文学を用いて儒教に変わる物として位置づけるため、

従来の人事評価は儒教中心とした物でしたが、

建安文学誕生後は儒教を人事の評価基準とするのではなくて、

自らの志等を詩にして読み上げることでその人物がどのような志を持っているのか。

この点を重視して人事評価をくだしていくことになります。




後継者で悩む曹操

 

曹操はこうして建安文学を立ち上げ、

儒教に対抗する文化的価値を建安文学に見出していこうとします。

そんな中自らの後継者を決めていかなくてはならない大事な時期に差し掛かってきます。

有力な後継者候補は曹丕(そうひ)と曹植(そうしょく)でした。

曹丕・曹植ともに優れていたものを持っており、曹植は文学的な才能に恵まれておりました。

曹操は建安文学を儒教に取って代わる文化的価値として見出していこうとしていたので、

曹丕の冷徹に遂行する政治能力よりも曹植の文学的才能に重きを置いていこうと考えます。

 

儒教では長幼の順番を覆すのはよくない

 

儒教国家として数百年君臨していた後漢。

名士たちもすっかりと儒教に取り込まれており儒教を中心とした考え方が身についております。

後継者問題についても曹操軍の中の名士と言われる人達は

「長幼の順番を覆すのはよくない。曹丕様が王の後継者となるのは必然でありましょう」と進言。

曹操もこの進言を聞いておりますが、後継者を中々決めることはできませんでした。

 

迷いに迷って曹丕に決める

 

曹操は結局迷いに迷って曹丕を自らの後継者として任命します。

曹丕が曹操の後継者となった決め手は一体どこにあったのでしょうか。

それは群雄が生き残っていたことが決め手であったと思います。

曹操は赤壁の戦いで孫呉と劉備を滅ぼすことができていれば、

間違えなく曹丕を後継者として選ぶことはなく曹植を後継者に選んでいたことでしょう。

そして名士達の考え方の底にある儒教的価値観に対抗して、

建安文学を推し進めていくように曹植へアドバイスをしていたことでしょう。

しかし赤壁で敗北してしまったことで孫呉は勢力を伸ばし、

劉備軍もまた勢力を伸ばすことになってしまいます。

そのため天下統一を行うためには名士達の協力は必要不可欠な状態であり、

孫権劉備の勢力を滅ぼしていくためには建安文学を推進して儒教に対抗して、

名士達の反発を受けながら改革を実行していくのではなく、

名士達と協力してくことに重点をおいて行っていかなければなりません。

この名士達と協力していく事に重きを置いた結果、

司馬懿・陳羣などの名士から支持されている曹丕を曹操は後継者にしたのではないのでしょうか。

 

関連記事:曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加していた!

関連記事:【権力を巡る兄弟の確執】曹丕&曹植 VS 後白河天皇&崇徳天皇

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

曹操の後継者問題を違う角度から見ることで当時の名士と儒教がいかに密接であり、

政権を安定させるために必要不可欠なものであったかを

垣間見ることができるのではないのでしょうか。

それにしても改革者曹操であっても儒教と名士に配慮しなくてはならない程、

当時の儒教と名士の力がいかに強かったかを知ることができるのではないのでしょうか。

 

参考文献 SB新書 三国志「その後」の真実 渡邉義浩・仙石知子著など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの?
  2. 陳勝・呉広の乱とは何?秦国を滅ぼすきっかけを作った二人組
  3. 王基(おうき)ってどんな人?軍事・政治で非凡な能力を見せた魏の武…
  4. 姜維の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行
  5. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どち…
  6. 王昭儀列伝|曹操に最も寵愛された女性
  7. 横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?
  8. 【三国志ライター黒田廉が行く】始皇帝と大兵馬俑から始皇帝がおこな…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志の時代にもいた遊侠(ゆうきょう)とはどんな人達のこと?
  2. 蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図った政治家
  3. 【そうか!】蜀の次世代武将達に孔明が与えた任務が深い
  4. ズルい!陳寿と司馬氏が劉備&孫権の皇帝詐称をOKにした理由
  5. 徳川慶喜は静岡で余生を過ごした?知られざる逸話とゆかりの地を紹介
  6. 【特別企画】kawausoがあなたの夢を叶えます!三国志にタイムスリップしたら何したい?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない! キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデルが存在した! 【第2回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】あの袁●が仲間に!攻略が進む! 蔣欽(しょうきん)とはどんな人?孫権に『国士』と激賞された呉の十二将の一人 78話:龐統初登場、連環の計発動! 80話:曹操の命乞いで関羽が曹操を逃がす 松本清張も注目!邪馬台国(やまたいこく)はどこにあったの? 三国志:前半戦のまとめその2(董卓君臨から官渡の戦いまで)

おすすめ記事

  1. これは凄い!巨大な関羽像が荊州に現れる!実は二千年前から巨大像が好きだった中国人
  2. 【捜神記】火星にときめいた人向け!1800年前の三国志時代にも肉眼でスーパーマーズが見えていた
  3. 90話:張任によって龐統討たれる
  4. 三国志の時代に流行した超クールなスポーツ撃壌
  5. 気が抜けない!三国志時代の旅行は命がけだった!
  6. 王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物
  7. 春秋戦国の覇者・桓公の最後は非常に残念!名宰相がいなくなったら大変なことに
  8. 皇甫嵩(こうほすう)とはどんな人?後漢最後の名将と言われた将軍

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP