編集長日記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

【意外な事実】劉備は孔明よりも法正を用いてた

この記事の所要時間: 255




 

三顧の礼を尽くして劉備は孔明を配下に加えます。

赤壁の戦い後益州の劉璋(りゅうしょう)政権を打倒して益州を手に入れることになりますが、

益州を取るきっかけを作ったのは法正(ほうせい)張松(ちょうしょう)の誘いがあったからです。

 

 

そのため劉備は益州を統治するにあたって孔明よりも法正に重きを置いていたそうです。

なぜ劉備は孔明よりも法正に重きを置いていたのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孔明とは陰と陽!漆黒の軍師、法正が蜀獲りに大活躍




孔明よりも法正を重用していく

 

劉備は益州攻略を完了すると今まで孔明に重きをおいておりましたが、

法正を重用していくことにします。

彼はなぜ三顧の礼を尽くしてまで自らの配下に加えた孔明を重用していくのではなく、

孔明と仲があまり良くなかった法正を重用していたのでしょうか。




劉巴問題が原因

 

孔明は劉備とともに益州に入ります。

その後益州の名士達の人事を決めていくことになるのですが、

この時劉備とある人物の活用において揉め事が発生。

劉備と孔明が喧嘩することになった人物・・・・それは劉巴(りゅうは)です。

劉備は当初彼を起用しようと考えておりましたが、彼に逃げられてしまいます。

しかし劉備は益州を攻略した際に劉巴を登用して自らの政権に組み込むことにします。

ならば孔明と劉備が喧嘩する理由が無いように思えるのですが、

ある発言がきっかけで劉備は劉巴に激怒してしまいます。

劉巴は張飛が家に遊びに来た時に一切彼をもてなそうとしませんでした。

そして彼は張飛に対して「お前みたいな兵隊と話す口をもたん」と言って追い返してしまいます。

このことを聞いた劉備は激怒し劉巴を嫌いになってしまいます。

しかし孔明は劉巴の能力を買っており彼を用いて行こうと考えておりました。

だが劉備は義兄弟である張飛を馬鹿にした劉巴を嫌ってしまったことから、

劉備と孔明は劉巴を活用してくことについて意見が対立してしまい、

喧嘩することになってしまいますが、

孔明は強引に劉巴を要職につけて劉備政権内で活用していきます。

劉備は孔明が強引に劉巴を要職に就けたことの対抗策として、

孔明と仲が悪かった法正を重用していったと考えられます。

 

法正びいきの劉備

 

劉備は法正をどのくらい重用していたのでしょうか。

漢中討伐戦では孔明を戦場に連れて行くのではなく法正を軍師として戦場に連れて行き、

漢中から曹操軍を追い出すことに成功すると劉備は漢中王(かんちゅうおう)に就任。

劉備は多くの人材を新しい官職に付けていくことになり、

孔明も軍師将軍と言う位を与えられることになります。

しかし法正には尚書令(しょうしょれい)に任命され孔明よりも政権に近い官職を

与えられることになります。

 

関連記事:献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上!

関連記事:なぜ劉備は蜀王ではなく小さい土地である漢中王に就任したの?

 

やりたい放題する法正を抑えられない孔明

 

法正は漢中討伐以前から劉備の信用を得ておりました。

そのため彼は劉備から気に入られていることを利用して、

自分に楯突いたり、劉璋政権時に讒言を用いて法正を使わないように言った者達へ復讐を開始。

この復讐は法に照らせば法正が処罰されなくてはならないものが数多くあったのですが、

孔明は法正を止めることができませんでした。

その原因は劉備に気に入られていたからです。

こうして孔明よりも劉備に信用されていた法正は復讐を行って以前の恨みを晴らしていくのですが、

孔明は劉備のお気に入りである法正を止めることができませんでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

しかし法正が短命であったことで、劉備は再び孔明に頼らざるを得なくなります。

こうして孔明は益州の政権で実直に政治を行っていくことになるのです。

もし法正が短命ではなかった場合どうなっていたのでしょうか。

関羽死後に起きた夷陵(いりょう)の戦いも孔明の意見(孔明が直接劉備にいうのではなく、

益州の名士に言わせた)は通りませんでしたが、

劉備のお気に入りである法正の言葉であれば劉備も耳を傾けていたかもしれないと

孔明は言っております。

また劉備が孔明に対して行った遺言ももしかしたら法正に行っていかもしれず、

法正が主導となって益州を治めていた可能性は十分にあったのではないかとレンは考えます。

 

参考文献 SB新書 三国志「その後」の真実 渡邉義浩・仙石知子著など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!

関連記事:【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【世界版】死者同士の結婚「冥婚」は韓国・台湾・アフリカ・フランス…
  2. 孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!?
  3. 三国志の時代の県とはどんな構造なの?県城の生活は快適だった?
  4. どうすれば蜀の二代目過保護な劉禅をしっかり教育できたの?
  5. 【真の将軍はあいつだ!!】漢の名将・周亜夫が命じた命令とは
  6. 「楚」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  7. 許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論
  8. これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何?
  2. 【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった?
  3. 程昱(ていいく)ってどんな人?気性の荒いおじいちゃん
  4. 【はじさん記念】無事1周年を迎えることができました。。
  5. 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(後半)
  6. ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話 後藤又兵衛(後藤基次)はどんな最期を遂げるの? 【はじめての孫子】第12回:卒を視ること嬰児の如し、故にこれと深谿に赴むくべし。 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【前半】 【科学面や発明品から知る三国志】三国時代の発明品ってどんなものがあったの? 豊臣秀吉による惣無事令って何?わかりやすく解説 まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術

おすすめ記事

  1. 56話:水鏡先生との出会い。劉備に足りない人材って誰の事?
  2. 曹操が皇帝に即位していたら三国志はどうなったの?
  3. 軍師・荀攸と曹操の懐刀・荀彧が曹操の公就任に反対していればどうなったの!?
  4. 三国志の名将・鄧艾の栄光が終わることになった出過ぎた発言とは!?
  5. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第2部
  6. 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時代の立て札・扁(へん)
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【5/1〜5/8】
  8. 【軍師連盟】司馬懿は遼東遠征の時なんで大虐殺をしたの?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP