知恵者「法正」、劉備の入蜀での役割とは?


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

天下三分の計を唱える諸葛亮孔明

 

劉備(りゅうび)諸葛亮(しょかつりょう)という有能な配下を得て、彼から「天下三分(てんかさんぶん)(けい)」を提案されます。これは曹操(そうそう)孫権(そんけん)、そして劉備で中国を三分割し、そこから天下を狙おうというものでした。

 

三国志の武器 雲梯車 劉備

 

それには曹操、孫権の勢力が及ばない、「蜀」(益州(えきしゅう))の地獲得が不可欠でした。やがて劉備は蜀の地に侵攻(入蜀)していくことになるのですが、それに大きな役割を果たしたのが「法正(ほうせい)」でした。

 

法正

 

今回の記事では「劉備の入蜀」と「法正」について考えてみましょう。

 

 

劉備、密かに益州を狙う

赤壁の戦い

 

赤壁(へきへき)の戦い」の後、勢力を拡大した劉備は、諸葛亮の「天下三分の計」の案により、「益州」の支配をねらっていました。

 

亡くなる周瑜

 

同じころ、孫権陣営の「周瑜(しゅうゆ)」も益州を狙い、軍を編成していましたが、周瑜は急死し計画は取りやめになっており、劉備単独で益州を得る機会は高まっていました。

 

曹操

 

その益州は「劉璋(りゅうしょう)」の支配下でしたが、常に「曹操」や「張魯(ちょうろ)」の脅威に脅かされていました。

 

劉璋(りゅうしょう)

 

しかし、劉璋には国を守りきるような能力は無く、一部の家臣たちは不満を募らせていました。その代表的な劉璋家臣が「法正」でした。

 

関連記事:周瑜はどうして独立しなかったの?格下の孫家に仕えた周瑜の思惑

関連記事:いい加減な三国志『新解釈・三國志』を理解する!なぜ周瑜は諸葛亮が嫌いなの?

 

赤壁の戦い

 

 

 

法正、不満を募らせる

法正と張松

 

法正は祖父が高名な学者でしたが、故郷が飢饉に襲われ、当時安定していた蜀の地に移住し、劉璋に仕えました。しかし、その性格の悪さからかあまり重用されず、劉璋に不満を募らせていました。

 

曹操と張松

 

そんな時、親友の「張松(ちょうしょう)」が曹操の動向を探るため、彼の下に派遣されます。しかし、張松は適当にあしらわれてしまい、張松は劉備を招きよせ、曹操と張魯に対抗させることを劉璋に提案します。ここで劉備への使者になったのが法正でした。

 

関連記事:秦檜よりもスゴイ売国奴?張松と法正ここにあり

関連記事:張松(ちょうしょう)の裏切りがなければ劉備の蜀制圧は不可能だった?

 

if三国志

 

 

法正、劉備に入蜀を説く

法正、劉璋、劉備

 

法正は劉備の武勇に感心し、張松と共に劉璋を廃し、劉備を迎え入れることを計画します。そこで張松は劉璋に「劉備に張魯を討たせるべし」と進言します。

 

劉璋にアドバイスをする張松

 

劉璋周囲には劉備の武力に頼るのは危険だという意見もありましたが、法正は劉璋を説得し、これを了承させました。この時法正は密かに劉備の下に兵を率いて訪問し、「劉璋は惰弱で、これに付け込むべきです。

 

劉備と張松(ちょうしょう)

 

張松は内部から呼応します。その後、益州の豊かさと天然の要害を頼みとするならば、功業を成すにはたやすいでしょう。」と、劉備に入蜀を勧めます。これを聞き、劉備は直ちに兵を率いて蜀に入り、劉璋は自ら出迎えます。

 

関連記事:曹操の塩対応に張松ブチ切れ!曹操が冷たく扱ったのは傲慢ではなく驚くべき理由が隠されていた!

関連記事:王粲(おうさん)とはどんな人?建安の七子であるが容貌の貧弱さでは龐統や張松より上

 

英雄の武器特集

 

 

計画が漏れ、入蜀の戦いが始まる

宴会をして劉備をもてなす劉璋

 

法正は劉璋が劉備を出迎えた際、劉備に「このまま劉璋を殺すべきだ。」と物騒な提案をしますが、これは劉備に拒否されてしまいます。劉備は直ぐには軍勢を動かさず、後の蜀支配のために地域と人心の安定に努めました。

 

劉璋

 

この時、荊州(けいしゅう)の情勢が不穏になり、劉備は一時帰国を検討します。これを知った張松は「なんで帰るのですか!」と手紙を送りますが、劉璋にこの手紙がバレ、計画が露見、張松は処刑され、劉璋と劉備は戦いに突入します。

 

関連記事:魏延が暗殺しようとした劉璋とはどんな人だったの?

関連記事:劉表や劉璋が天下を取れなかったのは無能だからではなかった!

 

魏延特集

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
みうらひろし

みうらひろし

歴史が好きになったきっかけはテレビの再放送で観た人形劇の三国志でした。そこから歴史、時代小説にはまり現在に至ります。日本史ももちろん好きですよ。推しの小説家は伊東潤さんと北方謙三さん。 好きな歴史人物: 呂蒙、鄧艾、長宗我部盛親 何か一言: 中国で三国志グッツを買おうとしたら「これは日本人しか買わないよ!」と(日本語で)言われたのが思い出です。

-法正
-,