はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!

この記事の所要時間: 32




 

共に後漢を継いだ正統王朝だと名乗る曹魏と蜀漢、それだけにお互いを罵倒して

味方を増やそうとするような文書を頻繁に出しています。

特に、諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)による五度の北伐に対応した

曹叡(そうえい)は、孔明を憎む事甚だしく、これをDISる文書も出していました。

その中には、かなり誇張されているとは言え、孔明のリアルな一面が描かれています。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【前半】




その文書は、孔明の第一次北伐を退ける途中に出された

 

曹叡が孔明をDISった文書は、西暦228年、孔明による第一次北伐に対して

親征を行い、長安に駐屯していた2月17日に出されています。

この北伐では、序盤で涼州の三郡が魏から離反するなど、曹叡の威光が北辺には

及んでいない事を示すような痛恨事もありました。

 

さらに洛陽を離れて長安に駐屯した曹叡が病死したという曹叡死亡説まで

洛陽で流れ、曹丕の弟の曹植(そうしょく)が次の皇帝に即位するというデマが渦巻き

祖母の卞(べん)皇太后以下、群臣がオロオロする有様でした。

 

勝つには勝ちましたが、皇帝としてのプライドを傷つけられた曹叡は、

マジで孔明が大嫌いだったと思います。




曹叡が書いた孔明DIS文書は、どういうものか?

 

では、曹叡はどういう文書を出していたのでしょうか?

三国志魏志、明帝紀が引く魏略から説明しましょう。

 

劉備(りゅうび)は、先帝の恩義を受けながら、これを裏切って巴蜀に逃げ込み、

孔明は父母の国を捨てて(孔明は元々、徐州の人)逆賊と手を結んだ。

その悪行の報いで劉備は死んだのだ。

 

残った孔明は表向きでは、劉備の遺児を盛り立てて忠臣顔をしているが

事実は、これを蔑にして独裁体制を敷いているのである。

事実、劉禅(りゅうぜん)の兄弟達には、戦略的にはどうでもいい城を守らせている。

また、益州の民を侮り、酷薄に扱うので、利狼(りろう)、定渠(ていきょ)、

高定(こうてい)、青羌(せいきょう)は皆離反して、孔明の仇敵となっているのだ」

 

曹叡のDISは人格攻撃へ発展、孔明はマゾでドけちだ!

 

いかがでしょうか?魏のプロパガンダとはいえ、孔明の独裁や劉備の恩知らず具合など

かなり真実を突いている部分もあるような気もします。

曹叡のDISは止まらず、さらに孔明の人格攻撃に発展していきます。

 

「おまけに孔明は、ドけちである!昔、薪を背負っている時に摩擦で

皮袋(毛皮のジャケット)が擦り切れるのを惜しみ、それを裏返して着ていたし、

それも裏地がすり減り、表の毛が全て抜けおちるまで捨てようとはしなかった。

靴のサイズが合わないと見るや、自分の足を刀で削って無理やり履こうとし

肌を切り刻み、骨に傷をつけながら、逆に自分を逆境に負けない人間だと称揚し

大変に有能であると思いこんでいるのだ」

 

曹叡のDISに見える、孔明の性格・・

 

曹叡の文書は、全くの嘘ではなく、当時、孔明について知られていた情報を

文書に迫真性を与える為に盛り込んでいると思われます。

だいたい、全くの絵空事で孔明を語っても、孔明をよく知る人には?と思われて、

逆効果だからです。

 

魏には、徐庶(じょしょ)や、孟達(もうたつ)黄権(こうけん)

縻芳(びほう)のように、孔明を知っている人々もいます。

そういう人々から孔明の情報を聞きとりDISの材料にしているのです。

 

このような視点から見ると、薪を背負って云々というのは、

孔明が隆中で晴耕雨読の生活をしていた時代の逸話で倹約を意味していて

靴が合わないから足を削るというのは誇張が過ぎるとしても肌を切り刻み、

骨に傷をつけるとは、孔明が丞相になってから、相当なオーバーワークにもめげずに、

「俺凄い!」と自己陶酔しながら頑張っている様子を皮肉っているのでしょう。

 

これ、個人的には、大して外れていないように思うのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

曹叡のDIS文書は、これに留まらず、

 

「孔明なんて小者は無視していたのに、身の程しらずにも周囲を扇動して

叛いてきたから、魏の精兵をぶつけたら、ブルって逃げおった。

孔明に脅されて、嫌々従っていた者は許してやるから、遠慮なく降伏せよ」

 

というような内容で締められています。

 

孔明が曹叡と争ったからこそ、残された孔明のプライベート情報、

歴史とは面白いものです。

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 蜀漢の外戚・呉懿(ごい)は有能なのに地味で実は孔明に敬遠されてい…
  2. 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超…
  3. 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介
  4. 誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選…
  5. 三国最強であった魏はなぜ滅びることになったの?【曹操編】
  6. 56話:水鏡先生との出会い。劉備に足りない人材って誰の事?
  7. 偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?
  8. 若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想
  2. 蔡夫人、張允、蔡瑁、トリオ攻撃が劉備を追いつめる!
  3. 40話:義将関羽が曹操に出した降伏の3つの条件
  4. 107話:関羽の死|桃園三兄弟の悲しい別れ
  5. 司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの?
  6. 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~楽進・于禁篇~

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

甘寧の子孫はその後どうなったの?呂蒙の地位にも劣らぬ大出世した子孫たち 【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見! 三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまるで某有名ボクシング映画 太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何? 空城の計って何?門を開けて敵軍をお出迎え? 【歴史が変わった?】袁術が献帝を擁護していたらどうなってたの? キングダムの昌平君(しょうへいくん)は、なぜ秦を裏切るの?実在した男の数奇な運命 三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保持じゃい!

おすすめ記事

  1. 意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?
  2. 馬陵の戦い(ばりょうのたたかい)ってどんな戦い?孫臏を有名にさせた戦
  3. 35話:曹操、陳宮の裏切りで兗州を呂布に奪われる!!
  4. 寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達
  5. 【魏のキラーの名を冠した将軍】城を守らせたら誰にも負けない文聘ってどんな人?
  6. 「キングダム」に学ぶ成功哲学!先んずれば人を制すって何?
  7. 三国志の時代にダムがあった!蜀が豊かであったのはダムのおかげ
  8. 黄月英(黄夫人)ってどんな女性だったの?孔明の妻を紹介

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP