編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!

この記事の所要時間: 32




 

共に後漢を継いだ正統王朝だと名乗る曹魏と蜀漢、それだけにお互いを罵倒して

味方を増やそうとするような文書を頻繁に出しています。

特に、諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)による五度の北伐に対応した

曹叡(そうえい)は、孔明を憎む事甚だしく、これをDISる文書も出していました。

その中には、かなり誇張されているとは言え、孔明のリアルな一面が描かれています。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【前半】




その文書は、孔明の第一次北伐を退ける途中に出された

 

曹叡が孔明をDISった文書は、西暦228年、孔明による第一次北伐に対して

親征を行い、長安に駐屯していた2月17日に出されています。

この北伐では、序盤で涼州の三郡が魏から離反するなど、曹叡の威光が北辺には

及んでいない事を示すような痛恨事もありました。

 

さらに洛陽を離れて長安に駐屯した曹叡が病死したという曹叡死亡説まで

洛陽で流れ、曹丕の弟の曹植(そうしょく)が次の皇帝に即位するというデマが渦巻き

祖母の卞(べん)皇太后以下、群臣がオロオロする有様でした。

 

勝つには勝ちましたが、皇帝としてのプライドを傷つけられた曹叡は、

マジで孔明が大嫌いだったと思います。




曹叡が書いた孔明DIS文書は、どういうものか?

 

では、曹叡はどういう文書を出していたのでしょうか?

三国志魏志、明帝紀が引く魏略から説明しましょう。

 

劉備(りゅうび)は、先帝の恩義を受けながら、これを裏切って巴蜀に逃げ込み、

孔明は父母の国を捨てて(孔明は元々、徐州の人)逆賊と手を結んだ。

その悪行の報いで劉備は死んだのだ。

 

残った孔明は表向きでは、劉備の遺児を盛り立てて忠臣顔をしているが

事実は、これを蔑にして独裁体制を敷いているのである。

事実、劉禅(りゅうぜん)の兄弟達には、戦略的にはどうでもいい城を守らせている。

また、益州の民を侮り、酷薄に扱うので、利狼(りろう)、定渠(ていきょ)、

高定(こうてい)、青羌(せいきょう)は皆離反して、孔明の仇敵となっているのだ」

 

曹叡のDISは人格攻撃へ発展、孔明はマゾでドけちだ!

 

いかがでしょうか?魏のプロパガンダとはいえ、孔明の独裁や劉備の恩知らず具合など

かなり真実を突いている部分もあるような気もします。

曹叡のDISは止まらず、さらに孔明の人格攻撃に発展していきます。

 

「おまけに孔明は、ドけちである!昔、薪を背負っている時に摩擦で

皮袋(毛皮のジャケット)が擦り切れるのを惜しみ、それを裏返して着ていたし、

それも裏地がすり減り、表の毛が全て抜けおちるまで捨てようとはしなかった。

靴のサイズが合わないと見るや、自分の足を刀で削って無理やり履こうとし

肌を切り刻み、骨に傷をつけながら、逆に自分を逆境に負けない人間だと称揚し

大変に有能であると思いこんでいるのだ」

 

曹叡のDISに見える、孔明の性格・・

 

曹叡の文書は、全くの嘘ではなく、当時、孔明について知られていた情報を

文書に迫真性を与える為に盛り込んでいると思われます。

だいたい、全くの絵空事で孔明を語っても、孔明をよく知る人には?と思われて、

逆効果だからです。

 

魏には、徐庶(じょしょ)や、孟達(もうたつ)黄権(こうけん)

縻芳(びほう)のように、孔明を知っている人々もいます。

そういう人々から孔明の情報を聞きとりDISの材料にしているのです。

 

このような視点から見ると、薪を背負って云々というのは、

孔明が隆中で晴耕雨読の生活をしていた時代の逸話で倹約を意味していて

靴が合わないから足を削るというのは誇張が過ぎるとしても肌を切り刻み、

骨に傷をつけるとは、孔明が丞相になってから、相当なオーバーワークにもめげずに、

「俺凄い!」と自己陶酔しながら頑張っている様子を皮肉っているのでしょう。

 

これ、個人的には、大して外れていないように思うのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

曹叡のDIS文書は、これに留まらず、

 

「孔明なんて小者は無視していたのに、身の程しらずにも周囲を扇動して

叛いてきたから、魏の精兵をぶつけたら、ブルって逃げおった。

孔明に脅されて、嫌々従っていた者は許してやるから、遠慮なく降伏せよ」

 

というような内容で締められています。

 

孔明が曹叡と争ったからこそ、残された孔明のプライベート情報、

歴史とは面白いものです。

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!?
  2. 三国時代の経済ってどうなってたの?
  3. 諸葛孔明の影に隠れる劉備
  4. 孫呉が天下統一できる可能性が2回もあった!?黒田レンの考察
  5. 39話:桃園三兄弟、バラバラに、、関羽は曹操に捕らわれる
  6. 表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?
  7. ブサメン軍師、龐統(ほう統)|鳳雛と呼ばれたホウ統
  8. 誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 奇人・変人・露出狂?曹操をコケにして歴史に名を刻んだ禰衡(でいこう)
  2. 董昭(とうしょう)とはどんな人?曹操の覇業を支えた重要人物
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第11部
  4. 【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相取る」
  5. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロフェッショナルだった蜀の将軍【前編】
  6. 魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

杜預(どよ)ってどんな人?破竹の勢いで有名になった政治家 魏も漢もクソ喰らえ!野望のままに自由に生きた梁興(りょうこう) 三国志の英雄で上司にするなら誰にしたい!? 李傕(りかく)とはどんな人?董卓よりも横暴な政治を行った暴虐な政権運営者 今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙 忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10 【3分で分かる】和歌(わか)って何?ルールとかあるの? 李靖(りせい)とはどんな人?曹操と孔明の二人から学んだ初唐の名将

おすすめ記事

  1. 領土割譲という大事件、三国成立は魯粛の目論見?
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【6/12〜6/18】
  3. もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?
  4. 109話:曹丕が献帝を廃し魏を建国
  5. 黒田長政はすごい人?それとも親の七光りで出世した人?
  6. 魏冄(ぎぜん)とはどんな人?政治・軍事両方で大活躍した秦の名宰相
  7. 曹操が絶望詩人と化した兗州争奪戦を地図で紹介
  8. 知っていたら自慢できる!正史三国志に足りない部分とは?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP