架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴

この記事の所要時間: 232




 

魏には呉軍と戦えばほとんど勝利を収めていた将軍達がおり、

代表的な人物として合肥で呉軍を散々に打ち砕いて大勝利を収めた張遼(ちょうりょう)

孫呉の軍勢がやってくれば必ず勝利を収めていた満寵などです。

彼らは孫呉キラーとして有名ですが、

蜀軍を相手に連戦連勝した人物はいないのでしょうか。

そんなことはありません。ちゃんと蜀軍キラーとして有名な武将がおりました。

今回は東の蜀軍を相手に幾度も勝利を収めた歴戦の武将である張郃(ちょうこう)の輝かしい

対蜀軍との戦歴をご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選




張郃の対蜀戦での戦歴その1:劉備軍の奇襲を撃退

 

張郃は曹操と共に漢中攻略戦に参加。

彼は漢中戦が終了すると夏侯淵(かこうえん)と共に漢中にとどまり、

いずれ漢中へ攻撃を仕掛けてくる劉備軍に対して守備を固めていきます。

219年ついに劉備軍が大軍を率いて漢中を攻略するべく出陣してきます。

劉備軍は下弁(かべん)、固山(こざん)に軍を囮に使い自らは陽平関を占拠。

その後張郃率いる魏軍に対して一万の兵をもって大規模な奇襲作戦を行います。

張郃は劉備軍が奇襲を仕掛けてきてもしっかりと守り劉備軍を撃退することに成功。

張郃が劉備の奇襲作戦に対応している最中、夏侯淵が劉備軍の猛攻にあって討ち死にしてしまいます。

しかし張郃の蜀軍キラーとしての戦いはここから始まることになります。




張郃の対蜀戦での戦歴その2:街亭で蜀軍を打ち破る

 

諸葛孔明(しょかつこうめい)は魏軍を討伐して天下統一を行うため、

蜀軍を率いて第一次北伐戦を開始します。

魏の皇帝である曹叡(そうえい)は張郃を派遣して蜀軍を追い払うように命令を下します。

孔明は山登りの名人である馬謖(ばしょく)へ「街亭の砦に布陣せよ」と

命令を出して出陣させます。

しかし馬謖は孔明の命令を無視して街亭近辺にある南山に登って魏軍を待ち受けます。

張郃は街亭に来ると蜀軍が砦を固めずに南山に登って迎撃態勢を整えていることに

「あいつは馬鹿か!!街亭の砦を守ることもしないで山に登るとは。

山上に上っている蜀軍が水を補給できないようにせよ」と命令を出し、

水が補給できないようにしてから数日後、南山に布陣している蜀軍へ総攻撃を行い、

撃破することに成功します。

張郃の働きによって蜀軍の第一次北伐戦を頓挫させます。

 

張郃の対蜀戦での戦歴その3:陳倉攻防戦が早期に終わることを読んでいた

 

魏の大将軍であった曹真(そうしん)は孔明が陳倉城へ攻撃を仕掛けてくると予想し、

郝昭(かくしょう)に陳倉城を守らせることにします。

孔明は曹真の予想通りに陳倉城へ攻撃を行います。

曹叡は張郃をすぐに宮殿に呼び出して彼に

「朕は将軍が行く前に陳倉城が陥落するのではないかと心配である。」と

質問。

すると張郃は曹叡に「蜀軍は食料の輸送がうまくいかずに手間取っていると聞いております。

そこで私が蜀軍の食料がどれほど持つか試算してみた所、

10日ほどしか持たないであろうと考えております。

私が軍勢を率いて陳倉城へ赴く間に諸葛亮の軍勢は蜀へ撤退していると思います。」と

述べ曹叡を安心させます。

その後張郃は昼夜問うことなく軍勢を進軍させて陳倉城へ到着しますが、

張郃の予想通り孔明の軍勢は既に撤退した後でした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

劉備は定軍山の戦いで夏侯淵を討ち取り魏軍に勝利した際このように述べております。

彼は側近へ「恐ろしいのは夏侯淵ではなくて張郃だ。」と語っており、

張郃がいかに恐れられていたかを表す証左と言えるのではないのでしょうか。

彼は対蜀戦だけでなく、

孫呉との戦でも司馬懿(しばい)とタッグを組んで戦功を上げており、

蜀だけでなくオールマイティーに強い武将でだったのではないのでしょうか。

 

参考文献 西東社 オールカラーで分かりやすい三国志 監修者渡辺清一など

 

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・

関連記事:曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 平安京・平城京の原点は三国志の魏の都とされた鄴都だった!?
  2. 井伊直虎はおんな城主だったの?それとも男?身長は高かったの?直虎…
  3. 劉備だけじゃない、漢王室の末裔 劉虞
  4. 三国志時代の字体とは?現代でも通じるの?
  5. 蜀の名将として名高い黄権も曹丕によるパワハラを受けていた!
  6. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計
  7. これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行…
  8. 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part1
  2. 陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材
  3. 劉曄(りゅうよう)の進言に従っていれば魏の曹丕が天下統一をしていた?
  4. 知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!
  5. ドリフターズの主人公・島津豊久ってマイナーだけど何をした人なの?
  6. 魏(曹丕)呉(孫策)蜀(劉禅)の2代目君主は誰が一番優秀だった?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【衝撃の事実】国士無双と言われた韓信に子孫がいた? 始皇帝・政が甘々な性格であった事が原因で秦が滅びた? 【衝撃の事実】ドラゴンブレイドは虚構ではない!二千年前に遭遇していたローマ軍と漢軍 太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何? 後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語 【秦の宰相】呂不韋の人生をかけた計画に危機が訪れる 【三国志の疑問】どうして宦官は消滅しなかったの? 周瑜はどうやって時代を超越した軍師・魯粛を手に入れたの?

おすすめ記事

  1. 【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは
  2. 劉備と西郷隆盛の共通点って何?
  3. 【シミルボン】ドキッ!全員男!三国志の時代にあった男同士のひざまくら
  4. 授業や教科書では教えてくれない長篠の戦いをセンゴクから見てみよう
  5. 馮煕(ふうき)とはどんな人?曹丕の脅迫に屈しなかった呉の外交官でもあり光武帝配下・馮異の子孫
  6. 華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器
  7. 【秦の次世代を期待された二人】蒙恬と扶蘇の無念な最期
  8. 【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【前半】

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP