広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術

この記事の所要時間: 329




 

天下御免のハチミツガイ袁術(えんじゅつ)、彼は後に皇帝を名乗っただけあり、

元から独立志向のアナーキーな人物だと思われています。

しかし、それは正しくなく袁術は以前、王朝を擁護する立場だったのです。

今回は、三国志魏志、袁術伝から、その辺りの話を紹介しましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!




董卓が献帝を連れて西遷すると袁紹は劉虞を担ぐ計画を立てる

 

孫堅(そんけん)の活躍があり、何とか董卓(とうたく)に洛陽を放棄させ

長安に退去させた反董卓連合軍ですが、献帝を董卓が握っている事実には

変わりが無く、今も逆賊の扱いでした。

 

 

これでは不都合極まりないので、連合軍のボス袁紹は、

王族の劉虞(りゅうぐ)を擁立し献帝を偽物として

連合軍に正当性を与えようとします。

 

現在では、これを袁紹の独断のように言いますが、実はそうではなく、

混乱の元凶は霊帝の腐敗政治にあり、それが今回の大乱を招いた事実を考えつつ

献帝は董卓が独断で少帝を廃位して立てた人物で即位の正当性がなく

有力な外戚もない上に、幼く、乱世を統治するには不十分である事を理由に

これを無効として劉虞を立てようという声は一定数あったのです。

 

しかし、袁術は、この計画に断固としてNOを唱えました。




袁紹は、さらに書簡を送り袁術を説得する・・

 

ナンバー2である従兄弟の袁術に反対された袁紹は怒りを覚えますが、

我慢して、さらに詳しい事情を書いた書簡を送り説得します。

 

「私は韓馥(かんぷく)と共に漢の天下の永続を望み、天下万民が等しく

帝を仰ぎ見るようにしたいと常々考えていた所です。

現在、西方には一応、幼い帝がおられますが、血統的には漢室に繋がっておらず

また、その朝廷も逆賊の董卓にこびへつらい、とても信用が置けません。

我々としては、これ以上は戦をせず拠点に兵を置いて守り、ただ反逆者共が

東に出られないようにして、自然に王朝が倒れるのを待つべきでしょう。

 

一方で、東方においては、徳高い君子をお迎えして帝に擁立すれば、

自然に人心は集まり天下太平を期待できるというものです。

どうして、当然の道理を決めるのに、そう迷われるのでありましょうか?

相手は、我が一族を滅ぼした仇です、伍子胥(ごししょ)の例を引くまでも無く

何としても、その仇を討つべきであるのに王朝に仕えるのは不義でしょう」

 

袁術は猛然と反論する、不忠者は貴様だ!

 

それに対して、袁術はまた、返事を書いています。

 

「天子様は幼いが聡明であり、周の成王の如き名君の器であります。

逆賊董卓は、暴力によって百官を威圧し思うがままに振る舞っていますが、

天子様に手を出すような事がない以上は、これは、やがて過ぎ去る小さな災厄です。

それを待つではなく、東にも別の天子を立てて、天下に二人の帝を出現させるとは

あなたは、まだ天下には混乱が足りないと考えているのか?

 

しかも、不敬にも天子様は血縁的に漢室と繋がりがない等と言われる!

何を根拠に、そんな伝聞を言うのか?これが誹謗中傷でなくて何でしょう。

 

我が袁家は、何にもまして忠義を持って漢室に仕えた家柄であった・・

伯父の袁隗(えんかい)も慈悲深い人物であり董卓に誅される事は百も承知でありながら、

天子を置き去りにするにしのびなく、敢えて死を受け入れたのです。

一族は多くが殺され、破滅し流浪しましたが、幸いにして全国から協力する人々が

出現して、逆賊董卓を討伐して仇を討てと力を貸してくれています。

 

それを肝に銘じて、飽くまで董卓を除き、天子をお救いするのが筋であるのに

さらに新たな天子を擁立しようとは、これが不忠でなくて何であろうか?

 

あなたは、一族を滅ぼした漢室に仕えるのは不義だと言うが、

一族を滅ぼしたのは董卓であり、国ではありません。

国は天と同じであり、弓を引くなど思いもよらぬ事です。

 

私は、ただひたすら董卓を誅殺し天子をお救い致し忠義を貫くのみであり、

それ以外の計画に加担するつもりはない」

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

魏志の袁術伝は意地悪にも、前置きに

 

「袁術は異心を持ち、自分が皇帝になりたいから袁紹の劉虞擁立に反対して、

こんな事を言った」等と書いていますがこれはとても変な話です。

 

自分で皇帝になるつもりなら、むしろ、積極的に劉虞を擁立して、

漢王朝のブランド力を下げた方が、新王朝を立てるのに有利だからです。

むしろ、献帝を擁護して一つの王朝を堅持するのは不利にしかなりません。

 

事実として、献帝は袁術に劉虞と協力して漢室の再興に力を尽くすように

要請している事から、少なくとも袁紹よりは袁術に好感を持っていたようです。

 

こうして考えると、袁術は最初から新王朝の建国を狙っていた、、

という事ではなかったようです。

よく考えれば、孫堅を督戦して積極的に董卓を攻撃させたのも袁術ですからね。

 

ちょっと、袁術を見直せる話かも知れません。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策!

関連記事:袁紹と袁術の仲が悪くなった理由は劉虞が原因か!?【黒田レンの考察】

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【10/17〜10…
  2. 于禁(うきん)は魏でも手柄抜群なのにジェットコースターのような人…
  3. 実在しません!でもめちゃ有名な貂蝉に隠された不滅の人気の秘密は…
  4. 31話:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操
  5. 三国志時代の楽しい農村!当時の農業とはどんなのがあったの?
  6. 激務をちょっと忘れられるホッと一息の「ユルめ記事」2016年総集…
  7. 【はじめての君主論】第3話:君主に必要とされる力量とは?光武帝と…
  8. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?
  2. 秦の身分制はどうなっていたの?夏子、真って何?
  3. 【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎
  4. 後藤又兵衛(後藤基次)はどんな最期を遂げるの?
  5. スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた!【古代中国の仙人事情】
  6. これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレードマークの理由!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

朱儁(しゅしゅん)とはどんな人?董卓を恐れずに反対意見を述べた人物 呉のマスオさん朱然、養子で入って呉に尽くした小さな大都督の人生 豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗殺者 【初めての戦国史】武田家を継いだ晴信に新たな試練が訪れる 連環の計って、どんな作戦? 【真田丸特集】司馬懿と秀吉、大返しで天下を手繰り寄せる! 決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選 曹真が明帝時代の名将である確固たる理由

おすすめ記事

  1. こっそりお教えします!NHK大河ドラマの通な見方。歴代大河ドラマも徹底紹介!
  2. 131話:新宰相・蔣琬(しょうえん)により変貌する蜀
  3. 恩賜の御衣ってなに?三国志や源氏物語にも出てくるエピソードを紹介
  4. 106話:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに
  5. 曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?
  6. キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデルが存在した!
  7. 曹休(そうきゅう)ってどんな人?一回の敗北で、後世の評価がガタ落ちした魏の武将
  8. 【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP