編集長日記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話

この記事の所要時間: 254




 

小さな英雄、曹操(そうそう)、その大人物ぶりを表わす逸話として、官渡の戦いで

袁紹(えんしょう)と内応した部下の手紙を押収してもその内容を確認する事なく

見なかった事にして焼き捨て、内応の罪を不問にするなど、カッコイイ所があります。

しかし、この逸話、実は真実ではなく、曹操はパフォーマンスをしたに過ぎない、

という、やや、みみっちい裏話があるのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

前回記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由




曹操、部下の袁紹への内応の手紙を焼か・・ずに取っておく

 

西暦200年、官渡の戦いを劇的な食糧庫、烏巣焼き討ちで乗り切った曹操。

兵糧を失った袁紹軍は潮が引くように冀州に引き上げていきますが、

ギリギリ辛勝の曹操軍に、それを追撃する力はありませんでした。

 

慌てていた袁紹軍は、機密の書簡も放り出して逃げて行ったので、曹操の手元には、

自軍の武将が袁紹の寝返りに応じた書簡までが残される事になりました。

心辺りがある武将は内心気が気ではありませんが、曹操は、その書簡を見ずに

 

「いやいや、わしだって負けると思っていたのだ、諸君なら尚更不安だろう」

 

と言いつつ、書簡に火をつけて焼き払ったと言うのです。

いかにも天下の三分の二を制覇した英雄に相応しい度量のように見えます。

ところが、実は、曹操のこの行為はパフォーマンスに過ぎませんでした。




三国志 魏志 趙儼伝に引く魏略に曹操の嘘が記録されていた・・

 

実は、曹操が部下の寝返りの手紙を見ていないというのは嘘でした。

その証拠は、三国志魏志 趙儼(ちょうげん)伝に引く魏略の以下の記述です。

 

曹操が袁紹の記録所を捜査させたところ、李通の文書だけが見当たらなかったので

「李通だけは本当の忠義者じゃ!」と曹操は感激した。

 

さあさあ、大変な事になってしまいました。

 

 

曹操、部下の寝返りの手紙を見ていないどころか、しっかりガン見した上に、

李通だけは内応していない、忠義なヤツと感激しているのです。

 

手紙を焼くのは光武帝のパクリだった・・つまり

 

そもそも、部下が敵に内応した証拠の手紙を焼くというのは、

曹操のオリジナルではありませんで、光武帝劉秀(りゅうしゅう)

邯鄲(かんたん)を落して王郎(おうろう)を誅殺した時に、

王郎に通じていた部下の手紙数千通を焼き捨てた故事を真似したものです。

 

こうなると、こういう推測が成り立ちます。

 

①曹操部下の寝返りの文書を発見→

②わしを裏切りおって許せん→

③しかし、今、問題にすると部下が袁紹に寝返る→

④よし、見なかった事にしよう→

⑤そうじゃ光武帝の故事じゃ!

 

曹操の脳裏に光武帝の故事が甦り、一度は見た書簡を見なかった事にし

もう一度、袋につめて諸将の前に持ち出して、見なかった事にして

燃やしてしまったのです。

 

関連記事:あの光武帝がダジャレ大好き!?初陣で早くもギャグをかます劉秀に萌え

関連記事:光武帝はとんでもないスピリチュアマニアだった!?劉秀の意外な一面

 

その後、執念深く、内応者を排除していった曹操

 

曹操の対応は、みみっちくても必要なパフォーマンスでした。

袁紹は負けたとはいえ、攻めてきた側であり、曹操は防戦一方だったのです。

もし、ここで書簡を見て、内応者を確定したと宣言したら、誅殺される前に

袁紹に寝返ろうと大挙して、冀州に離脱したかも知れません。

 

ここは、みみっちくても「見てません」を押しとおし、その実、内容は把握して、

政権が安定していくに従い、内応者を一人、また一人と別件で誅殺していく

或いは、曹操はそういう事をしたのかも知れません。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

曹操は、強かな一面を持っていますから、一方で大物ぶりながら、

一方では、執念深く、自分を裏切っていた部下をマークして折を見て排除した

というような事は大いにあり得る事ではないか?などと思います。

しかし、李通以外は、皆んな内応していたとしたら、そりゃあ、手紙見たぞとは

言えないでしょうね、下手すりゃ、その日の内に謀反が起きるかも?ですもんね。

 

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:楊奉が袁術から離反しなければ官渡の戦いは袁術vs袁紹になっていた!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww
  2. 「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  3. 125話:何で孔明や姜維の北伐は街亭や祁山にこだわったの?
  4. キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰?
  5. 【緊急】今ならプライム会員10%オフ!歴史小説が熱い【はじさん書…
  6. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第2部
  7. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1
  8. 袁術の側室・馮氏(ふうし)の憐れな偽装死にも気づかなかった鈍感・…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.2
  2. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介
  3. 【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったWanted
  4. 横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?
  5. 信玄の敵は謙信ではなかった?武田家を揺るがす最強の敵出現
  6. 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になった男【遼東三代記】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介 袁渙の「政治力」がスゴイ!はちみつおじさん袁術と虎の如き強さを持った呂布を大人しくさせた政治とは? 千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当なの? 【ネオ三国志】第7話:皇帝に就任した袁術と荀彧の秘策【蒼天航路】 【はじさん書評倶楽部】堀江貴文「多動力」を読む 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術 真田昌幸の智謀がキラリと光る!徳川軍を打ち破った伝説の戦い上田城攻防戦 なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの?

おすすめ記事

  1. 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【後半】
  2. 【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?
  3. 117話:司馬懿仲達、三国志の表舞台に出現!劉禅は劉備の後継者に。
  4. 田豫(でんよ)とはどんな人?魏の国境付近の平和を勝ち取っていた異民族政策のプロ
  5. 播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣
  6. 49話:許攸の寝返りが曹操を勝利に導く
  7. 潘璋(はんしょう)とはどんな人?素行や勤務態度は悪いけど呉の最強武将
  8. 吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の達人

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP