はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志テストにチャレンジ!!TOSIC990点を目指せ!!

この記事の所要時間: 253




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・抜き打ちテスト」のコーナーです。

 

 

皆さんテストは好きですか?

そうですか、嫌いですか・・・・・。残念です。

いいですか、人間はテストをしているときが一番伸びるときなんですよ(よく生徒に言ってます)。

これは皆さんの三国志の力を伸ばすチャンスです。

前向きに受け止めてください。

それでは今日は、抜き打ちにはなります。三国志のテストを行います。

カンニング行為は発見次第退場にします。

自分の力で解きましょう。ケアレスミスをしないように必ず見直しをしてください。

絶対に途中で寝ないように!!寝ていたらエルボーをくらわせます。

これは体罰ではありませんので親には言わないように。

 

 

ちなみにこのテストは世界中で行われている

TOSIC(Test Of SANGOKUSHI For International Communication)です。

得点は10点から990点までの範囲です。

なんと、高得点を取れるようになると就職にも有利なんです。

例えば目安をお伝えするとTOSIC800点突破だと極楽天株式会社に入社できる資格です。

一流企業ですね。有名な女子アナはだいたいみんな900点以上です。

今回の問題はすべて三国志の親子テストです。簡単です。

息子の名前が言えるかどうかです。

最後まで諦めずに取り組みましょう。それでは皆さん、GOOD LUCK★

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

前回記事:三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学!




初級編

 

第1問

凌操の息子は?(これはもらった!)

 

第2問

楊彪の息子は?(曹操に殺されちゃったあの方)

 

第3問

司馬懿の息子は?長男と次男を長男から順に答えなさい。(逆にならないように)

 

第4問

趙雲の息子は?長男と次男を長男から順に答えなさい。(いたよね。ゲームに登場するし)

 

第5問

袁術の息子は?(これは袁術ファンには楽勝問題だ。甥と間違いないように)




初級編解答

 

第1問の答えは呉の凌統です。(200点)

第2問の答えは魏の楊脩です。(楊修でもOK)(90点)

第3問の答えは魏の司馬師、司馬昭です(100点)(逆に答えていたら10点)

第4問の答えは蜀の趙統、趙広です。(90点)(逆に答えていたら20点)

第5問の答えは仲の袁耀です。(100点)

 

それでは中級編です

 

第6問

公孫瓚の息子は?(弟が有名だから気を付けて)

 

第7問

孫策の息子は?(いるんです。活躍してないけど)

 

第8問

韓徳の息子を四人答えよ。(これ全部言えたら凄い!もうそれで合格です)

 

中級編解答

 

第6問の答えは公孫続です。(別解もあるのかも?)(70点)

 

第7問の答えは呉の孫紹です。(80点)

 

第8問の答えは魏の韓瑛、韓瑤、韓瓊、韓琪です。

(順番は問わない。中間点は一人正解につき20点。パーフェクトの場合は100点とする)

 

いよいよ上級編です

 

第9問

馬超の息子を二人答えよ。(最初の子は殺されちゃってます)

 

第10問

黄祖の息子は?読み方も正確に答えよ。(名前はよく見ると思う。読み方が難しいぞ)

 

上級編解答

 

第9問の答えは馬秋、馬承です。(順番は問わない。片方正解は30点、両方正解は70点)

第10問の答えは黄射(こうえき)です。(90点)

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

いかがでしたか?何点くらいになりましたか?

はい、800点突破したひと手を挙げてください。おー!いないか?いないのか!?

「はじめての三国志」の読者の皆様には300点は突破してほしかった。

でも、突破していなくてもしょげないでください。

いいですか、テストは解き直しをしてこそ一番力が付くのです。

同じ間違いを次にしなければOKですよ!

ちなみに僕は私は、990点ですよ!!という方は

「はじめての三国志」のアンケートまでご一報ください。

特に景品は用意はしていませんが・・・・・。はい、文句言わない。

ご褒美欲しさにテストを頑張るのはダメ!テストは自分の将来のために頑張るものです。

次に向けてまた頑張ろう!!

 

はじめての三国志アンケートはこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【難問】三国志好きは解きたくなる!なぞなぞ・クイズ集

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってき…
  2. 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた
  3. 関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法
  4. 営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!…
  5. 9話:張角が太平道信者を増やした方法
  6. もし姜維が魏に残り続けていたら蜀はどうなった?魏では出世できた?…
  7. 100万人の三國志 Specialとはどんなアプリゲーム?
  8. 旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?
  2. 呂布の裏切りについて考察してみた
  3. 曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン
  4. 麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍
  5. 【呉の猛将・太史慈】相手の隙をついて包囲網を突破:意外と知らない彼の知略エピソード
  6. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人 劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった! 王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実 それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選 関羽は本当に忠義の士だったの?三国志のタブーに挑む! ガシュガル・ホータン連合軍を率いて戦い続けた後漢の武将・班超 はじめての三国志 FRESH! by AbemaTVを開設しました!

おすすめ記事

  1. 【告白】私はこうして三国志にハマりました!
  2. 【シミルボン】すでにキャラ立ちしている、民話の中の三国志
  3. 孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!?
  4. 大阪城へいざ参らん!!黒田家元家老・後藤又兵衛
  5. 忠義の士・陸遜に迫る!陸遜は呉でクーデターを起こすことはできたの?
  6. 中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話
  7. 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪?
  8. 【軍師連盟】司馬懿は曹操の仕官の誘いを何で断わったの?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP