三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学!




三国志 麻雀

 

三国志ファンの皆様なら、愛してやまない『三国志』。

実は英訳されて海外でも読まれているのはご存知ですか!?

読む人によっては『英訳三国志』は漢文や古典よりも簡単に感じるといいます。

何故なら、英訳はあまりにも直訳過ぎるから!

 

『三国志』の他にも、多くの中国古典文学が英訳されているのですが…

英語が苦手な方も安心して下さい!

英訳のあまりの直球ぶりにハマってしまうかも!?

早速、インターナショナルな中国文学的の世界を見てみましょう!!



議論勃発!『三国志演義』英訳タイトル

曹操

 

実は『三国志演義』は翻訳者によって微妙に英訳タイトルが違います。

正式な英訳タイトルは決まってないのが現状なのです。

その為、ネット上ではアツい議論になる事もしばしば…

英訳は意味や内容を意訳したタイトルと、そのまま直訳したものに分けられるようです。



日本で知られる英訳『三国志演義』タイトル

photo credit: On horseback via photopin (license)

 

『三国志演義』の英訳であれば、

 

【The Romance of Three Kingdoms】

 

C.H.Brewitt Taylar氏の翻訳(初版1925年)からきています。

日本ではこちらの英訳が広く知られています。

ゲームのタイトルでも使われてますしね。

 

※Romance=ロマンス、伝奇、恋路、色気、伝奇小説

ちょっと意味が広すぎて微妙です…。

色気って!!

英訳をまた日本語に直訳しちゃうと、三つの国の色気?

 

ちなみにフランス語でのRomanは、小説と言った意味がありますが、英語のRomanceとは別物。

 

アメリカで主流な英訳『三国志演義』タイトル

photo credit: Flag Day Dinner stage via photopin (license)

 

実際アメリカではMoss Roberts氏の翻訳(初版1976年)

 

【Three Kingdoms: A Historical Novel】

 

というタイトルがかなり普及しているそうです。

 

※Kingdoms=王国、国家

 

三つの王国〜その歴史小説 といった所でしょうか。

魏・呉・蜀の三国の歴史の小説に間違いありません。わかりやすいですね!

 

ロマンスって何やねん!!(怒)という方はコチラ

流石に英語圏でも“Romance”という単語に違和感を感じる人も多いので

 

【Epic of Three Kingdoms,】

【Saga of Three Kingdoms】

 

といった表現で翻訳、紹介される事もあるそうです。。

うーん。

英訳タイトルが沢山ありすぎて、確かにこれは議論勃発ですね。

 

ちなみにAmazonなどでは三国志演義を”Epic”の単語を用いて説明しています。

Epic=大作、Saga=英雄伝、武勇伝

といった意味合いです。

どちらもロマンスよりはしっくりくる気がしますね!

 

なんでTaylorさんはロマンスにしたんでしょうか…

 

『正史三国志』は割とスッキリ

正史 三国志 張飛

 

議論が絶えない英訳『三国志演義』ですが、『正史三国志』のほうはスッキリしています。

歴史書としての扱いですので

 

【Records of Three Kingdoms】

【The Chronicles of Three Kingdoms】

 

を一般的に用いるようです。

 

研究者や中国に詳しい人は

 

【Sanguo Zhi】

 

という、中国語のピンイン読みそのままで用いるようです。

 

登場人物や地名はピンイン読み

三国志 まとめ

 

ちなみに『演義』も『正史』も、英訳版では登場人物の名前などは全てピンイン表記です。

 

曹操→Cao Cao

劉備→Liu Bei

孫権→Sun Quan

 

貂蝉→Diao Chan

雛氏→Lady Zou

 

(Taylor訳より 現在での表記を参照)

 

雛氏がまさかのレディ・ガガ化!

『氏』は名前という訳ではないので、女性の敬称として翻訳された結果です。。

 

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 曹丕と曹植
  2. 矢を集める諸葛亮孔明
  3. 太行山に入り山賊になる劉備三兄弟
  4. 曹操は関羽をGET

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP