呂布特集
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

はじめての変

三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学!




三国志 麻雀

 

三国志ファンの皆様なら、愛してやまない『三国志』。

実は英訳されて海外でも読まれているのはご存知ですか!?

読む人によっては『英訳三国志』は漢文や古典よりも簡単に感じるといいます。

何故なら、英訳はあまりにも直訳過ぎるから!

 

三国志』の他にも、多くの中国古典文学が英訳されているのですが…

英語が苦手な方も安心して下さい!

英訳のあまりの直球ぶりにハマってしまうかも!?

早速、インターナショナルな中国文学的の世界を見てみましょう!!



議論勃発!『三国志演義』英訳タイトル

曹操

 

実は『三国志演義』は翻訳者によって微妙に英訳タイトルが違います。

正式な英訳タイトルは決まってないのが現状なのです。

その為、ネット上ではアツい議論になる事もしばしば…

英訳は意味や内容を意訳したタイトルと、そのまま直訳したものに分けられるようです。



日本で知られる英訳『三国志演義』タイトル

photo credit: On horseback via photopin (license)

 

『三国志演義』の英訳であれば、

 

【The Romance of Three Kingdoms

 

C.H.Brewitt Taylar氏の翻訳(初版1925年)からきています。

日本ではこちらの英訳が広く知られています。

ゲームのタイトルでも使われてますしね。

 

※Romance=ロマンス、伝奇、恋路、色気、伝奇小説

ちょっと意味が広すぎて微妙です…。

色気って!!

英訳をまた日本語に直訳しちゃうと、三つの国の色気?

 

ちなみにフランス語でのRomanは、小説と言った意味がありますが、英語のRomanceとは別物。

 

アメリカで主流な英訳『三国志演義』タイトル

photo credit: Flag Day Dinner stage via photopin (license)

 

実際アメリカではMoss Roberts氏の翻訳(初版1976年)

 

Three Kingdoms: A Historical Novel】

 

というタイトルがかなり普及しているそうです。

 

※Kingdoms=王国、国家

 

三つの王国〜その歴史小説 といった所でしょうか。

魏・呉・蜀の三国の歴史の小説に間違いありません。わかりやすいですね!

 

ロマンスって何やねん!!(怒)という方はコチラ

流石に英語圏でも“Romance”という単語に違和感を感じる人も多いので

 

【Epic of Three Kingdoms,】

【Saga of Three Kingdoms】

 

といった表現で翻訳、紹介される事もあるそうです。。

うーん。

英訳タイトルが沢山ありすぎて、確かにこれは議論勃発ですね。

 

ちなみにAmazonなどでは三国志演義を”Epic”の単語を用いて説明しています。

Epic=大作、Saga=英雄伝、武勇伝

といった意味合いです。

どちらもロマンスよりはしっくりくる気がしますね!

 

なんでTaylorさんはロマンスにしたんでしょうか…

 

正史三国志』は割とスッキリ

正史 三国志 張飛

 

議論が絶えない英訳『三国志演義』ですが、『正史三国志』のほうはスッキリしています。

歴史書としての扱いですので

 

【Records of Three Kingdoms】

【The Chronicles of Three Kingdoms】

 

を一般的に用いるようです。

 

研究者や中国に詳しい人は

 

【Sanguo Zhi】

 

という、中国語のピンイン読みそのままで用いるようです。

 

登場人物や地名はピンイン読み

三国志 まとめ

 

ちなみに『演義』も『正史』も、英訳版では登場人物の名前などは全てピンイン表記です。

 

曹操→Cao Cao

劉備→Liu Bei

孫権→Sun Quan

 

貂蝉→Diao Chan

雛氏→Lady Zou

 

(Taylor訳より 現在での表記を参照)

 

雛氏がまさかのレディ・ガガ化!

『氏』は名前という訳ではないので、女性の敬称として翻訳された結果です。。

 

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 姜維の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行
  2. 実在した仙人?史実でも孫策に殺されてしまう于吉(うきつ)
  3. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操 曹沖は魏の皇帝になる予定だった?曹操が愛した息子をご紹介
  4. 死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争
  5. 孫子の兵法 曹操 【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?
  6. 皇帝に就任した曹丕 禅譲とは何をするの?曹丕を例にわかりやすく解説
  7. 城 銅雀台 まさかのまさか?いや、当然?漢王朝が2回も滅亡したワケ
  8. これであなたも角栄になれる!?大物になる6の心得

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. ヨイショをする曹操
  2. 蒋琬と姜維と王平
  3. 劉備と郭嘉
  4. 賈詡
  5. 明智光秀 麒麟がくる
  6. 陸遜
  7. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  8. 于禁、曹操、青州兵
  9. キングダムの王騎

おすすめ記事

  1. 北方の雄・公孫瓚が滅びた原因は○○だ! 公孫サン(公孫瓚)
  2. 魯粛から「食わせ者」の本当の意味を知ろう!! 魯粛
  3. 乱世の女は強かった!女城主直虎以外の女傑を紹介 大喬
  4. 張飛にはどんな逸話があるの?イメージとは違う張飛の実像 張飛
  5. 東京オリンピックの暑さ対策としての打ち水は効果あるのか? 日本の猛暑に疲弊している海外のマラソン選手 いだてん
  6. スケベには回避不能?董卓を滅ぼした貂蝉の連環の計 貂蝉

三國志雑学

  1. 孔明
  2. 典韋にボコボコにされる成廉
  3. 呂布のあっけない最後
  4. 羊コと信頼の関係を築く陸抗(りくこう) 羊祜
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 袁術と周瑜と孫策
  2. 孫権の遺言で丞相に就任する諸葛恪
  3. はてなマークな劉備と袁術
  4. 鮮卑大人、育延
  5. 尹夫人と曹操
  6. 三国夢幻演義バナー 龍の少年

おすすめ記事

しっかりと仕事をこなす華歆(華キン) 司徒とはどんな役割?具体的に何をする?チベットでは今も存在する司徒 三国志ライター黒田レン 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ 【真田丸】高速で関ヶ原の戦いは終わったが、どうして三成と家康が戦うことになったの?『黒田廉の考察』 劉備孔明と出会う? 【三国志if】もしも劉備が諸葛亮孔明にフラれていたら!? キングダム567話「明日の太陽」ネタバレ&レビュー 曹操 まだ漢王朝で消耗してるの?第3話:赤壁の敗戦と新国家の骨格 曹操 このマンガがすごい!呉に光を当てた『江南行』『みんなの呉』『赤壁ストライブ』をレビューするよ 朶思大王 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP