キングダム
馬超




はじめての三国志

menu

執筆者:ろひもと理穂

卑弥呼は魏に何を献上したの?また魏国からの下賜品の差の謎に迫る

難斗米(なしめ)




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志邪馬台国ミステリーツアー」のコーナーです。

 

 

三国志といえば、ちょうど日本では「卑弥呼」が登場した時代です。

学校でも習いますね。卑弥呼は「親魏倭王」の称号を得るのです。

ちなみに「漢委奴国王」の金印が福岡県の志賀島で発見されていますが、

あれば別の話です。というか時代が違いますね。二アミスではありますが。

 

 

漢委奴国王は西暦57年、後漢皇帝・光武帝の時代のお話です。

親魏倭王は西暦238年(239年という説が有力になってきていますが)、

魏の皇帝・明帝(曹叡)の時代のお話です。

今回は、後者の西暦238年、239年について触れていきましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:松本清張も注目!邪馬台国(やまたいこく)はどこにあったの?




卑弥呼の使者

 

邪馬台国がどこにあったのかは未だ謎になっています。

いずれゆっくりとお話したいと思いますので、今回は外交に注目してお伝えしていきましょう。

女王・卑弥呼の使者に選ばれたのは、難升米(なしめ)というひとです。凄い名前ですね。

お米の名前ではありません。ひとの名前です。

このひとが女王の代わり、つまり邪馬台国代表です。

もうひとり都市牛利という名前もあります。副使だったそうです。

この二人が、朝鮮半島の帯方郡を通じて外交交渉を行います。

帯方郡はかつて公孫氏が治めていた領地です。

 

 

西暦210年に公孫康(こうそんこう)が設立したといわれています。

西暦238年に司馬懿の征東軍によって公孫氏は滅ぼされ、帯方郡は魏の領土となっています。

邪馬台国の使者が来たのがちょうどこのタイミングだというのです。




邪馬台国からの献上品

 

完全に朝貢のための使者でした。

中華の皇帝の支配が及ばない地域では、その地域の代表者が皇帝の正統性を認め、

貢ぎ物を捧げ、その土地の支配権を容認してもらうという冊封朝貢外交が盛んに行われています。

邪馬台国もその目的のために帯方郡を訪れたのです。

難升米と都市牛利は、朝貢のために献上品を持参してきています。

それが、生口男女10人と班布2匹2丈でした。

生口は奴隷のことです。当時は人間も商品として売り買いされていた時代です。

あの曹操も部下に生口を報酬として与えたという記録が残っています。

班布とは織物のことでしょう。その長さは約20mという計算になります。

意外に貧弱な献上品であることに驚きます。

 

魏国からの下賜品

 

これに対して魏は、卑弥呼を親魏倭王に封じます。

さらに金八両、五尺刀を二口、銅鏡をなんと百枚、

真珠五十斤、鉛丹五十斤などの下賜品が邪馬台国に与えられました。

邪馬台国からの献上品に比べるとずいぶん豪勢ですね。

普通に考えると逆のような気がします。

しかも親魏王の称号は外夷に与えるものとしては最高位といわれています。

この称号を得たのは他に一国のみです。

アフガニスタンのクシャン朝、ヴァースデーヴァ王です。

親魏大月氏国王となっています。かなり巨大な文明国家でした。

それと比べると邪馬台国は弱小勢力です。

それがなぜこうも厚遇されたのでしょうか。

 

関連記事:世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

 

鬼道をもって国を治める卑弥呼

 

実はこのとき魏の明帝は重い病に臥せっていました。

明帝が死去するのは西暦239年の1月のことです。

よって多くの混乱の時期でもあり、「正史」の明帝本紀にこの邪馬台国からの使者の記録がありません。

これだけの扱いをしながら記録は「東夷伝」にしか記載されていないのです。

では、なぜそんな混乱のなかにありながら邪馬台国の使者は丁重に扱われたのでしょうか。

それは卑弥呼が鬼道の使い手だったからだといわれています。

 

 

卑弥呼の呪術によって明帝の病を治してほしく厚遇したというわけです。

もはやそれ以外に明帝の病を治す術はありませんでした。

 

関連記事:倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説

関連記事:邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

ある意味タイミングが良かったといえる卑弥呼の朝貢作戦。見事に成功します。

真珠や鉛丹は不老不死の研究に使用されていた材料で、

おそらくはこれで明帝を治す薬を作ってほしいということだったのでしょう。

しかし邪馬台国の使者が帰国したのは西暦240年のこと。すでに明帝は死去していました。

 

卑弥呼ってどれほどの人物だったのでしょうかね。気になります。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?

関連記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 司馬懿 【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?
  2. 呉の孫権 【if三国志】赤壁の戦い前に呉が魏に降伏していたらどうなったの?…
  3. 張遼・楽進・李典 2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進
  4. 蜀の姜維 姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長…
  5. 北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいな…
  6. 五虎大将軍の関羽 【関羽の北伐】麋芳、士仁はなぜ関羽に嫌われてたの?
  7. 亡くなる孫堅 孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の…
  8. 【大三国志 攻略2】同盟と高Lvの土地攻略!最高に面白くて眠れま…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 李元昊
  2. 悪来と呼ばれた典韋
  3. 陸遜
  4. 織田信長
  5. 一騎打ちをする太史慈と孫策
  6. キングダム
  7. 三国志ライター黒田レン
  8. 劉備 孫権 ゆるキャラ

おすすめ記事

  1. 諸葛亮がもし延命していたら三国志はどうなる?第五次北伐後の孔明の戦略 歳をとっても元気な孔明
  2. 楊阜(ようふ)はどんな人?馬超へ復讐することを誓った魏の報復者
  3. 魏延と馬岱は孔明を恨んでいた「怨トモ」だった!? 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱
  4. 30話:曹操軍を支えた最強の青州兵 曹操軍
  5. 【潼関の戦い】関中軍閥にはどんな人がいたのか? 梁興と馬騰
  6. 徳川家が豊臣を滅ぼすきっかけとなったのはどんな理由だったの? 徳川家康

三國志雑学

  1. 老荘思想(ろうそうしそう)
  2. 周瑜はナルシスト
  3. 蜀の劉備
  4. 華陀
  5. 趙雲
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 袁術と孫策
  2. 周瑜 美男子
  3. 李典
  4. 夏侯惇
  5. 三国志 人気武将ランキング
  6. 新選組の土方歳三
  7. 負けた魏延

おすすめ記事

馬良(眉白) 三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』 キングダム52巻 キングダム577話ネタバレ予想vol2難攻不落の鄴ってどんな城? おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十四話「徳政令の行方」の見どころ紹介 知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント 月刊はじめての三国志2018年5月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました カイ良、カイ越、蔡瑁に初めて会う劉表 【kawausoミエル化計画】地味な劉表政権をミエルカしてみたよ! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/24〜7/31】 【歴史が変わった?】袁術が献帝を擁護していたらどうなってたの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP