キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術

魯粛と周瑜




 

これから伸びていきそうな企業に対して先行投資する、これにはリスクが伴います。

失敗したら大損する事になるからです。

しかし、やると決めたら、できるだけ早く、さらに相手が希望するよりも大きな金額を

投資するのがビジネスで成功を収める近道です。

今回も三国志から、大きな援助で成功を掴んだ人物の話を紹介しましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術




三国志の仕掛け人、魯粛は大きな投資で歴史に名を刻む

 

降伏に傾いていた孫呉の世論を孫権(そんけん)を説得する事で開戦に軌道修正し、

魏・呉・蜀の三国時代の立役者となったのが、魯粛子敬(ろしゅく・しけい)です。

徐州臨淮(りんわい)郡東城(とうじょう)県に産まれた魯粛は富豪でしたが、

ただの大金持ちの旦那で終わるつもりはなく、天下を動かすという野心を持ち、

日々、軍事教練に明け暮れ、困った人に施して数百名の手勢を持っていました。

 

そんな魯粛の元に、周瑜(しゅうゆ)という人物が尋ねてきました。

居巣(きょそう)の県長という肩書きでの表敬訪問でしたが、それは表向きの話で

主君の袁術(えんじゅつ)の暴政で困窮している県の為に資金援助を願いに来たのです。




全財産の半分を初見の周瑜に与え、全幅の信頼を掴む

 

周瑜を一目見た魯粛は、これが非凡な人物であり、田舎の県長程度では、

終わらない天下の逸材であると即座に見抜きます。

 

そして、周瑜が言いにくそうに、援助を求めると、魯粛は周瑜を外に案内し

敷地内にあった魯家の二つの蔵の中の一つを丸ごと与えると提案したのです。

それは、富豪の魯家の財産の半分を与える事を意味していました。

見ず知らずの自分の為に、財産を半分与えるという魯粛の行為に、

周瑜はすっかり魅了されてしまいました。

 

周瑜の予想を超えた金額、そして決断の速さが堅い信頼を産んだ

 

周瑜も、ただ県長をやっているわけではないので、おおよそ援助の相場を

把握していた筈です。

 

恐らく魯粛の家だけではなく、他の富豪だってあたるつもりだったでしょう。

そして、援助したらどんな見返りがあるか聞いてくる、上から目線の富豪に

愛想よく対応しながら、何とか必要な援助を取りつける算段があったと思います。

ところが、魯粛の援助は、そんな周瑜の目算を遥かに超える大金であり、

しかも、何らの見返りの要求もせずに即決で決めています。

 

周瑜の援助申請の旅は、ただ魯粛の家を尋ねるだけで終結したのでしょう。

或いは、それ以外の富豪の家を回って、少しの援助を得たとしても、

魯粛が示した決断の速さと援助の大きさが周瑜の頭を離れなかったのは

想像に難くありません。

 

周瑜の脳裏には、魯粛への感謝が刻み込まれました。

そして、この恩義を返さねばならないと強く思うようになるのです。

 

盟友の孫策が江東を征した時、周瑜は魯粛を新政権に誘う

 

やがて、周瑜は盟友の孫策(そんさく)が江東で自立した事を知ると、

魯粛に会い、共に江東で孫策に仕えないか?と誘いをかけます。

魯粛も孫策に将来性を感じていたので、一族郎党を率いて江東に渡ります。

以後、紆余曲折ありますが、魯粛は常に周瑜に引き立てられ、

西暦210年の周瑜の死後には、後任の都督として、魏、蜀との難しい外交の

かじ取りを任され実績を挙げていく事になるのです。

 

その地位も権勢も、田舎の富豪の旦那どころではない大きなものでした。

魯粛は、最初に周瑜という大きな逸材に投資した事で、孫呉と結びつきを得て、

彼の念願であった歴史に名を残す事に成功したのです。

 

ビジネス三国志ライターkawausoの独り言

 

魯粛が周瑜の心を掴んだのには、2つのポイントがあります。

1つ目は周瑜の予想を超える大金を援助した事、2つ目は、

その決断が迅速であり待たせなかったという事です。

 

資金援助を求める側は、どうしても立場が弱いですから、

「本当は五百万必要だけど、三百万あれば当面いけるか・・」

 

というような心理になりがちです。

そこを察して、五百万円出す事が出来れば、相手はこちらに強烈な印象と

感謝の念を持つ事でしょう。

そして、グダグダ言わず出すと決めたら誰よりも早く出す事です。

それは相手を疑わない=信頼の表れとして取られる事になります。

 

こうして無事、事業が成功した暁には、相手は是非あなたの会社と

優先的に取引をしたいという気持ちを持つ事でしょう。

 

どうせ援助すると決めたなら、援助額を割り増しして渡し、

あれこれ言わないでスピーディーにという事は難しくありません。

しかも、その効果は絶大なモノになり戻ってくるのです。

 

 

関連記事:営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!

関連記事:【5分で分かるビジネス三国志】三言で田嬰(でんえい)を動かした男

関連記事:【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司馬穰苴(しばじょうしょ)から学べ!

関連記事:知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこっそり教えちゃいます!

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. チビってしまう司馬懿と孔明 司馬懿は大軍を率いていながら孔明にビビって逃走したってほんと?
  2. 呉蜀と魏に二股をかけている孫権 関羽のワガママ死は孫権の無節操が原因だった?
  3. 沙摩柯 甘寧を討ち取った沙摩柯とは?夷陵の戦いで突如として現れた胡王
  4. 兵士と禰衡 【三国志問題】リアルな武装率ってどれ位あった?
  5. 孫権に諫言する陸瑁 陸抗と孫権の間に遺恨は残らなかったの?二人のエピソードを紹介
  6. 唐周(とうしゅう) 唐周(とうしゅう)とはどんな人?張角の野望を砕いた元信者
  7. 暴れまわる異民族に困る梁習 羌族は何者?何度も反乱を起こし漢王朝のHPを削ったヒャッハー集団…
  8. 出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁家をイジメる董卓
  2. 龐統と的盧
  3. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 呂布に暗殺される董卓

おすすめ記事

  1. 馬超が曹操に仕えていたらどうなったの?馬超vs関羽の軍事衝突の可能性も!
  2. 今川家のポンコツではなかった今川義元の前半生に迫る! 今川義元
  3. 趙直(ちょうちょく)とはどんな人?夢占いで人の運命を占った蜀の天才占い師 はじめての三国志 画像準備中
  4. 諸葛瑾は呉の黒幕!孫権さえ手が出せなかったってホント?
  5. 五代友厚と大久保利通、互いを認め合った2人の逸話 五代友厚 幕末
  6. 荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?曹操と生涯仲良し綺麗事を言わない荀彧の甥 荀攸

三國志雑学

  1. 劉備を警戒する陳羣
  2. 曹宇
  3. 徐晃
  4. ヤンキー曹操
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 兵戸制
  2. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  3. 悪い顔をしている諸葛亮孔明
  4. 魏を破る朱然
  5. ホウ徳

おすすめ記事

討ち死にする黄崇 夷陵の戦いで出てくる劉備の陣形の問題点ってなに?陣形は不適格だった? 殷の大様002 1話:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの? キングダム53巻 キングダム589話ネタバレ予想「王翦は鄴城に何を仕掛けた?」 高杉晋作 高杉晋作の奇兵隊はどんな組織だった? 徐晃 徐晃(じょこう)ってどんな人?魏において、もっとも功績を挙げた無敗将軍 三国志の計略と孔明 謎の中華料理「日本豆腐」と「孔明点灯豆腐」とは? 幕末 魏呉蜀 書物 中国の歴史書は二十一史?それとも二十四史どんなことが書いてあるの? 三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP