広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

洛陽から発見された玉璽は本当に価値があったの?

この記事の所要時間: 229




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・最強のアイテム」のコーナーです。

 

 

三国志のシュミレーションゲームをプレイしていると、

アイテムを手に入れることがあります。

例えば関羽が愛用した「青竜偃月刀」。

ゲームによって効果は異なりますが、これを装備すると一騎打ちで強くなったり、

武力の数値が上がったりします。

 

 

他にも呂布(りょふ)の愛馬である「赤兎馬」を武将に与えると、

戦場から逃走する際に絶対に敵に捕まらないなどの効果を発揮します。

そんな特殊アイテムの中で最強を誇るのが漢王室伝国の璽、通称「玉璽」です。

こちらの効果もゲームによって様々ですが、

毎月回復する君主の行動力が増加したり、魅力のバロメーターが一気にMAXの100になったりします。

袁術(えんじゅつ)が玉璽を手に入れてある条件を満たすと

皇帝を自称するようになるというイベントが発生したりもします。

もちろん本家の三国志のお話の中にも玉璽は登場してきます。

それが董卓VS反董卓連合のときです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操




董卓は洛陽を焼き払い長安へ遷都

 

董卓(とうたく)は洛陽を拠点にして戦うことが不利だと考えて、西方の長安へ遷都します。

その際に洛陽を焼き払ったことは有名な話です。

 

 

孫堅(そんけん)は入洛後に井戸から五色の気がたちのぼっていることに気が付き探らせたところ、

井戸の中から玉璽を見つけたのです。

玉璽には「受命于天、既寿永昌」と刻まれていたと「呉書」に記されています。

 

 

董卓が洛陽に入る以前のことですが、宦官の張譲たちが皇帝を連れ去って出奔したときに、

皇帝の側近たちは混乱し、玉璽の保管係が井戸に投げ込んだとも記されています。

孫堅は廃墟と化した洛陽から伝説のアイテムをゲットしたわけです。




袁術の手に渡る

 

どういう経緯なのかは伝わる話によって異なりますが、この玉璽が最終的には袁術に渡ります。

袁術の死後は行方がわかりません。

「山陽公載記」にはなんと袁術が孫堅の妻を人質にとって玉璽を奪ったと記されています。

他にも有名な話では孫堅の遺児である孫策が、玉璽と交換して袁術から兵を借りたというものもあります。

予想するに孫堅→孫策→袁術→孫権と玉璽は渡ったのではないでしょうか。

するとこの玉璽にはかなりの価値があったことになるのです。

 

皇帝になる大義名分

 

三国志に登場する大国・魏は、漢王室から皇位を禅譲してもらって正統な王朝となります。

脅迫じみたことは当然あったのでしょうが、筋は一応通っています。

それに対して蜀は漢王朝を引き継いだと称して対抗します。

劉備は仮にも皇族なので筋は通っています。

こうなると呉の孫権(そんけん)が帝位につく大義名分が必要になります。

西暦229年4月に呉の領土、夏口と武昌で黄龍と鳳凰が出現したというニュースが世間を騒がせます。

 

 

「それは吉兆!では皇帝になろう!」と孫権は帝位につくのです。

そんな噂話ぐらいで帝位につけるの?っていう話ですが、実際に孫権は皇帝になりました。

それくらいしか理由は思いつかなかったのでしょうが、かなり苦しいですね。

しかし世論はそれで納得するのでしょうか。

そこで登場するのがこの玉璽です。玉璽を所有しているということが、

帝位につく大義名分になったのではないでしょうか。

つまり、袁術と孫権はまったく同じ行動をしたということになります。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

呉が建国され、受け入れられた理由こそ、この玉璽にあったのではないかと推測します。

そう考えるとシュミレーションゲームの中の玉璽効果もあながち見当違いとも言えませんね。

玉璽が孫家に渡らなければ呉は誕生しなかったかもしれません。

まさに三国志に登場する最強アイテム、それが「玉璽」なのではないでしょうか。

 

皆さんはどう思いますか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた

関連記事:【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?
  2. 軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>
  3. 赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬
  4. 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)
  5. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?後編
  6. 狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切…
  7. 三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる!
  8. 曹操が人材集めに熱中していたのは曹騰(そうとう)の影響だった!?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で分かりやすく解説するよ
  2. キングダムで活躍している名将・李牧は実は臆病者だった!?
  3. 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?
  4. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第2回 三国志マニアも喜ぶ豊富なキャラ!
  5. 三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥
  6. 【三国志で例えるよ】初心者でも『エドワード黒太子』が分かる。西洋史の基礎&豆知識!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【キングダムに登場した子孫達】王賁の子孫は三国時代で大活躍 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後漢にやってきたローマ使節 18話:菫卓を守った最強のボディーガード呂布 元祖そこまで言って委員会!孔融と禰衡の議論がカオス 【センゴク】西の覇者毛利水軍vs織田水軍の戦い「木津川口の戦い」 華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器 趙娥(ちょうが)とはどんな人?復讐者兼暗殺者であった烈女・龐蛾親(ほうがしん) 老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

おすすめ記事

  1. 【はじめての孫子】第9回:其の疾きことは風の如く、其の徐なることは林の如く
  2. 吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の達人
  3. 徐宣(じょせん)とはどんな人?魏の三代に仕えて歴代の君主に褒められた忠義心の塊
  4. 「キングダム」に学ぶ成功哲学!先んずれば人を制すって何?
  5. 1万7000人、秀吉軍のフルマラソン(中国大返し)街道でお茶とおにぎり食い放題、5日間で70キロ走破
  6. 諸葛亮孔明が残した兵法書はどれなの?便宜十六策の中身を一部紹介
  7. 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている○○があったから
  8. 驚愕!実は名築城家でもあった魏延の意外な才能!

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP