帝政ローマ

はじめての三国志

menu

はじめての変

洛陽から発見された玉璽は本当に価値があったの?

この記事の所要時間: 229




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・最強のアイテム」のコーナーです。

 

 

三国志のシュミレーションゲームをプレイしていると、

アイテムを手に入れることがあります。

例えば関羽が愛用した「青竜偃月刀」。

ゲームによって効果は異なりますが、これを装備すると一騎打ちで強くなったり、

武力の数値が上がったりします。

 

 

他にも呂布(りょふ)の愛馬である「赤兎馬」を武将に与えると、

戦場から逃走する際に絶対に敵に捕まらないなどの効果を発揮します。

そんな特殊アイテムの中で最強を誇るのが漢王室伝国の璽、通称「玉璽」です。

こちらの効果もゲームによって様々ですが、

毎月回復する君主の行動力が増加したり、魅力のバロメーターが一気にMAXの100になったりします。

袁術(えんじゅつ)が玉璽を手に入れてある条件を満たすと

皇帝を自称するようになるというイベントが発生したりもします。

もちろん本家の三国志のお話の中にも玉璽は登場してきます。

それが董卓VS反董卓連合のときです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操




董卓は洛陽を焼き払い長安へ遷都

 

董卓(とうたく)は洛陽を拠点にして戦うことが不利だと考えて、西方の長安へ遷都します。

その際に洛陽を焼き払ったことは有名な話です。

 

 

孫堅(そんけん)は入洛後に井戸から五色の気がたちのぼっていることに気が付き探らせたところ、

井戸の中から玉璽を見つけたのです。

玉璽には「受命于天、既寿永昌」と刻まれていたと「呉書」に記されています。

 

 

董卓が洛陽に入る以前のことですが、宦官の張譲たちが皇帝を連れ去って出奔したときに、

皇帝の側近たちは混乱し、玉璽の保管係が井戸に投げ込んだとも記されています。

孫堅は廃墟と化した洛陽から伝説のアイテムをゲットしたわけです。




袁術の手に渡る

 

どういう経緯なのかは伝わる話によって異なりますが、この玉璽が最終的には袁術に渡ります。

袁術の死後は行方がわかりません。

「山陽公載記」にはなんと袁術が孫堅の妻を人質にとって玉璽を奪ったと記されています。

他にも有名な話では孫堅の遺児である孫策が、玉璽と交換して袁術から兵を借りたというものもあります。

予想するに孫堅→孫策→袁術→孫権と玉璽は渡ったのではないでしょうか。

するとこの玉璽にはかなりの価値があったことになるのです。

 

皇帝になる大義名分

 

三国志に登場する大国・魏は、漢王室から皇位を禅譲してもらって正統な王朝となります。

脅迫じみたことは当然あったのでしょうが、筋は一応通っています。

それに対して蜀は漢王朝を引き継いだと称して対抗します。

劉備は仮にも皇族なので筋は通っています。

こうなると呉の孫権(そんけん)が帝位につく大義名分が必要になります。

西暦229年4月に呉の領土、夏口と武昌で黄龍と鳳凰が出現したというニュースが世間を騒がせます。

 

 

「それは吉兆!では皇帝になろう!」と孫権は帝位につくのです。

そんな噂話ぐらいで帝位につけるの?っていう話ですが、実際に孫権は皇帝になりました。

それくらいしか理由は思いつかなかったのでしょうが、かなり苦しいですね。

しかし世論はそれで納得するのでしょうか。

そこで登場するのがこの玉璽です。玉璽を所有しているということが、

帝位につく大義名分になったのではないでしょうか。

つまり、袁術と孫権はまったく同じ行動をしたということになります。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

呉が建国され、受け入れられた理由こそ、この玉璽にあったのではないかと推測します。

そう考えるとシュミレーションゲームの中の玉璽効果もあながち見当違いとも言えませんね。

玉璽が孫家に渡らなければ呉は誕生しなかったかもしれません。

まさに三国志に登場する最強アイテム、それが「玉璽」なのではないでしょうか。

 

皆さんはどう思いますか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた

関連記事:【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホー…
  2. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1
  3. 曹操って孫子の兵法書を編集した人だけど兵法を使って戦ったことある…
  4. 関羽千里行って有名だけど何なの?
  5. 松本清張も注目!邪馬台国(やまたいこく)はどこにあったの?
  6. 権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権
  7. 朱霊(しゅれい)とはどんな人?曹家に仕えて30年のベテラン将軍!…
  8. 曹昂すぺしゃる「丁夫人と曹昂」

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志地図|中国にも九州があった?州について分かりやすく解説
  2. 刎頚の交わりを結んだのに・・・張耳と陳余の数奇な運命
  3. 的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死
  4. 【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【前半】
  5. ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる
  6. 【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の十二神将 【匡亭の戦い】曹操が黄巾百万を降した奇跡が袁術の関東統一のチャンスを失ってしまう 足利義昭(あしかがよしあき)と織田信長の微妙な関係性はどうやって幕を閉じたの? 管輅(かんろ)とはどんな人?全ての占いを極めた天才占い師 漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争! 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ! 孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう) 正史の張郃(ちょうこう)ってどんな人?劉備や孔明も恐れた魏の猛将

おすすめ記事

  1. もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの?
  2. 夏侯淵の死後、一族はどうなったのか?
  3. 張飛が長坂橋を落とした時、曹操はどうして攻撃しなかったの?
  4. 偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?
  5. 蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義
  6. 曹操が大好きだった忠義の人物を勝手にランキング化してみるよ
  7. 0話:歴史は繰り返す!三国志エピソード ゼロ
  8. 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP