曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

【田疇の進言】烏桓討伐戦で曹操に助言したのは郭嘉だけではなかった!

この記事の所要時間: 338




 

袁尚(えんしょう)・袁煕(えんき)の兄弟は曹操に敗北すると逃亡。

彼らが逃亡先として選んだのは昔から袁家と仲が良かった烏桓族の元です。

烏桓の実質的な指導者であった蹋頓(とうとん)は、

単于の意見に従って彼らを受け入れることになります。

 

 

曹操は烏桓を討伐するために郭嘉(かくか)の進言に従って北伐(ほくばつ)を開始。

この烏桓討伐戦で活躍したのは郭嘉(かくか)や張遼(ちょうりょう)だと思われがちですが、

実はもうひとり活躍した人物がいたことをご存知でしょうか。

有名な武将達の影に隠れてしまった烏桓討伐の立役者である人物を

ご紹介していきたいと思います。

 

関連記事:銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの?

関連記事:こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【前半】




山に国家を作り出した在野の人物

 

曹操の烏桓討伐に参加したのは除無山(じょむざん)というところに

民衆達と一緒に住んでいた在野の人物である田疇(でんちゅう)という人物です。

彼は元劉虞(りゅうぐ)の家臣でしたが公孫瓉に殺害された事に激怒し、

一族を連れて山の中に住むことにします。

彼が除無山に住み始めると近隣の住民達が彼の元を訪れて、

次第に民衆の数がどんどん膨れ上がってきます。

そして彼は民衆達から推挙されて長になると法を定めていくと

民衆達は法をしっかりと守り道端に落ちている物すら拾わなくなっていきます。

さらに北方の異民族である鮮卑族や烏桓族などから貢物が届くようになり、

国家の様相を呈してくることになります。




独立不羈を貫き通す

 

袁紹は田疇の擬似的な国家にたいして使者を送り彼に対して将軍の位を授け、

率いている民衆達を自らの勢力へ取り込もうとします。

しかし田疇は袁紹からのもらった将軍の位をすべて返還し袁紹の誘いを断ります。

また袁紹の死後袁家の棟梁として振舞っていた袁尚(えんしょう)も

彼に対して度々使者を送ってきますが、

この袁尚の誘いに対しても断り、独立不羈を貫いていきます。

 

かつての恨みを晴らすために協力する

 

田疇は公孫瓉に主君である劉虞を殺害されたことに恨みを持っておりましたが、

彼は滅亡してしまいます。

しかし彼にはもう一つ恨みを晴らすべき勢力がありました。

それは烏桓族です。

彼は昔、烏桓族に同僚を殺害されておりこの恨みを晴らそうと心に誓っておりましたが、

烏桓を討伐するほどの大勢力を築くことができずにおりました。

そんな中、曹操軍が烏桓討伐に田疇の力を借りたいとの申し出がありました。

田疇はこの申し出を聞くとすぐに曹操軍に協力することを誓い参陣します。

 

田疇の策

 

田疇は曹操軍に加わっておりましたが、

この時ちょうど雨季に差し掛かっており道路はぬかるんでおり通行不可能でした。

また烏桓族も自らの領内へと続く道へ曹操軍を侵入させないため、

道路を寸断して防備を固めます。

曹操は烏桓討伐を行う道がなくどうすればいいのか判断を決めることができなかったため、

田疇に相談します。

すると田疇は「この地は毎年雨につかってしまい、

歩くことも船を浮かべたりすることもできない状態になってしまいます。

しかし烏桓の本拠地を突くことのできる細い道は残っております。

烏桓族は曹操軍が道を通ることができないことを知っており、

この細い道には守備軍はほとんどおいていないと思いますが万全を期すため、

この地に木札を立てて退却することを烏桓の守備兵に教えれば、

彼らは本拠地へ退却することでしょう。

その間我らは守備軍がいなくなった細い道を通って、

烏桓本拠地を突けば間違えなく勝利することが出来るでしょう。」と進言。

曹操は田疇の進言通り道の真ん中に木札を立てて

「雨が大量に降って道が寸断されているため雨が降らない秋になってから

再度出陣する。」と記しておきます。

すると烏桓族の守備兵達は曹操軍が退却すると思い込んでしまい、

本拠地へ退却していきます。

そして田疇を道案内として烏桓の本拠地である柳城から80キロほど離れた場所に

進出することに成功します。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

曹操は田疇の作戦を採用したことにより敵陣へ向かって進軍を開始。

烏桓の兵士達は大いに驚いて迎撃の陣を構えますが、

曹操軍の攻撃に対応することができずに敗北してしまいます。

その後烏桓の単于や袁尚・袁煕兄弟は、

遼東の太守として君臨していた公孫氏に身を寄せますが、

公孫氏は彼らを殺害して曹操に恭順する姿勢を示したことによって袁家は滅亡し、

袁家が支配していた土地はすべて曹操の物になります。

もし田疇がいなければ曹操軍は道が分からずに烏桓族を討伐に

かなりの時間を要していたかもしれません。

すると南方の劉表孫権が曹操の領土へ攻め込んで、

曹操の領内が大混乱した可能性を考えると田疇の活躍は

烏桓討伐戦の立役者にふさわしい活躍をしているのではないのでしょうか、

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

次回記事:何で曹操はあれだけ関羽を愛していたのに配下から逃がしたの?

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)
  2. 曹操の人材登用法が魏国の安定をもたらす!能力主義者・曹操の二段構…
  3. 周舒(しゅうじょ)とはどんな人?預言書に記されていた「漢に代わる…
  4. もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?
  5. 【第四回 放置少女】伏龍参戦の新イベントと公孫瓚に挑んでくるぜ!…
  6. 【第1話】戦え!于禁文則ん「鮑信との出会い」
  7. 軍略にも才能を発揮した蒋済(しょうさい)の進言集
  8. 城濮の戦いとはどんな戦い?晋の文公が覇者たる地位を手に入れること…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. はじめての三国志 4コマ劇場 「合肥の戦い」
  2. 日本人必見!楠木正成(くすのき・まさしげ)は孔明に並ぶと讃えられた忠義を尽くした武将
  3. 曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?
  4. 【時代の先導者】父に嫌われていた孟嘗君・田文は○○がきっかけで父の跡を継ぐことになった
  5. その裏切りはちょっと!!三国志の裏切りベスト10
  6. 伊達宗城の業績はこれだけある!?四賢候宗城のスゴさ

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【はじめてのスキッパーキ】どうして?スキッパーキのしっぽ(断尾)の話【第3話】 李傕(りかく)とはどんな人?董卓よりも横暴な政治を行った暴虐な政権運営者 【中国の杯】三国時代ではどこで酒宴していたの?杯について徹底解説 三国志の魏、呉、蜀で頭の良い軍師は誰だ?ランキング化するよ! 三国志補完計画・どちらが本当の三国志?正史と演義 こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【前半】 これぞ重箱の隅!三国志の時代の調理具・食器特集! 曹丕はどうやって後継者争いに勝ち残って魏の初代皇帝になれたの?

おすすめ記事

  1. 趙の名将・李牧の孫が国士無双で知られるあの人と関係があった!
  2. 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!
  3. 極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの?
  4. 【第4回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】これは素晴らしい人選ね!呉のあの猛将が仲間入り!
  5. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.2【完】
  6. 【萌えキャラ三国志】萌えな3武将を選んでみたよ
  7. 意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた
  8. 劉瞱(りゅうよう)ってどんな人?王族出身の名門参謀でもあり魏の重臣

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP