編集長日記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

なぜ袁紹は小勢力の曹操に敗北してしまったの?原因は名士だった!?

この記事の所要時間: 31




 

河北の覇者として君臨していた袁紹(えんしょう)

そして呂布(りょふ)袁術(えんじゅつ)劉備(りゅうび)と名だたるライバル達を蹴散らして、

河南を統治することに成功した曹操。

その後両者は天下の覇者を決することになる大事な戦いである官渡の戦いを勃発させます。

戦術面で袁紹軍を疲弊させ、袁紹軍から寝返ってきた許攸(きょゆう)から兵糧集積所を聞き出し

袁紹軍の兵糧集積所を焼き討ちしたことで官渡の戦いは曹操軍の勝利となります。

しかし許攸が寝返ってきた原因を突き詰めていくと袁紹の配下である名士達に原因がありました。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる




袁紹が敗北したのは名士が原因その1:河北と河南の名士がいた事

 

袁紹は後漢王朝の名家出身の人物です。

反董卓連合軍解散後河北で勢力を伸ばしていき、ついに河北全域を統一することに成功。

彼が河北を統一する直後から多くの人材が名家出身である袁紹の元に集まってきており、

袁紹の元に集まってきた人材の多くは名士と言われる地方の実力者達でした。

配下となった名士達の意見を多く取り入れて行く事になるのですが、

彼の態度に大きな問題がありました。

袁紹の配下の名士の多くは河北と河南の人材であり、

河北統一戦では河北・河南の名士達の意見を全て取り入れる事が可能でした。

しかし河北が統一された後中華を一つにまとめるためには南下するしかありません。

袁紹軍が南下するときに立ちはだかる最大の群雄は河南を制圧していた曹操でした。

そのため河北・河南の名士達の意見が真っ二つに割ることになるのです。




袁紹が敗北したのは名士が原因その2:名士の意見が二つに割れた事が原因

 

袁紹の配下となっている名士達が一致団結して曹操討伐の作戦を出しているのであれば、

彼の今まで通りの方針で政治・軍事を行っていて問題はありませんでした。

しかし河北・河南の名士達の意見は真っ二つに割れてしまいます。

河北の名士達は南下して曹操軍と対決することに消極的であり、

国力をもっと増強してから戦うべしと唱えておりました。

だが河南の名士達は曹操を倒して中華統一へ向かうためには南下するべしと

曹操と対決することに積極的でした。

袁紹は名士の意見を今まで全て取り入れていたので、

両者の名士達の意見が二つに割れた時にどうすればいいのか迷ってしまうことになります。

その結果、河南出身の積極策を提案していた名士である

許攸(きょゆう)は自らの献策を取り入れない袁紹の姿にイラついて曹操軍に寝返ってしまうのです。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

袁紹が敗北したのは名士が原因その3:自らの判断をしなかったこと

 

袁紹は河北・河南の名士達の意見が真っ二つに割れてしまった事が原因で、

身動き取れない状況になってしまいます。

その原因は袁紹が名士達の意見を全て聞いて、

状況に応じた自らの判断をしなかったことに原因があります。

名士達の意見が半分に割れてしまっては今までの方針通り、

配下の名士達の意見を全て聞くことは難しく身動きできない状況に陥ってしまいます。

そのため軍事・政治が円滑に進まなくなってしまい、

官渡の戦いでは全ての行動が後手後手に回ってしまいます。

 

 

その結果君主権力を確立していた曹操軍の迅速な対応に間に合うことができず、

袁紹は鳥巣(うそう)の兵糧集積所を救援することができずに敗北してしまうのです。

上記三つの理由により名士達が袁紹が曹操に敗北してしまった原因であると考えるのですが、

皆様はどのように思いますか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

袁紹は名士達をうまく使うことができないために敗北してしまいます。

しかし袁紹と正反対のことを行っていた群雄である呂布や公孫瓚(こうそんさん)達も

滅亡してしまいます。

名士を尊重すれば、迅速な対応ができずに軍事力は低下していきます。

また名士に頼らないで君主権力強化を行い続けて軍事力強化に特化することは、

支配地域の安定をもたらすことができません。

そのため三国志の時代に突入すると魏・呉・蜀はそれぞれどのように名士達と向かいつつ、

軍事力を強化していくことができるのか。

この二つの命題に苦労することになるのです。

 

参考文献 中公新書 三国志 渡邉義浩著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?

関連記事:韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え自殺してしまった武将

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓
  2. 三国同盟の終わりと武田信玄の危機
  3. これぞ日本版・四面楚歌!織田信長はトップに立った時から敵ばかりだ…
  4. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 …
  5. 夏侯惇の死後、一族はどうなったの?忙しかった夏侯惇はイクメンでは…
  6. 高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺…
  7. 大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!?
  8. 三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 孔明や安倍晋三も真似た『国家百年の計』って一体誰の言葉?現在でも使える春秋戦国時代の名言
  2. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察
  3. 【世界版】死者同士の結婚「冥婚」は韓国・台湾・アフリカ・フランスにもあった!?
  4. 【書評】キングダム 最強のチームと自分をつくる【伊藤羊一】
  5. 【孫武の名言】「将、軍に在りては君命をも受けざるところにあり」っていつ言ったの?
  6. 程普(ていふ)ってどんな人?孫家三代に仕え、数々の戦を戦った孫呉の重鎮

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

袁術祭り開催日程のお知らせ 125話:何で孔明や姜維の北伐は街亭や祁山にこだわったの? 韓玄(かんげん)とはどんな人?劉備に降伏した長沙太守 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」 王允(おういん)ってどんな人?中華を救うべく董卓暗殺に成功するも…残念な結末を迎える 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【9/25〜10/2】 甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師) 旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?

おすすめ記事

  1. 諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏の諸葛一族
  2. 三國無双では女性が戦闘しているが本当に史実でも戦っていたの?
  3. 東方明珠のへなちょこ長江旅行記 その3
  4. 閻行(えんこう)とはどんな人?韓遂の部下だが曹操の人質アタックに敗れる
  5. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1
  6. 北方の雄・公孫瓚が滅びた原因は○○だ!
  7. 董昭(とうしょう)とはどんな人?曹操の覇業を支えた重要人物
  8. 曹髦(そうぼう)とはどんな人?曹植に匹敵する才能を持ち、曹操に見劣りしない武略を持っていた為に、殺害されてしまった皇帝

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP