よかミカンの三国志入門
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

はじめての魏

韓宣(かんせん)とはどんな人?曹植が口喧嘩して勝つことのできなかった人物

魏の韓宣(かんせん)は口喧嘩が強い
この記事の所要時間: 248




曹植

 

唐の時代に出現する李白(りはく)・杜甫(とほ)。

彼らは詩聖(しせい)と称された天才文学者ですが、

曹植(そうしょく)は彼らが出現するまで、詩聖と言われる程の文学者でありました。

そんな天才文学者を口喧嘩で「参った!!」と言い負かした人物がいたのをご存知ですか。

 

魏の韓宣(かんせん)は口喧嘩が強い

 

曹植を言い負かした人物の名を韓宣(かんせん)と言います。

彼はどのようにして曹植を言い負かしたのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:刑顒(けいぎょう)とはどんな人?三国志時代の曹植家に仕えていた執事





曹操に召し出されるも仕事がなかった

 

曹操韓宣を鄴(ぎょう)に召し出して官職を与えます。

彼が与えられた官職は軍謀掾(ぐんぼうえん)と言う官職でしたが、

当時はあまり仕事がなかったようでブラブラ鄴の街で遊んでいたようです。

そんなある日彼は仕事で宮中に呼ばれることになり向かうと

とある人物に出会います。

その人物は詩聖と呼ばれることになる文学の天才・曹植でした。




雨が降っていたから脇に避けなかった事が原因で・・・・

 

韓宣は曹植と宮中の門で出会います。

普通位の高い人物と遭遇した場合、

その人の通る道を避けなければ礼を失していると言われてものすごく怒られてしまいます。

しかし韓宣は曹植と出会った日は雨がザーザーぶりで、

道路がぬかるんでいたため避ける事のが難しい状態でした。

そのため彼は扇で自らの顔を隠してその場をやり過ごそうとします。

曹植は扇で顔を隠している人物が道を避けずにその場に立ち尽くしている様を見て激怒。

車を止めて彼に文句を言いに行きます。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

韓宣vs曹植の戦いその1:きつい反撃を食らう曹植

 

曹植は部下へ「やつの官職を聞いてこい」と命令します。

部下は韓宣の元へ行って官職を聞いてくると曹植へ「軍謀掾だそうです。」と報告。

曹植はすぐに車から顔を出して韓宣へ「貴様。列侯を邪魔していいと思っているのか」と

怒鳴りつけます。

すると韓宣は「王の直臣は諸侯の上にあるとされており、

田舎の諸侯へ礼をしっかりと示さなければならないとは聞いておりません。」と反論。

この韓宣の言い方に激怒して曹植は再び韓宣に質問します。

 

関連記事:ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り

関連記事:楊脩(ようしゅう)は何故、曹操に殺されたの?曹植と禰衡にも愛された才能の持ち主

 

韓宣vs曹植の戦いその2:再び痛撃な反論を位諦めて逃亡してしまう

 

曹植は韓宣の物言いに激怒して再び車から「貴様の言うことが正しかったとしてもだ。

父親の役人として仕事をしているのにその父の息子に会えば礼を示すのが

普通だろう」と聞き返します。

すると再び韓宣は「礼において臣と子は同列です。

それに加えて私のほうが年齢は上でありますのになぜ礼を示さなければならないのでしょうか。」

と再度反論されてしまいます。

曹植はこいつを屈服することができないと考えて彼を放置して逃亡。

そして曹丕に会うと韓宣との出来事をすべて報告するのです。

曹植が韓宣の事を曹丕に告げたことによって後日彼の命が助かることになります。

 

処罰を受ける間際に・・・・

 

曹丕(そうひ)が皇帝として就任した時、韓宣は職務上の過失によって処罰されるところでした。

ちょうど韓宣が処罰される頃、曹丕がたまたま処罰するところを目撃。

彼は処罰されそうになっている韓宣を見つけると「名前を何と言うのだ」と質問。

すると韓宣は自らの姓名を大声で述べます。

曹丕は昔曹植が口喧嘩で勝つことのできなかった人物の名を思い出し、

「やつには才能があるから逃がしてやれ」と言って釈放させたそうです。

こうして韓宣は処罰されることなく曹叡(そうえい)の時代まで曹魏に仕えることになるのです。

 

関連記事:もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

関連記事:曹丕のいじめ・パワハラに悩まされた被害者たちを紹介

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

天才文学者・曹植が口喧嘩をして勝つことのできなかった人物がいた事を

皆さんは知っていましたか。

かなりマイナーな文官であるのでほとんどの方は知らなかったのではないのでしょうか。

韓宣がかなりの知識を持っていたからこそ曹植と口喧嘩をして勝つことができ、

曹植も自分を言い負かすことのできる人物の才能を曹丕に語ったからこそ、

彼は処罰されることなく曹叡の時代まで曹魏の臣下として仕えることができたのでしょう。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三國志魏書4 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

関連記事:【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです
  2. 劉馥(りゅうふく)ってどんな人?魏の地方行政官なのに無人の合肥を…
  3. 李豊(りほう)とはどんな人?才能ある人物なのかそれともただのポン…
  4. 鄧艾(とうがい)ってどんな人?苦労人のド根性人生に迫る
  5. 魏の忠臣・徐宣(じょせん) 徐宣(じょせん)とはどんな人?魏の三代に仕えて歴代の君主に褒めら…
  6. 衛覬(えいき)とはどんな人?関中復興に画期的な提案を行った魏の文…
  7. 文聘(ぶんぺい)のリアル三國無双!五虎大将軍の関羽を倒し呉王・孫…
  8. 文聘(ぶんぺい)とはどんな人?魏延とも打ち合いをした魏の武将

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志
  2. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札

おすすめ記事

  1. 三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚
  2. 【三国志の民話】情けない顔で帰ってくる周瑜に小喬ブチ切れ!
  3. 邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国
  4. 関羽千里行って有名だけど何なの?
  5. おんな城主 直虎の予備知識を得よう!女城主・井伊直虎は今川家に呪われているらしい
  6. 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

魏の曹操孟徳 週刊ビジネス三国志 vo2都合の良い情報はよくよく注意して確認せよ 孔明の愛弟子であった姜維はなぜ孔明の後継者に選ばれなかったの? 天下布武の安土城!織田信長はなぜ安土城を建てたのか? 寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達 前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国へ 秦の為に戦い秦人に恨まれた名将 章邯(しょうかん) 蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介! 【三国志の原点】董卓を超えた暴虐者・梁冀と宦官の争いが後漢末の群雄割拠の原因だった?

おすすめ記事

  1. 【潼関の戦い】曹操軍の補給を担った杜畿(とき)を解説
  2. 張飛(ちょうひ)は本当は知将だった?
  3. 第11話:袁術くん「ミスコミュニケーション」の対策を劉表から学ぶ
  4. 孫皎(そんこう)とはどんな人?孫氏一族の文武兼備な将軍。しかし関羽の呪いで
  5. 【大三国志 攻略4】Lv6の土地の頑強な反撃に遭い、2度も壊滅!攻略なるのか!?
  6. 沮授はなぜか話を聞いてもらえない…主君に恵まれなかった人生
  7. 楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん
  8. 【保存版】孫呉の歴史(208~219)を年表でザックリ紹介するよ

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP