編集長日記
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての変

官渡の戦いを終戦に導いた許攸(きょゆう)は偉大なの!?

この記事の所要時間: 311




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・見向きもされない脇役たち」のコーナーです。

 

 

曹操や劉備などの明君や、諸葛亮孔明や郭嘉などの名軍師、

呂布や関羽などの名将らが華々しく活躍する三国志の世界ですが、

まったく見向きもされないような脇役たちもいます。

皆さんはそういわれて、まず誰をイメージするでしょうか。

逆にアンケートをとってみたいぐらいですね。

魏では夏侯楙(かこうぼう)とか。

いや、けっこう面白いキャラですけどね。

呉では宋謙(そうけん)かな。古参の将ながら活躍していないような気がします。

蜀では麋芳(びほう)とか。蜀ファンに恨まれている分、メジャーなのか。

と、いう流れで今回は曹操にも対等な口をきいていた(タメ口)イメージの強い

名士・許攸(きょゆう)について触れていきましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【関羽の北伐】麋芳、士仁はなぜ関羽に嫌われてたの?




許攸と曹操は幼馴染

 

許攸、字は子遠。荊州南陽郡の生まれです。近郊の汝南の名士グループに属しており、

曹操の他、荀彧らとも交流がありました。

この汝南名士グループを「何顒グループ」とも呼びます。

何顒は許攸と同じく荊州南陽郡の生まれです。

清流派の代表格で、党錮を受けた人物のひとりです。

荀彧を「王佐の才」と評価したことでも有名です。

曹操に対しても「天下を安んじる人物」と評価しています。

何顒は汝南に逃れて袁紹らに歓迎されました。ここで許攸と袁紹は出会ったのです。

許攸は袁紹や張邈と「奔走の友」の交わりを結んでいたと伝わっています。

奔走の友とは、相手の危機に駆けつけるような友のことで、

かなり心を許し合っていたことがうかがえます。

つまりこの時点では袁紹、張邈、曹操、荀彧らと肩を並べる存在だったことになるのです。




だいそれた革命

 

その後、許攸は驚くべき行動に出ます。

西暦189年以前のことになりますが、詳細は残されていません。

許攸が後漢皇帝を廃し、別の皇帝を擁立しようと画策したのです。

このときの皇帝は霊帝(れいてい)です。

いろいろと不正疑惑があった皇帝ではありましたが、

これを廃するというのはずいぶん思い切った革命です。

このとき結託したのが冀州の刺史・王芬、豪族の周旌でした。

曹操も誘われたようですが、失敗することを見越して断っています。

同じく華歆も誘いを拒絶しています。

このあたりのメンバー構成は面白いですね。

曹操が西園八校尉に任じられる前だったのかは定かではありませんが、

もしかすると許攸はクーデターを成功させるために、

皇帝直属の軍を率いる曹操を引き入れたかったのかもしれません。

許攸らのクーデターは失敗。王芬は自害していますが、

許攸は逃亡し、袁紹の庇護を受けたようです。なんせ許攸と袁紹は奔走の友ですからね。

 

関連記事:霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実

関連記事:蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢

 

袁紹陣営を代表する参謀

 

袁紹の配下となり、田豊(でんぽう)に匹敵する参謀として重用されています。

やがて袁紹VS曹操の激突となります。持久戦を主張する沮授、田豊に対して、

決戦を主張する郭図、審配。袁紹は短期決戦を決断します。

しかし顔良、文醜と立て続けに猛将を討ち取られ、戦線は膠着状態となりました。

ここで許攸が「中入り」を主張します。

対峙する曹操軍を飛び越えて本拠地の許都を襲撃するというものです。

中入りは成功すると大きな成果になりますが、失敗すると大損害を被ることになります。

許攸の進言は却下されました。さらに許攸の家族が罪を犯して審配に逮捕されます。

これで許攸はキレてしまいます。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

許攸は曹操に降り、袁紹軍の兵糧貯蔵場所の情報を告げたのです。

これは袁紹軍にとって超重要機密です。

一部の重臣しか知り得ない内容でした。

許攸の情報を荀攸と賈詡は正確であると判断し曹操に進言します。

この烏巣焼き討ちが成功して曹操は袁紹に勝利することになるのです。

許攸の決断が曹操に奇跡の勝利をもたらせました。

しかし許攸はその後、慢心が過ぎて粛清されてしまいます。

奔走の友を裏切った許攸。

これがなければ袁紹は天下統一を成し遂げていたのかもしれません。

見向きもされない脇役にしては随分と重要なカギを握っています。

ちなみに許攸は荀彧からは「貪欲」、

さらに我らが主役の袁術様にも「不純な人物」と評価されています。

よっぽどな性格だったんですね。

かなりの個性的キャラなのかもしれません。

もっと注目されてもいいのではないでしょうか。

皆さんはどうお考えでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる

関連記事:なぜ袁紹は小勢力の曹操に敗北してしまったの?原因は名士だった!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 





ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記…
  2. 恩賜の御衣ってなに?三国志や源氏物語にも出てくるエピソードを紹介…
  3. 新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった
  4. 【科学面や発明品から知る三国志】三国時代の発明品ってどんなものが…
  5. 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者
  6. 若し頃の劉備は暗殺されそうになったり、カッコ悪かったりと散々だっ…
  7. 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか
  8. 2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!
  2. 馬謖は街亭の敗戦の後、何を画策したの?孔明を裏切る行為で憂え悲しむ
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース10記事【2/29〜3/6】
  4. 【大三国志 攻略3】滅亡も覚悟の8・8青州外交 どうなる同盟・天下乱舞の運命!
  5. 于禁(うきん)は魏でも手柄抜群なのにジェットコースターのような人生
  6. 強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!? 曹操の詩の世界を体験してみよう 秦の『人材』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか? 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介 邴原(へいげん)とはどんな人?曹操・荀彧から尊敬を受けたマイナー文官 くまモンだけじゃない!三国志の時代にもあった着ぐるみ 【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術

おすすめ記事

  1. はじめての三国志 facebook はじめました。
  2. キングダムで活躍している名将・李牧は実は臆病者だった!?
  3. 反董卓連合軍に参加したのは、誰と誰なの?【素朴な質問】
  4. 【キングダムをより楽しむ】河了貂と蒙毅が解説「軍師はどうやって誕生したの?」
  5. 強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致
  6. 空城の計って何?門を開けて敵軍をお出迎え?
  7. 【シミルボン】ええっ!そうなの?陳寿の三国志が簡潔な本当の理由
  8. ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の名将

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP