【キングダム】残念!ファルファルおじさん騰 死亡のお知らせ


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

合従軍編以来すっかり影が薄いですが、あのレジェンド将軍、王騎(おうき)の副官、

現在では王騎の軍を代わって率いているファルファルおじさん騰(とう)を皆さんは

覚えているでしょうか?

現在の所、魏と秦の国境を守る騰、ここだけの話ですが死亡するかも知れません。

今回は、何だか気になる騰の今後を大予想します。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった!


ファルファルおじさん騰が記録から消えるのは、紀元前230年

 

さて、愉快なファルファルおじさん騰は、史実では紀元前230年に、

韓を攻略、韓王安を捕えて滅亡させた辺りで記録が途絶えます。

 

何と、秦が戦国七雄の最初の一国を滅ぼした時の将軍が騰です。

もう、最後の花道的な演出は充分ですね!

ですので、漫画的には、そこから先は騰を出す必要はなく、

つまり、殺してしまってもいいわけです。

 

もちろん、殺さないで隠居させてもいいのですが、主要キャラが、

何も言わずにフェードアウトはあり得ませんよね?

 

これが、騰が死ぬかも知れない第一点です。

一応、頭の片隅に入れておいて下さい・・


録嗚未だけでなく、騰まで李牧の計略で殺される!

 

仮に、原先生が騰を殺す前提で漫画を進めたとしましょう。

史実では、紀元前229年、秦王政は、再び王翦(おうせん)に趙を攻めさせています。

この時の敵も李牧(りぼく)ですが、この秦の攻撃を何かに引っ掛けないのは損です。

そのように考えた場合、前年から出番がない騰を李牧に殺させてはどうでしょう?

 

最近は出番がありませんが、魏は、秦と国境を接して圧迫を受けています。

一方で趙は鄴を王翦に攻め落とされています。

趙と魏の利害は秦の勢力を削ぐという点で一致しますから、李牧の計略を

魏火龍七将の呉鳳明(ご・ほうめい)が実践したらどうなるでしょう?

 

騰が戦死すれば、秦の李牧への恨みは最高潮に到達するでしょう。

「王騎のみならず!録嗚未のみならず!騰までがリーボックによって!」

となれば、ファンのみならず、秦王政が再度、趙を攻める理由には充分です。

 

あ!録嗚未(ろくおみ)は、まだ死んでねーや・・

 

関連記事:【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる?

関連記事:キングダムで活躍している名将・李牧は実は臆病者だった!?

キングダムでも最強ランクの騰が死ぬの?

 

しかし、まだ半信半疑の人もいる事でしょう、キングダムでも最強ランクの

騰が果たして、いかに李牧の計略でも殺されるだろうか?

いえ、むしろ、そういう強い武将だからこそ、殺されるものなんです。

 

 

一番仕留めにくいのは、自分の為には、誰でも駒にする桓騎(かんき)のようなタイプ。

王騎のイズムを引き継いでいる騰は、それほど非情に物事を割り切るという事が

出来るタイプではありません。

 

例えば、鄴城の意趣返しで、秦の人民を人質にされ、それを救出する為に

敢えて不利な戦争に出ないといけなくなったら・・

桓騎なら、捕まる奴が間抜けだと笑うでしょうが騰では出来ないでしょう。

 

李牧がそんな卑劣な事をするか? 断言します、するでしょう。

これが桓騎相手なら、秦の人民を殺戮する羽目になりますが、

騰なら、そうはなりません。

よって李牧は、秦の人民を殺さず騰を殺す事が出来る計略で来るでしょう。


キングダムキャラでも人気がある騰が死ぬのは惜しいが・・

キングダム 26 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

確かにキングダムでも上位を争うキャラである騰が死んでしまえば、

その喪失感は王騎ロスに匹敵するかも知れません。

ですが、そうであればこそ、王騎がそうであったように

騰もファルファル伝説になる可能性があるわけです。

 

読者を楽しませ、予想を裏切り、期待は裏切らないのが面白い漫画である以上、

かなりの確率で騰は死んでしまうと予想します。


  

 

キングダムウォッチャーkawausoの独り言

 

とはいえ、騰の死はまだまだ先の事で、その前には桓騎の死が待っています。

もっとも桓騎には、敗走したという記述もあるので、こちらは死ぬかどうか、

分からないのですが、今の所は騰を心配しても仕方ないですねぇ・・

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー


 

関連記事

  1. 孔子
  2. キングダム 始皇帝
  3. 張飛の男気人生
  4. 管仲

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP