魏延
馬超




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【キングダム】残念!ファルファルおじさん騰 死亡のお知らせ




 

合従軍編以来すっかり影が薄いですが、あのレジェンド将軍、王騎(おうき)の副官、

現在では王騎の軍を代わって率いているファルファルおじさん騰(とう)を皆さんは

覚えているでしょうか?

現在の所、魏と秦の国境を守る騰、ここだけの話ですが死亡するかも知れません。

今回は、何だか気になる騰の今後を大予想します。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった!




ファルファルおじさん騰が記録から消えるのは、紀元前230年

 

さて、愉快なファルファルおじさん騰は、史実では紀元前230年に、

韓を攻略、韓王安を捕えて滅亡させた辺りで記録が途絶えます。

 

何と、秦が戦国七雄の最初の一国を滅ぼした時の将軍が騰です。

もう、最後の花道的な演出は充分ですね!

ですので、漫画的には、そこから先は騰を出す必要はなく、

つまり、殺してしまってもいいわけです。

 

もちろん、殺さないで隠居させてもいいのですが、主要キャラが、

何も言わずにフェードアウトはあり得ませんよね?

 

これが、騰が死ぬかも知れない第一点です。

一応、頭の片隅に入れておいて下さい・・




録嗚未だけでなく、騰まで李牧の計略で殺される!

 

仮に、原先生が騰を殺す前提で漫画を進めたとしましょう。

史実では、紀元前229年、秦王政は、再び王翦(おうせん)に趙を攻めさせています。

この時の敵も李牧(りぼく)ですが、この秦の攻撃を何かに引っ掛けないのは損です。

そのように考えた場合、前年から出番がない騰を李牧に殺させてはどうでしょう?

 

最近は出番がありませんが、魏は、秦と国境を接して圧迫を受けています。

一方で趙は鄴を王翦に攻め落とされています。

趙と魏の利害は秦の勢力を削ぐという点で一致しますから、李牧の計略を

魏火龍七将の呉鳳明(ご・ほうめい)が実践したらどうなるでしょう?

 

騰が戦死すれば、秦の李牧への恨みは最高潮に到達するでしょう。

王騎のみならず!録嗚未のみならず!騰までがリーボックによって!」

となれば、ファンのみならず、秦王政が再度、趙を攻める理由には充分です。

 

あ!録嗚未(ろくおみ)は、まだ死んでねーや・・

 

関連記事:【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる?

関連記事:キングダムで活躍している名将・李牧は実は臆病者だった!?

 

キングダムでも最強ランクの騰が死ぬの?

 

しかし、まだ半信半疑の人もいる事でしょう、キングダムでも最強ランクの

騰が果たして、いかに李牧の計略でも殺されるだろうか?

いえ、むしろ、そういう強い武将だからこそ、殺されるものなんです。

 

 

一番仕留めにくいのは、自分の為には、誰でも駒にする桓騎(かんき)のようなタイプ。

王騎のイズムを引き継いでいる騰は、それほど非情に物事を割り切るという事が

出来るタイプではありません。

 

例えば、鄴城の意趣返しで、秦の人民を人質にされ、それを救出する為に

敢えて不利な戦争に出ないといけなくなったら・・

桓騎なら、捕まる奴が間抜けだと笑うでしょうが騰では出来ないでしょう。

 

李牧がそんな卑劣な事をするか? 断言します、するでしょう。

これが桓騎相手なら、秦の人民を殺戮する羽目になりますが、

騰なら、そうはなりません。

よって李牧は、秦の人民を殺さず騰を殺す事が出来る計略で来るでしょう。

 

キングダムキャラでも人気がある騰が死ぬのは惜しいが・・

キングダム 26 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

確かにキングダムでも上位を争うキャラである騰が死んでしまえば、

その喪失感は王騎ロスに匹敵するかも知れません。

ですが、そうであればこそ、王騎がそうであったように

騰もファルファル伝説になる可能性があるわけです。

 

読者を楽しませ、予想を裏切り、期待は裏切らないのが面白い漫画である以上、

かなりの確率で騰は死んでしまうと予想します。

 

キングダムウォッチャーkawausoの独り言

 

とはいえ、騰の死はまだまだ先の事で、その前には桓騎の死が待っています。

もっとも桓騎には、敗走したという記述もあるので、こちらは死ぬかどうか、

分からないのですが、今の所は騰を心配しても仕方ないですねぇ・・

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ…
  2. 宦官の趙高(キングダム) 【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕…
  3. 尹夫人 曹操 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2
  4. これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。
  5. 7話:黄巾の乱は、どうして起こったのか? 黄巾賊についてわかりや…
  6. おんな城主 直虎 【実録】今川義元にいじめられ続けた井伊家と松平家
  7. 三国志と水滸伝の違い、あなたは説明できますか?
  8. 蜀の姜維 【孔明の戦術】戦いには旗が決め手!諸葛亮のフラッグフォーメーショ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  2. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)
  3. 高順が呂布に疎んじられた理由
  4. 三国志ライター よかミカンさん
  5. ドジっ子で周辺国を怒らせる平原君(へいげんくん)
  6. 典韋にボコボコにされる成廉

おすすめ記事

  1. はじさんが孫権を丸裸に!素顔は?身長は?孫権を徹底追及!
  2. 「濮陽の戦い」と「定陶の戦い」における曹操の復讐行為まとめ 苛ついている曹操
  3. 正史の公孫瓚は鬼畜外道?三国志最大のギャップ群雄 公孫サン(公孫瓚)
  4. 魯粛の子孫は父と同じように優秀な人なの?? 魯粛
  5. 黒田長政はすごい人?それとも親の七光りで出世した人?
  6. 【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂 陸遜

三國志雑学

  1. 龐統
  2. 怒る陳宮
  3. 張飛
  4. 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚)
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 馬謖を斬り悲しむ孔明
  2. 関羽と関索
  3. 華陀
  4. 敗北する桓騎
  5. 劉禅と董允

おすすめ記事

孔明を持ち上げる魏延 どうして魏延は叛いた?外様将軍の悲劇 邪馬台国の卑弥呼はアイドル 卑弥呼降臨 倭国大乱を制す【前編】 来島又兵衛の豪傑ぶりと、その人間の魅力に迫る はじめての三国志 読者アンケートのお願い 海賊時代の孫堅 孫堅は三国志の○○だったのか? 株式会社三国志で働く劉備と孔明 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術 北条氏康 孫権と同じ三代目で地味な北条氏康 ガシュガル・ホータン連合軍を率いて戦い続けた後漢の武将・班超

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP