架空戦記
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

三国志式ライフハック

【すこやか三国志】やばい!乗馬をやめてデブった董卓と劉備

この記事の所要時間: 311




 

三国志で、はっきりと太っていたと銘記されている武将は多くないですが

董卓(とうたく)劉備(りゅうび)は太った事がハッキリ文献から確認できます。

そして、はじ三編集部kawausoが調べた所によると、何と両者が太ったのは、

同じで、乗馬を止めた事が原因だったのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:中原での戦いは苦手だけど異民族討伐戦なら強い董卓




無残、太り過ぎて脂が草を赤色にしてしまう董卓

 

董卓は涼州の人で、大柄ではありましたが、腕力に秀でていて、

馬を全力疾走させつつ、両腕で弓を引く事が出来る程のスポーツマンでした。

ところが、そんな董卓も洛陽に入って献帝を抑えると、年中、馬車に乗り、

暴飲暴食を繰り返すようになってぶくぶくと肥満します。

 

西暦192年に呂布に殺されて首を討たれた後は、肥満した体から、

脂がしたたり落ち、草を赤色に染めたと言われています。

体から脂が滴り落ちるなんて、相当な太鼓腹だったのでしょう。

それもこれも、董卓が乗馬を止めてしまったからです。

 

関連記事:羽林騎(うりんき)とは何?董卓を輩出した近衛部隊を分かりやすく解説




もはや中年のデブちん 太ってしまった劉備

 

劉備は幽州の出身ですが、若い頃から義勇兵を率いて、

黄巾賊(こうきんぞく)討伐に向かい乗馬には慣れていました。

しかし、官渡の決戦以降は、曹操(そうそう)が北方の袁家の討伐にかかりきりになり

劉備も平和な荊州で劉表(りゅうひょう)の世話になる事8年間、

トラブルもなく安心しきった劉備は、乗馬の習慣を捨ててしまいます。

 

そして能天気にも、劉表主催の宴会で気分良く酔い、トイレに立って

衣服を捲りあげると、太股に贅肉がたっぷりついていたのです。

 

「ああ、私の太股に肉が、、馬で戦場を駆けまわっている頃には、

こんな事は一度も無かったのに・・」と歌を詠みます。

 

これが歴史上有名な脾肉(ひにく)の嘆(たん)です。

 

すでに40を幾つか過ぎ、代謝も落ちているであろう劉備は、

今の今まで若いつもりだったのです。

まさか、中年のでぶちんになっていたなんて大ショックでした。

 

 

馬に乗っているとそんなに痩せるの?

 

乗馬などを見ていると、呑気に牧場を歩き、楽しそうにみえますが、

実は、鞍があっても馬の上に座っているのは、相当に筋肉を使います。

それは、首、肩、腹筋、背筋、腰、腿の筋肉を刺激しているのです。

 

さらに落ちないようにバランスも取り、太股に力を入れて、

馬の腹を締める事で大腿筋やお尻の筋肉が継続して鍛えられます。

この部分はインナーマッスルと呼ばれていて、現代人が最も

衰えている部分で、かつ鍛えるのが難しい所なのです。

 

このインナーマッスルを鍛える事で、基礎代謝がアップし

太りにくく痩せやすい体が造れると言います。

 

 

 

股関節が柔軟になりリンパの流れが良くなる事で免疫もアップ

 

馬に乗っていると、常にバランスを取らないといけないので、

姿勢がよくなりますし、お腹に力が入るので内臓の位置が正常に戻り

便秘や胸やけのような内臓のトラブルも解消されます。

 

また、股関節が柔らかくなり、股関節にある大きなリンパ管の動きが

活発化して、老廃物の排出が活発化し体温が上昇して基礎代謝がアップします。

ここでも太りにくく痩せやすい体になるんですね。

 

 

 

三国志ライターkawausoの一言

 

現代人の私達は、劉備や董卓のように簡単に馬に乗れるわけではありません。

ですので、せめて股関節をストレッチしてリンパの働きを活発化しましょう。

実はkawauaoも太っているのもありますが、毎日座り仕事で腰が痛くなりがち

そこで簡単に出来る股関節のストレッチを紹介します。

 

1 まず、寝転がって壁にお尻をつけます。

2 腰を90度回転させ、お尻を壁につけたまま上に足を真っすぐ伸ばします。

3 足を開脚します、無理のない範囲でお願いします。

4 そのままの姿勢で背中を少し反らせます。

5 一分くらいしたら足を戻し、1から繰り返します。

 

いかがですか、読者の皆さん、結構キツイでしょう?

実はkawausoこれだけで息が切れました。

三国志を思い切り楽しむためにも健康には気をつけてネ!

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:暴漢・董卓は後漢王朝を安定させようと努力していた!

関連記事:曹操が董卓に歌をプレゼント?イミシンな董卓歌

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 15話:神をも畏れぬ暴虐非道後漢をブッ壊した独裁者・菫卓
  2. 蜀漢の外戚・呉懿(ごい)は有能なのに地味で実は孔明に敬遠されてい…
  3. 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る…
  4. 曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン
  5. よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く
  6. 96話:孔明の計略炸裂!馬超は劉備の軍門に下る
  7. 65話:絶望する劉備に孔明が授けた天下三分の計
  8. 呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人
  2. 思わずホロリ!曹丕の妻・甄氏(しんし)の人情に訴え掛ける名エピソード
  3. 陳泰(ちんたい)ってどんな人?司馬昭の親友でもあり正義感が強く清廉な将
  4. 理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは?
  5. 審配(しんぱい)とはどんな人?衰えていく袁家を支えた忠臣
  6. 122話:孟達の心変わり!孔明の失敗と司馬懿の復活

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【新サービス】はじめての三国志メモリーズを始めました 曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり 楊脩(ようしゅう)は何故、曹操に殺されたの?曹植と禰衡にも愛された才能の持ち主 【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの? 曹洪(そうこう)ってどんな人?地味で目立たないが、曹操を支え続けた忠臣 曹操ファンは見ないでください!彼は本当に乱世の英雄だったの? 周處(しゅうしょ)とはどんな人?必ず負けると分かっていながらも、戦い抜いた闘将【晋の将軍列伝】 孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?

おすすめ記事

  1. はじめてのプロ野球(三国志風)日本のプロ野球は人材の宝庫?
  2. 狼中年劉備、もっともらしい事を言って孫権を欺く
  3. 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介
  4. 【真田丸特集】司馬懿と秀吉、大返しで天下を手繰り寄せる!
  5. 再婚なんか当たり前?驚きの三国志の再婚事情とは?
  6. 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言
  7. 【第6回 幻想少女】次なる相手は曹操か?まだ見ぬ曹操の姿に期待大!
  8. 【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデルとしていた!?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP