架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての変

周瑜が長生きしていたら三国志はどうなったの?二国志になっていた可能性!?

この記事の所要時間: 234




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・もしもボックス」のコーナーです。

 

 

三国志に登場するイケメンといえば、

呂布、馬超、孫策、荀彧などがいますね。(あくまでも言い伝えによるとですが)

今でこそ三国志ゲームの登場人物はみんなイケメンで描かれれていますが、

昔のシュミレーションゲームだと、後は趙雲、陸遜、姜維ぐらいだったと思います。

 

 

おっと、大切な人物を忘れていました。「美周郎」の異名を持つこの方、「周瑜」です。

周瑜が不細工な漫画やゲームを見たことがないですね。あってもいいのではないかと思いますが。

今回は「周瑜がもしも生きていたらと」いうテーマでお話していきましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!




周瑜はいくつで亡くなったのか

 

 

周瑜は若くして病没したことでも有名です。36歳でした。

ちなみに坂本龍馬は32歳で暗殺されました。

共に若くして大仕事を成した後に亡くなっていますね。

 

 

周瑜は赤壁の戦いで、大軍を率いるあの曹操を破りました。

大軍を率いてあそこまで大敗したことは曹操の生涯において、この一度だけです。

ですから周瑜には「三国志最強説」もあるくらいです。

三国志正史と三国志演義では周瑜の描かれ方があまりに違いますが、

私は公平な立場から客観的に見た時に三国志正史の方が真実に近いのではないかと思います。

(特に三国志演義を否定するつもりはありません)

何が言いたいのかというと、周瑜は諸葛亮孔明の引き立て役ではないということです。

周瑜が病没するときに

「天はなぜ諸葛亮孔明も同時に誕生させたのだ!?」みたいな恨み節などまったくなかったでしょう。

なぜなら周瑜の計画は諸葛亮孔明によって妨害されたことなどまったくなかったからです。




天下二分の計

 

孫権は完全に周瑜に荊州方面を任せています。

周瑜はかなり自由に指揮することができたでしょう。

周瑜の構想はこうでした。

「長江沿いを完全に押さえ、上流にある益州へ侵攻、

益州を併呑し、西涼の馬超と結んで曹操を挟撃する」

周瑜は揚州、荊州、益州を支配することで曹操と真っ向からぶつかれる勢力を築こうとしていたのです。

孫権も周瑜ばかりに任せるわけにはいかないと、建業から合肥に攻め込んでいます。

徐州も押さえてしまおうという作戦ですね。

こうなると曹操も苦戦は必至でした。

 

関連記事:【新事実】天下三分の計を実現させた立役者は魯粛であった

関連記事:【赤壁の戦い】なぜ曹操は天下分け目の大戦に負けたの?

 

天下三分の計は!?

 

じゃあ、諸葛亮孔明の掲げた天下三分の計はどうなるの?という話になりますが、

実際のところ周瑜が生きていたら、劉備の益州への侵攻は難しかったでしょう。

理由は長江沿いを完全に周瑜に押さえられているからです。

劉備は出口を封鎖された形になっています。

 

 

周瑜の活躍を、指をくわえて見ているしかなかったのではないでしょうか。

天下三分の計はならず。ということです。

同盟を切って周瑜の背後を襲うという選択肢もありますが、それをしたら劉備の「義」は消失します。

 

 

天下の笑いもので、誰も劉備を英雄扱いしませんね。名声は地に落ちます。

もちろん諸葛亮孔明のことですから、

何かこれを打開する秘策があったかもしれませんが・・・(むしろこれが一番気になりますね)。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

老いていく曹操に対して、まだまだ壮健な周瑜。

水軍の戦ではなくなるので、曹操の腕の見せ所にはなりますが、

長期戦になれば若い周瑜に分がありそうです。

もしかしたら荊州南部の劉備の軍勢も吸収してしまっていたかもしれません。

 

 

すると、「孫権が覇者」となる。そんな可能性も現実味を帯びてきますね。

とりあえず、周瑜が生きていれば魏・蜀・呉の三国の建国はなかったことでしょう。

タイトルも「二国志」になっていたかも!?

 

皆さんはどうお考えですか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志の民話】情けない顔で帰ってくる周瑜に小喬ブチ切れ!

関連記事:周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子たち

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽
  2. 魏延(ぎえん)ってどんな人?|裏切り者?それとも忠義の士?
  3. 皇帝には、二つの名前があった!?諡号(しごう)とは何?
  4. 暗君・劉禅も名君になれた?桓公と景公を教育した宰相・晏嬰と管仲の…
  5. 【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・…
  6. 三國クロスサーガ~蒼天の絆~とはどんなアプリゲーム?
  7. 西郷隆盛が西南戦争を起こした理由とは?
  8. 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 袁術ってどんな人? 【002】
  2. 舜水樹(しゅんすいじゅ)は実在したの?李牧の右腕は史実通りなのか?
  3. まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた!
  4. 後藤又兵衛(後藤基次)はどんな最期を遂げるの?
  5. 袁渙(えんかん)とはどんな人?正史「三国志」に登場し曹操が涙を見せて死を悲しんだ政治家
  6. 曹操の名言から知る三国志の世界「徒に先の易きを見て、 いまだ当今の難を見ず」

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

龐統の死後、その一族はどうなったの?魏に降った一族たちの数奇な運命 【はじさん運営報告】イベント・企画・アクセス数 3話:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから? 【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【12/19〜12/25】 はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」 善悪関係なし!6人の君主を渡り天寿を全うした軍師賈詡の生涯! 93話:名将 張任、遂に堕ちる

おすすめ記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第28話「死の帳面」の見どころ紹介
  2. 卑弥呼の鬼道を探る。卑弥呼-張魯-安倍晴明のつながり
  3. 孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!?
  4. 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説
  5. 三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学!
  6. 王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【8/8〜8/14】
  8. 董和(とうか)とはどんな人?孔明に認められた蜀の貴重な人材

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP