【赤壁の戦い】なぜ曹操は天下分け目の大戦に負けたの?

2016年6月22日


 

曹操 真田丸

 

曹操(そうそう)は河北の戦いに勝利し、中国の半分を手に入れることになります。

その後曹操は、荊州を降伏させ、自分に逆ら最後の勢力孫家の討伐に向かいますが、

孫権(そんけん)劉備(りゅうび)の連合軍に赤壁の地で負けてしまいます。

三国志を知っている人も知らない人も一度は耳にしたことがある赤壁の戦いですが、

なぜ曹操は赤壁の戦いで負けたのかを考えてみました。

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



曹操にとっての赤壁の戦いとは!?

曹操

 

赤壁の戦いとは曹操VS 孫権・劉備連合軍の戦いです。

三国志を知っている方なら結果は知っていると思いますが、

連合軍の勝利でこの戦は終結。

しかしこの戦いがどのような経緯で、

行われる事になったのか知らない方がいるのではないでしょうか。

そこで曹操サイドに立って赤壁の戦いを紹介していきたいと思います。

まず曹操にとって赤壁の戦いは、自分の勢力に敵対する唯一の存在である孫家を倒して、

天下統一を決める大事な一戦でした。

なぜ孫家のみが曹操に敵対していたのでしょうか。

 

孫家以外の群雄は何をしていたのか。

朝まで三国志 曹操

 

孫家以外の群雄はなぜ曹操に反抗的な態度をとっていないのでしょうか。

まず、曹操と孫権以外の群雄を紹介する前に、三国志の州を紹介します。

三国志の時代は北から幽州(ゆうしゅう)・幷州(へいしゅう)・冀州(きしゅう)・

青州(せいしゅう)・徐州(じょしゅう)・兗州(えんしゅう)・豫州(よしゅう)・

涼州(りょうしゅう)・益州(えきしゅう)・荊州(けいしゅう)・

揚州(ようしゅう)・交趾(こうし)、そして洛陽や長安近辺を含めた

司隷(しれい)を合わせて13の州に分かれておりました。

このうち曹操は幽州・幷州・冀州・青州・徐州・兗州・司隷・豫州・司隷・

荊州と中華の半分以上を手に入れておりました。

そして残っている州のうち、揚州は孫家を領地としており、

益州は劉璋が領地としておりました。

そして涼州は韓遂(かんすい)馬騰(ばとう)らの反乱軍が占拠。

さてこれらの群雄はなぜ曹操に反抗的な態度をとらないのでしょうか。

 

益州の劉璋はなぜ曹操に反抗的じゃないのか。

張魯 お宝

 

益州の劉璋は漢中にいる張魯(ちょうろ)と戦いを繰り広げておりました。

しかし何度も張魯(ちょうろ)に戦いを挑んでも勝つことができない為、

劉璋は曹操に張魯討伐を行ってもらおうと考えます。

そこで劉璋は曹操と友好関係を結ぶため、色々な贈り物を送ります。

このような経緯から劉璋は曹操との友好関係を望んでいた為、

敵対するつもりはなかったように思われます。

 

関連記事:もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの?

 

涼州の独立軍閥達は曹操と敵対しようと企んでいたのか

曹操

 

結論から言うと涼州の独立軍閥達は、

赤壁の戦い以前は曹操と敵対しようとは考えていなかったと思います。

むしろ友好的な関係を築いておりました。

なぜ彼らは曹操の勢力と友好的な関係を築いていたのか。

それは張既(ちょうき)鍾繇(しゅよう)の二人の文官の努力の賜物です。

鍾繇は馬騰や韓遂ら曹操の領地に攻め込んでこないように長年、

友好関係を築いてきました。

 

河北平定戦の時袁紹の甥である高幹(こうかん)が

幷州で反乱を起こします。

この時鍾繇の部下である張既は涼州から高幹を討伐する時に協力してくれるように、

馬騰の説得に成功。

張既に説得された馬騰は、息子の馬超と龐徳(ほうとく)らに軍勢を預けて、

袁紹の甥である高幹討伐を行っております。

その為、涼州の馬騰や韓遂らは曹操に反抗しようとする意志は、

この時点ではなくむしろ友好的な関係を保っておりました。

 

孫家以外は曹操に敵対する意思なし。そのため…

曹操 魏王

 

益州と涼州が曹操と敵対する意思がないため、

孫家のみが曹操に敵対する可能性がありました。

そのため曹操は涼州と益州の討伐を後回しにして、

敵対する可能性が一番高い孫家を討伐目標に定めたと考えられます。

 

孫権が降伏するようにビビらせる

曹操VS孫権R1

 

荊州を降伏させた曹操は孫権を討伐目標に決めた後、まずは荊州に侵攻を開始。

荊州は曹操軍の圧力にビビり、一戦もせず降伏します。

曹操は荊州を手に入れると孫権に脅迫状を送ります。

この時曹操は孫権に送った脅迫状に「俺の軍は80万位で、お前の領地に攻め込むから」と

いった内容の手紙を送ります。

孫家の武将達はこれしきの脅迫状で、ビビる事はありませんでした。

しかし孫家の国論は曹操に降伏すべしという勢力と曹操と決戦すべしとの派閥に、

分裂しておりました。

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-三国志の雑学, 執筆者:黒田廉
-, , , , , ,