はじめての列子
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

集まれ、団子三兄弟!劉備の息子たち

曹操のムスコ達アイキャッチ

 

25人もの息子に恵まれた曹操(そうそう)と違って、

劉備(りゅうび)には、実子は長男の劉禅(りゅうぜん)を含めて3人しかいません。

劉封は養子ですので、ここには含まないとします)

 

子供が少ないのは、無理もありません。

劉備は長らく本拠地を持たずにさまよっていました。

 

安定して妻を持ち、子育てに励める環境ではなかったのです。

劉備の妻として名を残しているのは、

糜(び)夫人、甘(かん)夫人、孫夫人、呉夫人

たった4人しかいないのですから。

 

関連記事:集まれ曹操の25人の息子たち・その1

関連記事:関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人

 

 

長男:劉禅(りゅうぜん)

劉禅0

 

・字:公嗣(こうし)

・生没年:207年~271年

甘夫人の息子で、劉備の跡取り息子。

劉備の死後、263年に魏に降伏するまで

長らく蜀の皇帝位についていました。

 

関連記事:蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?

関連記事:劉禅が読んだ韓非ってどんな本?

関連記事:かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生

 

次男:劉永(りゅうえい)

劉禅

 

・字:公寿(こうじゅ)

・生没年:?~?

劉禅の異母弟で、母親は不明。

兄の劉禅が、宦官の黄皓(こうこう)を寵愛した際

それをいさめたことで遠ざけられました。

 

三男:劉理(りゅうり)

 

・字:奉孝(ほうこう)

・生没年:?~244年

劉禅の異母弟で、母親は不明。

劉禅により、安平王に封じられましたが、244年に病死します。

 

劉備のあとをついだ劉禅のことはおいておき、

次男劉永と、三男劉理についてですが。

 

どちらも、母が不明というのはいったいどういういうことでしょうか?

 

劉永と劉理の母親は?

劉備と4人の妻

 

繰り返しますが、劉備には

糜夫人、甘夫人、孫夫人、呉夫人の4人の妻がいました。

この4人の中で、

糜夫人と甘夫人は、劉備の若かりし頃から連れ添っていた妻です。

 

しかし、ふたりとも

劉備の晴れ姿を見ることなく、貧乏苦労暮らしをしていた時代に

亡くなってしまいます。

 

関連記事:三国志の劉備が愛した4人の妻を紹介

関連記事:妻子を人質に取られすぎな劉備

 

甘夫人が亡くなったのはいつ?

劉備が眩しい 素晴らしい

 

甘夫人は死の直前に長男劉禅を生みました。

ですので、次男、三男である劉永と劉理は、もちろんのこと

糜夫人の子でも甘夫人の子でもありません。

 

政治絡みで結婚した劉備と孫尚香

劉備 婿

 

甘夫人の死後、劉備のもとに嫁いでやって来たのは、

呉の孫権の妹、孫夫人。

孫尚香(そんしょうこう)の名で知られる女性でした。

 

孫夫人と劉備との仲は良好でしたが、

時が悪く、劉備と孫権との関係が悪化したために、

孫夫人は郷里に呼び戻されることになります。

 

このとき、孫夫人は、幼い劉禅を人質にとって呉に帰ろうとするのです。

もし、孫夫人が劉備の子供を生んでいたり、身ごもっていたとしたら、

この行動はまったくの意味不明のものになります。

連れて帰るなら、自分の子供にしますから。

 

ですから、劉永と劉理はもちろん、孫夫人の子供ではありません。

 

では、最後の妻、呉夫人の子供なのかと言いますと……。

呉夫人は、221年、劉備が皇帝として即位をしたときに

皇后位を与えられます。

そうなると、もしも劉永と劉理が呉夫人の子供だとするならば、

劉禅よりも嫡子として強い立場となり、

母が不明のまま歴史書に記されるわけもありません。

 

そういうわけで、呉夫人の子供でもないのです。

 

関連記事:甘露寺の十字紋石|劉備の石占い

関連記事:劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1

 

劉永と劉理の母親の結論

劉備主役

つまり結論。

 

劉備は4人しか妻がいないといいながら、

実はどこの誰ともわからない妾がいました。

劉永と劉理は母が違うといいますから、

妾はひとりではなく複数です。

 

しかも、生年が不明。

これは……まさか、城市(まち)でちょっとその辺の女性に

声をかけて、生ませたのでは!?

 

「ちょっと、陛下、この子はあの時の子ですよ!

 ちゃんと認知してくださいな」

 

城下から、子供を連れた女性がやってきて、そんなふうに詰め寄る姿が

想像できてしまうのですが。(注:私の妄想です)

劉備くん、やりますね。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

張飛 文武両道

 

よく読まれてる記事:夏候夫人|張飛の妻は、夏候淵の姪だった?

 

孫堅の妻

 

よく読まれてる記事:記録が乏しい孫堅の妻たち

 

謝夫人 孫権の妻

 

よく読まれてる記事:孫権の妻たちは意外と知られてない?

 

 

 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

■自己紹介:

はじめての三国志

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

関連記事

  1. 【閲覧注意】血煙上がる『三国志』きれいなお花を咲かせた将軍たち
  2. 劉備玄徳が眩しい理由 三国志 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方
  3. 三国志の時代の県とはどんな構造なの?県城の生活は快適だった?
  4. 【衝撃の事実】三国志でよく使われていた弩が日本で流行らなかったの…
  5. 合肥の戦いの満寵 鉄壁の合肥城を作り上げた劉馥の一族にとんでもない奴がいた!?
  6. 宦官の趙高(キングダム) 【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕…
  7. 周瑜 周郎 周瑜は絶対音感を持つミュージシャンだった!?
  8. 「豎子に名を成せり」とはどのような意味なの?龐涓(ほうけん)の名…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  2. 豊臣秀吉 戦国時代2
  3. 岳飛(南宋の軍人)
  4. 蜀の姜維

おすすめ記事

  1. 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る
  2. 夏候惇と言えば独眼竜? 夏侯惇
  3. 【キングダム】趙の悼襄王(とうじょうおう)って本当にヤバイ人なの?
  4. 【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの?
  5. 鍾会の蜀討伐案と羊祜の呉討伐案の違いってなに? 野望が膨らむ鍾会
  6. 63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと? 孔明と龐統の両軍師

三國志雑学

  1. 三国志の地図(州)
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 華佗
  2. 孔融と禰衡

おすすめ記事

「わしの樊噲じゃ」盗賊達を震え上がらせ、曹操の命を救った許褚の武勇とは? 三國無双では女性が戦闘しているが本当に史実でも戦っていたの? 【三顧の礼】演義の諸葛亮は居留守を使って自分を高く売った!? 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲 嘘じゃないの!劉備の国を取れ発言は本心だった 董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍師 始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの? 董和(とうか)とはどんな人?孔明に認められた蜀の貴重な人材 呉の小覇王・孫策 彗星のごとく駆け抜けた小覇王・孫策

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP