曹操孟徳特集
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての変

曹彰(そうしょう)が曹操の後継者に選ばれる確率を求めてみた

この記事の所要時間: 227




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・その確率は!?」のコーナーです。

 

三国志の時代でも、日本の貴族社会や戦国時代においても

後継者を巡る争いというものは頻繁に発生するものです。

派閥争いと結びつくのでたちが悪いですね。

兄弟でありながら死闘を演じるケースも珍しくはありません。

 

 

三国志では袁紹(えんしょう)の後継を巡って

袁譚(えんたん)袁尚(えんしょう)が争っています。

日本では織田信長が実の弟・織田信行を殺害しています。

肉親といえども家督を継ぐためならば、非情になるのが戦国乱世の掟のようなものですね。

 

しかし偶然にも後継が巡ってくるケースもあります。

江戸幕府八代将軍・徳川吉宗などはその例でしょう。

そもそも紀州藩の中ですら藩主の第四子なのです。

それが後継を巡るライバルたちが早世し紀州藩主となり、

さらに徳川秀忠嫡流も途絶えて江戸の将軍に担ぎ出されています。

強運の持ち主ですね。

 

 

話は三国志に戻りますが、

曹操の後継争いで四男である曹彰(そうしょう)が太子に選ばれる可能性はなかったのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決まっていた




有力候補は曹丕曹植

 

曹操はなかなか後継を決められずにいました。

庶子ながら長子であった曹昂は戦死しており、

環夫人との間に生まれた曹沖は聡明で曹操の期待を受けていましたが13歳で病没しています。

こうなると長幼の序から曹丕が選ばれることになります。

しかしその曹植もまた非凡な詩作の才を曹操に愛されており、ほぼ互角の様相です。

曹丕が強引に敵将の妻・甄氏を正妻にしたことが

かなりのマイナスに作用していたのは間違いないでしょう。

 

二人は曹操からつけられた相談役と共にどうすれば後継として

認められるのか画策していくことになります。




曹彰の立場

 

曹彰はこの曹丕、曹植と同腹の兄弟です。

曹丕、曹彰、曹植の順になります。

冷静沈着な曹丕、自由奔放な曹植、そして武勇に長ける曹彰といった感じです。

それぞれに優れた面があり、曹彰にとってはそれが武芸だったわけです。

猛獣と一騎打ちをしても倒すほどだったといわれています。

田豫を随行させて代県の烏桓を撃退しました。

驍騎将軍に任じられてからは鮮卑の軻比能を降しています。

 

曹彰はこのように河北の異民族平定に貢献しているのです。

曹操はその活躍ぶりを評して「黄鬚」と賞賛しています。

勇者としては曹操に確実に認められていました。

しかし武勇に優れていることと、政治を行い、天下を統べることは異なります。

あくまでも曹彰は将軍としての職務を評価されたのです。

はたして君主の器はどれだけ曹操に評価されていたのでしょうか。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

曹彰の死は毒殺か

 

曹操の代に侯に封じられ、曹丕が皇帝に即位すると、王に封じられました。

しかしまもなく謎の病死でこの世を去ります。

一説にはその武勇を恐れられ、曹丕に毒殺されたといわれています。

曹彰は曹操が亡くなったとき、真っ先に璽綬在りかを探していたともいいますから、

そのような行動から皇位簒奪を疑われたのかもしれません。

曹丕としてみれば自分の治世を安定させるためには、

身内が一番の不安要素だったのかもしれません。

まさに非情の決断です。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

こう考えてみると曹彰が曹操の後継に選ばれる可能性は限りなくゼロに近いです。

可能性があるとしたら曹丕、曹植が相次いで亡くなるケースでしょうか。

ただしこの場合、幼少ながら曹丕の長子の曹叡もいますので、

ここで熾烈な後継争いが勃発していたかもしれません。

司馬懿あたりは巧みに曹叡を擁護してくるのではないでしょうか。

曹彰が誰を味方に付けるのかにもよりますが、

この政争劇で勝利を収めるのはなかなか厳しそうですね。

 

「1%」これが私の考える曹彰が後継に選ばれる確率です。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹操の後継者問題で判断に迷ったのは儒教と文学に原因があった?

関連記事:【晋の皇帝 司馬炎の悩み】司馬家の後継者問題

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国…
  2. 曹操の詠った漢詩を分析してみよう。いつのことかわかるかな?
  3. 周瑜公瑾の輝かしい功績
  4. 三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの?
  5. 姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長…
  6. もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察…
  7. まだまだいた三国志の名外交官たち5選
  8. 許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 周瑜公瑾の輝かしい功績
  2. 【李傕・郭汜祭り 1日目】凶悪!董卓を上回る暴君李傕の履歴書
  3. 【新事実】夷陵の敗戦は荊州出身者への忖度の結果だった!
  4. 王平(おうへい)ってどんな人?馬稷の山登りを止めようとした蜀の武将
  5. 48話:強気の曹操が弱気に荀彧が一喝
  6. 伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【西郷どん】さらば斉彬!幻の上洛計画に迫る 【第二回 放置少女】これはやりすぎじゃね?新しく加わった黄月英はネコだった!? 伊集院須賀(いじゅういん・すが)とはどんな人?西郷どんに嫁いだ最初の妻の悲しい生涯 【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活 【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想 【意外】古代中国では犬や山猫が鼠を捕っていた? 匡亭の戦いを図解で解説!袁術の華麗なる転落のプレリュード 読書感想文に使える黒田レンのオススメ歴史小説「古代中国史編」

おすすめ記事

  1. 【センゴク】浅井・朝倉の滅亡と羽柴秀吉の出世を徹底分析
  2. 今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙
  3. 蜀討伐戦の驚きの真実!鄧艾は孫子の兵法書を応用していた!
  4. 【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?
  5. 【呉最強説】孫権率いるレッドな政権孫呉軍団の弱点ってあるの?
  6. 魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの?
  7. 『まだ漢王朝で消耗してるの?』の電子書籍出版のお知らせ
  8. 流刑生活は意外に快適?奄美大島を満喫西郷どんを巡る旅

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP