朝まで三国志悪
李傕祭り




はじめての三国志

menu

はじめての魏

傅嘏(ふか)とはどんな人?時代を謳歌していた三人とは付き合いたくありません!

この記事の所要時間: 20




 

魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は亡くなる間際、

司馬懿(しばい)曹爽(そうそう)に三代目皇帝・曹芳(そうほう)を支えるように、

遺命を下した後に亡くなります。

そして三代目皇帝の時代になると司馬懿と曹芳が、

魏の政権を協力して運営していくことになります。

しかし曹爽は司馬懿を政権から遠ざけて、

自らが魏の政権の運営する中心人物として君臨すると何晏(かあん)や鄧颺(とうよう)らを

加えて政治を行っていきます。

また彼らと仲の良かった夏侯玄(かこうげん)も曹爽に度々進言を行い、

魏の政権に参加しておりました。

彼ら三人は曹爽が政権を握った頃、

人生の中でも絶頂期と言える状態であり色々な人達が彼らへ交際を求めてきますが、

傅嘏(ふか)という人物は決して彼らと慣れ親しむ事をしませんでした。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?




父・伯父ともに魏の政権に参加

 

傅嘏(ふか) の先祖は前漢の昭帝の時代に活躍した傅介子(ふかいし)が有名で、

彼の父である傅充(ふじゅう)、伯父である傅巽(ふそん)らは、

魏の文官として活躍しておりました。

彼も青年期から有名であり、魏の名政治である陳羣(ちんぐん)に推挙されて

魏の政治家として歩み始めることになります。

 

魏の政治を運営していた曹爽一派を嫌う

 

魏の三代目皇帝である曹芳が即位して皇帝となると

魏の政権は司馬懿と曹爽が取り仕切っていくことになります。

当初はこのふたりが協力して魏の政権を運営していたのですが、

曹爽の側近である何晏や鄧颺らが曹爽へ入れ知恵したことによって、

司馬懿は政権からはじき出されてしまいます。

そして曹爽が魏の政権を運営していくことになり、

彼の側近であった何晏らも権力を握って行く事になるのです。

また曹爽の従兄弟であった夏侯玄も出世していくことになります。

曹爽が魏の政権を握って彼ら側近が一世を風靡している中、

傅嘏は彼らと付き合うことをしませんでした。




荀粲の心配事

 

傅嘏の友人であった荀粲(じゅんさん)は彼の家に遊びに行った時彼へ

「君はどうして夏侯玄からの誘いを断ったんだい。

何晏や鄧颺らはどうしようもない人物であるが、夏侯玄は優れた人物ではないか。

 

 

君と彼が仲良くしていないのは国家にとって損だと僕は考えるのだが」と述べます。

すると彼は荀粲に本音を漏らします。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

 

夏侯玄は野心があるからダメだ

 

傅嘏は荀粲の言葉に対して

「夏侯玄は確かに優秀な人だが、自らの才能以上に大きな野望を胸に秘めているよ。

また何晏は弁論が好きで誠実さが足りず、鄧颺に関しては自分に甘く、

名誉と利益を常に求めているような人物です。

 

 

彼ら三人はその才能によっていずれ身を滅ぼすことになるのは明白であり、

彼らと付き合ってしまえば、私の身も滅びることになるでしょう」と

付き合わない理由を述べます。

荀粲は傅嘏の言葉を聞いて納得し「そういうことだったのか。君の言うとおりだ」と言って、

彼と付き合ったほうがいいと二度と言わなくなるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

この傅嘏の発言は後に当たることになります。

曹爽らが皇帝を連れて洛陽(らくよう)を後にした際、

司馬懿が洛陽を占拠してクーデターを行います。

その後司馬懿は曹爽を殺害し、彼らの側近達もすべて殺害してしまいます。

傅嘏の予想通りに展開することになり、恐ろしい程の予見力を持った人物であることが

分かるのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

関連記事:もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【田疇の進言】烏桓討伐戦で曹操に助言したのは郭嘉だけではなかった…
  2. 【みんなが知らない諸葛孔明】戦率99%!撤退戦では無敗だった!?…
  3. 光武帝・劉秀を支えた雲台二十八将の上位15人とはどんな人達だった…
  4. 【センゴク】羽柴秀吉の播州攻略と上月城救援戦
  5. 黒田官兵衛の奇抜な献策と備中高松城攻防戦の水攻めがスゴイ!
  6. 豊臣秀吉の天下統一に向けて「四国征伐」が開戦!どんな戦いになった…
  7. 楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選
  8. 三国志時代にもダジャレがあった?蜀の王平(おうへい)は異民族から…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?
  2. 陸瑁(りくぼう)とはどんな人?人の苦境を救い、孫権の過ちを正そうと忠言を行った陸遜の弟
  3. 【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!
  4. 三国志フェス2015に「はじめての三国志」のおとぼけも主演します!
  5. 王騎の矛はどういう武器なの?矛と槍との違いも徹底解説!
  6. 三国志の武器ってどういうの?三国志に登場する伝説の武器も紹介!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの? 劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ 127話:迫る第四次北伐と蜀の抱える二つの問題点 諸葛亮孔明、司馬懿仲達、名前はどこで区切るの? 郝萌(かくぼう)と曹性(そうせい)はどんな人?呂布の配下で猛威を振るった八健将 【曹叡なんか目じゃないぜ】キングダムの秦王政は土木工事が大好きだった件 諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの? 李通(りつう)とはどんな人?義侠心に溢れた魏の知られざる勇将

おすすめ記事

  1. 【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?
  2. 【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったWanted
  3. 三国志で言えば荀彧や賈詡の助言『人気ブロガ―のブログで人生改善』
  4. 2017年はじめてのストライキ宣言文
  5. もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介
  7. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part3
  8. 三国志の武将も勉強嫌いだったけど勉強したら進化を遂げた蒋欽と呂蒙に迫る!!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP