三国志平話
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

はじめての魏

傅嘏(ふか)とはどんな人?時代を謳歌していた三人とは付き合いたくありません!




 

魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は亡くなる間際、

司馬懿(しばい)曹爽(そうそう)に三代目皇帝・曹芳(そうほう)を支えるように、

遺命を下した後に亡くなります。

そして三代目皇帝の時代になると司馬懿曹芳が、

魏の政権を協力して運営していくことになります。

しかし曹爽司馬懿を政権から遠ざけて、

自らが魏の政権の運営する中心人物として君臨すると何晏(かあん)や鄧颺(とうよう)らを

加えて政治を行っていきます。

また彼らと仲の良かった夏侯玄(かこうげん)曹爽に度々進言を行い、

魏の政権に参加しておりました。

彼ら三人は曹爽が政権を握った頃、

人生の中でも絶頂期と言える状態であり色々な人達が彼らへ交際を求めてきますが、

傅嘏(ふか)という人物は決して彼らと慣れ親しむ事をしませんでした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?




父・伯父ともに魏の政権に参加

 

傅嘏(ふか) の先祖は前漢の昭帝の時代に活躍した傅介子(ふかいし)が有名で、

彼の父である傅充(ふじゅう)、伯父である傅巽(ふそん)らは、

魏の文官として活躍しておりました。

彼も青年期から有名であり、魏の名政治である陳羣(ちんぐん)に推挙されて

魏の政治家として歩み始めることになります。

 

魏の政治を運営していた曹爽一派を嫌う

 

魏の三代目皇帝である曹芳が即位して皇帝となると

魏の政権は司馬懿と曹爽が取り仕切っていくことになります。

当初はこのふたりが協力して魏の政権を運営していたのですが、

曹爽の側近である何晏や鄧颺らが曹爽へ入れ知恵したことによって、

司馬懿は政権からはじき出されてしまいます。

そして曹爽が魏の政権を運営していくことになり、

彼の側近であった何晏らも権力を握って行く事になるのです。

また曹爽の従兄弟であった夏侯玄も出世していくことになります。

曹爽が魏の政権を握って彼ら側近が一世を風靡している中、

傅嘏は彼らと付き合うことをしませんでした。




荀粲の心配事

 

傅嘏の友人であった荀粲(じゅんさん)は彼の家に遊びに行った時彼へ

「君はどうして夏侯玄からの誘いを断ったんだい。

何晏や鄧颺らはどうしようもない人物であるが、夏侯玄は優れた人物ではないか。

 

 

君と彼が仲良くしていないのは国家にとって損だと僕は考えるのだが」と述べます。

すると彼は荀粲に本音を漏らします。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

 

夏侯玄は野心があるからダメだ

 

傅嘏は荀粲の言葉に対して

「夏侯玄は確かに優秀な人だが、自らの才能以上に大きな野望を胸に秘めているよ。

また何晏は弁論が好きで誠実さが足りず、鄧颺に関しては自分に甘く、

名誉と利益を常に求めているような人物です。

 

 

彼ら三人はその才能によっていずれ身を滅ぼすことになるのは明白であり、

彼らと付き合ってしまえば、私の身も滅びることになるでしょう」と

付き合わない理由を述べます。

荀粲は傅嘏の言葉を聞いて納得し「そういうことだったのか。君の言うとおりだ」と言って、

彼と付き合ったほうがいいと二度と言わなくなるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

この傅嘏の発言は後に当たることになります。

曹爽らが皇帝を連れて洛陽(らくよう)を後にした際、

司馬懿が洛陽を占拠してクーデターを行います。

その後司馬懿は曹爽を殺害し、彼らの側近達もすべて殺害してしまいます。

傅嘏の予想通りに展開することになり、恐ろしい程の予見力を持った人物であることが

分かるのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

関連記事:もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 荀爽(じゅんそう)とはどんな人?たった95日で三公にスピード出世…
  2. 漢の名将韓信が敗北したことがあるってホント!?
  3. 【おんな城主・井伊直虎ネタバレ感想】第42話「長篠に立てる柵」
  4. 曹操VSかく 偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計
  5. 孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?
  6. 陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の…
  7. 西洋が好きな霊帝 刑顒(けいぎょう)とはどんな人?三国志時代の曹植家に仕えていた執…
  8. 豊臣秀吉 戦国時代 天下人・豊臣秀吉が過去に仕えていた松下綱之ってどんな人?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 項羽
  2. 曹操様お守りします
  3. キングダム53巻
  4. 大村益次郎 幕末
  5. 呉の小覇王・孫策

おすすめ記事

  1. 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた
  2. 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事件?
  3. 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?
  4. 意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた 英雄曹操とナポレオンを比較
  5. キングダム 512話 ネタバレ予想:列尾危うし!王翦の次の秘策を徹底予想
  6. 【三国志星座占い】諸葛亮は双子座?

三國志雑学

  1. 三国志ライター よかミカンさん
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰) 

おすすめ記事

公孫瓚の武力の強さは独自の戦闘組織にあった 【キングダムをより楽しむ】河了貂と蒙毅が解説「軍師はどうやって誕生したの?」 狐偃(こえん)とはどんな人?晋の文公を覇者の地位までのし上げた宿臣 黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還 【朝まで三国志 2017】周瑜、郭嘉、荀彧も参戦のお知らせ これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!? 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪? 【史記】には解説書が3つ三家注って何?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP