【三国志RPG】DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)第3回 アプリでここまで袁術を育ててみました!


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

2017年5月26日から配信が開始されたスマートフォン向けRPGの

DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)。

三国志RPGということで「はじめての三国志」でもゲーム中継を始めて3回目となります。

 

「主君Lv」が上がるほどに施設やイベントなどが解放されるので、やることが増えますね。

Lv30を突破すると「軍団」に所属し、他のユーザーと一緒に城を守ったり、

攻城したりといった協力イベントも始まるようです。

 

私としては★2のレアリティの低い「袁術」をどこまで強化できるのかを

一つの目標としてプレイしてきています。

プレイし始めて1週間ほどでしょうか。

毎日30分間ほどプレイする感じで負担がかからず楽しめたゲームでしたね。

 

前回記事:【三国志RPG】DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)第1回 ドラゴンブレイドを攻略挑戦

前回記事:【三国志RPG】DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)第2回 ドラゴンブレイドのアプリはやり込むほどに面白い!

 

【DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)のダウンロードはこちら】

 

ドラゴンブレイド攻略:施設も少し充実したかな

 

「居住区」(強化すると収入増加)、

「製材場」(強化すると木材資源増加)、「市場」(強化すると販売製品がグレードアップ)、

「訓練所」(強化すると兵士の能力値やスキルアップ)ということで平均的に上げてきました。

だいたい平均Lv7くらいでしょうか。

 

どちらかというと居城の「馬防册」や「矢櫓」の強化の方に時間や資源を費やしていましたね。

 

 

武将のLvが上がるごとに育成にかかるお金の消費は膨大になります。

他はあまり不足しなかったですが、

武将のスキルを上げる素材と装備のLvを上げる素材はかなり不足気味でした。

武将のLvを上げる素材もあるのですが、主力メンバー5人しか育てていないせいか、

まったく必要なかったですね。

 

城内の通行人が時々「ふきだし」を出ていることがあって、

クリックするとイベントが始まるのですが、これは私的には楽しみでした。

ノーマルの難度は楽勝でしたが、ハードは完敗でしたね。


ドラゴンブレイドで袁術はどこまで強くなったのか

 

このゲームでターゲットにした袁術ですが、

鴉の使い手というキャラでビジュアルはかなりイマイチでした。

ただ、強化していくと結構強くなりましたね。

そのギャップにやられました。

「袁術頑張ってるじゃん!」という感動がありましたね。

 

当初は関平が倒れ、粘った関銀屏も敗れると、

その流れであっという間に袁術も倒されていたものですが、今や違います。

粘り強い上になかなか負けないです。

もう少し育てたら完全に我が軍のエースになっていましたね。

ちなみに「知力」はダントツのナンバーワンです。

「攻撃力」「HP」ともに関平にわずかに及びませんが、ほぼ互角まで成長してきています。

 

 

グレードアップした袁術は第三のスキル「目隠し」のスキルを解放。

名前からイメージするとかなり貧弱なスキルのような気がしますが、

範囲内の敵に策略ダメージを与え、6秒間移動制限をかけるというものです。

 

 

★4つから★5つに昇格しました。これを「昇星」と呼びます。

昇星のためには、一定量の「将魂」と同じ武将のカードが必要です。

能力値はかなり上がりますね。

ちなみに★5つがMAXかと思っていたら★6つもあるようで、

将魂6000と袁術のカードが3枚必要です。

まだ5枚も袁術のカードはありますからね。

問題は将魂6000を集めることですね、かなり時間がかかります。

 

とりあえず我が軍初の★5つの武将となりました。

「統率」305もナンバーワンです。あとは装備の充実になります。

書物で「三略3段」というものを入手したので、早速袁術に装備させてみます。

「太鼓応援」スキルが身につき、武将の士気を毎秒ごとに回復していくことができるようになりました。

 

 

装備的には関平にも引けを取らない感じですね。

「白銀甲」と「紅玉首飾」のLvはまだまだ上げたいです。

しかし強化するための素材がない……。

現状、一番欲しいのは装備を強化する素材ですね。

 

 

メイン武器もかなり強化されてきて「護国玉璽」となっています。

そもそも玉璽でどうやって攻撃するんだ?という疑問はありますが、袁術らしくていいですね。

同じLvの太史慈よりも強いです!

もう一つだけスキルが解放できるのですが、

こちらは「進撃の盾兵」というスキルのようです。

武将と全盾兵の物理攻撃を上げるとか。

 

【DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)のダウンロードはこちら】

 

DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)全国のランキングは!?

 

「闘技場」で全国のユーザーと勝負できます。

これでプレイしている人数もだいたい把握できるのですが、

そこそこ戦ってきてようやく全国10,432位です。

これで1万位ということに驚きですね。

かなりの人数がプレイしているのですね。

 

名前が「ろひもあてた」になっています。

間違って入力してしまったのですが、名前の変更に水晶300も消費するので、

そのまま放置していました。

 

 

トータルの戦力で劣っていても意外に勝てたりします。

やはり兵種の相性やスキルの相性も勝敗を左右するということでしょう。

関平は相変わらず一人で突っ込んでいますね。

ただし装備も充実してきたこともあってなかなか倒されないようになっています。

 

 

城内には「ポスト」があるのですが、時々、メールが届きます。

今回は闘技場のランキング報酬ですね。

お金や将魂がプレゼントされるのは嬉しいかぎりです。


ボス戦や千里単騎といったイベント

 

ボス戦は他のユーザーと組んで戦うイベントですね。

ドラゴンの普通モードは倒したので(本当の名前は黒山の大蟲です)、

次は「暴走布」の普通モードにチャレンジです。

代表を一人選出するのですが、袁術よりも一騎打ちで真価を発揮する関平を行かせてみます。

 

 

相手は、きっと「呂布」ですね。雰囲気はかなり強そう。

スキルが炸裂すると画面が光ります。

まだ普通モードだからこの強さなのでしょうが、

精鋭モードになったら恐ろしい破壊力を秘めていそうですね。

乗っている馬はやや紅いから「赤兎馬」なのか?

 

 

関平は果敢に突撃、与えるダメージはいつも他の武将よりも多いです。

スキルの発動回数も他の武将よりも多いですね。

 

 

見事倒すと、ドロップアイテムをゲットできます。

何度かボス戦をすると「任務」達成で他にも報酬を貰えます。

袁術を出してきているユーザーもいますね。

でも★2つ。私の袁術の方が強そうです。

 

他のイベントにも「千里単騎」という一騎打ちでどこまで進めるのかというのもあります。

一騎打ちになると相手のスキルをキャンセルできる関平の強さは光りますね。

今段階としては150里まで進むのが限界です

(袁術を出陣させるともう少し進めると思いますが。

出陣させるのをいつも忘れています)。

 

 

まだイージーモードなんですが、相手もなかなか強いです。

報酬にスキルカードをゲットできるのは助かります。

 

 

1日経過すると武将のHPは回復しているのですが、

かなり戻された位置から70里くらいから始まります。

千里は遠い!


DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)攻略 最終回

 

ということで3回に渡って「DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)」のゲーム中継をしてきました。

やり込めばやり込むほど面白い。貧弱な武将も育てると強く使える武将になることがわかりました。

皆さんにこちらのゲームの魅力は伝わったでしょうか。

三国志要素もしっかりあるので、三国志好きも楽しめますし、

お気に入りキャラを育てるのも面白いですよ。

 

水晶が14,000個くらい余ってしまいました。もったいない。

ガチャ用の宝玉も500個以上あったので、最後に2回ほど10連ガチャに挑戦しています。

 

 

★4つのレアカードとしては「顔良」「小喬」「文醜」の三人でしたね。

顔良や文醜は今での主力メンバーと違って「騎馬」です。

きっとまた違った戦い方ができるのでしょう。

 

 

今月はもう一つ別の三国志ゲームにもチャレンジしてみます。

かなり特殊な三国志ゲームのようですが、

私としてはかなり好きなジャンルとの融合ゲームなので楽しみです。

 

それでは次回をお楽しみに。

 

【DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)のダウンロードはこちら】

DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)プロモーションムービー


 

関連記事

  1. 問題を解決する楊脩
  2. 夏侯惇と呂布
  3. 郭嘉

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP